別館.net.amigo

人生案内メモ、文字起こし、感想。

【プロ野球戦力外通告2021・感想付き】牧田和久 川原弘之 高野圭佑...の妻たち

牧田和久

2013年WBC

妻:戦力外ってやっぱりいつか来ること。引退はいつか来ることなので。覚悟はある程度決めてましたし、日ごろ考えていましたね~。うーん...ちょっと、いざ言われると「来たんだ」っていう、不安な気持ちはありますね。まだやってほしい気持ちはありますね。子供とかに野球の姿を見せたいのが一番強いですかね。私も見たいです。結構苦労が多いんじゃないですかね。自分の思うような結果が出せなくて悩んだり悔しい気持ちになったり。メンタル的にも落ちた時もあったと思うんですけども、最後まで、どんな過酷な環境でも諦めずにやりきる、やり抜く姿に本当に尊敬しますね。アメリカの2Aの方が移動激しかったよね

英語わからないし、通訳は別のバスだし「MAKI○×△※」なんのことかわからないし

妻:NPBだけにこだわっているのか、他に野球できるところでやるのか。どっちがいいとかはある?

現状ではNPBで野球をやりたいというのが強い。思いが強すぎる。他では考えてない(トライアウトは)受けないと決めてました。自信もあるので

東京でデザイナーをしながらサポートしていた※立木シュウさん。検索すると「元モデルで会社経営」と出る

※タイムリーすぎて笑ったの思い出した。当時多くの方が同じことつぶやいてたw

このオチなあに。これはひどいw

川原弘之

オフに挙式

2015年肘の手術で長期離脱。今シーズンの防御率は5点台

妻:話していくうちにすごく両親や兄弟とか家族思いだなという面があったので。こういう家族思いの人と一緒にいたら幸せになれそうだなって/本人が一番考えることも多かったと思うんですけど。不安というよりは、本人が気持ち的に大丈夫かなって(コロナ禍で今オフに挙式延期したが)中止しなくてもいいのかなって一番に思いましたね。結婚式ってずっと笑顔で楽しめる場所なので、喜んでもらえるかなって/出来ることならどこかで野球ができたらいいなと思います。トライアウト受けんでも後悔ないん?体がまだまだ元気やけん、ちょっともったいないかなって、もし独立リーグでも続けられるならサポートするし。私も働くよ。来年したいといっても1回離れちゃうと厳しい

正直結婚式どころじゃないっていうのが本音。妻にもそうですけど、ちょっと申し訳ない気持ち。トライアウトを受けてもどこからもオファーがないんじゃないか。それだったら早く決断して次の道へ進もうかと。家族を来年不安にさすわけにはいかない

今宮:苦労人でもありますし残念だなと思います。まだまだ川原もやれるというところを、僕も見て思ってました。

森:リハビリとかで一緒にやってたんですけど元気そうで。まだまだ全然やれる

4人兄弟。父とのやり取りはちょっと「お母さんありがとう(現・運命の1日)」に似てる構成。20歳過ぎたら基本的には...

第2の人生は球団職員「引退っていうほどかっこいいもんじゃない。支えがないと無理やったね」

高野圭佑

ロッテ~阪神(2020戦力外)~台湾。収入ゼロ?

妻:本当に綱渡りみたいな生活なんですけど、一生懸命頑張ってたらいつか報われる時が来るんじゃないかな。いくつか面接を受けたりしたんですけど(働けるのは)子供が幼稚園に行ってる間だけなんで時間も限られてますし。受かりづらかったですね//正直お金の面では大変だったじゃん。やっぱり気が抜けないというか。お金の心配もあったし常に何かに追われてる。

貯金を切り崩して生活。月の生活費は約25万円。

どこ見てんのよ(古)気持ちがそれるのは当然。人生は煩悩だらけ「妻にクラファンしてもよい」つぶやきにわろた。正直でよろしい。

NPBに絶対戻りたい→NPB選手会から電話あってベースボールアカデミー講師か、北海道独立リーグの指導者兼プレイヤーのどちらかのオファー→「ちょっと時間が必要かな」結果浪人(イマココ)え~...
追記:デイリーによると「オファーを断ったわけではなく、野球を続けるかどうかを含めて家族と相談中」

関連記事・感想

ほんこれ。毎年思う。最初っからジャイ子やムス子は選ばないにしても、きれいで理解ある方ばかり。茶碗投げてののしり合わなさそう。※高野さんちは金カネ言ってた。子供が小さいうちは仕方ない。「野球やってるアナタと結婚したの」でも別にいいじゃん。他人だし所詮。

「元プロ野球選手の妻たち」見てるような。あとCM多すぎ。1時間で終わる。

これまでは30日、または大晦日放送で、レコ大後に現実地獄を見る編成だった。離れて暮らすうちの坊は社会人野球の末端。高野の奥さん可愛いなどと言ってる場合ではないバカアホマヌケ。まだ野球やるんかい...BIGBOSSは49歳でトライアウト受けたことを思い出そう。どんな人生にせよいつまでやるのか、本人も家族も常に考えておきたい。とはいえ決めるのは本人。外野がとやかく言う事ではない←おまいう(古)