別館.net.amigo

人生案内メモ、文字起こし、感想。

スイッチインタビュー達人達 小林信彦×細野晴臣 大滝詠一との出会い 日本の喜劇人

日本の喜劇人

大滝詠一との出会い

細野:20代のころに「日本の喜劇人」読んで、ずっと気になっていて。日本ではコメディの記録とかアーカイブがなかなかないんですよね。そうすると小林さんのような、記憶の中にあるデータが非常に大事なんです。きっかけを知りたいんですけど

小林:永六輔と知り合いになったんで、なんとなくあの人にくっついていって、NHK行って「夢であいましょう」に。まあ永六輔が(人を)見つけるのが早いから。私のところに電話して「夢であいましょう」4週出てくださいって。続けて出たんです。日本でギャグていうのは、あまり書いた人いないから

細野:大滝詠一君とは、どうやって知り合ったんですか?
小林:本屋がありますよね、新宿の。あそこの2階に喫茶店があった頃があったんですよ。大滝さんの歌が流れてた。ご存じかどうか、相倉(久人、音楽評論家)さんて。あの方が「これ誰の歌だかわかるか?今はやってんだよ。大滝さんがあなたのファンだから」日本の喜劇人の本を大瀧さんに送ったら、すぐハガキが来た。「あなた(小林さん)にあいたい」って

細野:僕が20代で読んだ本を、大滝詠一も読んでいた

小林:僕も大滝さんも二人とも喜劇が好きで「まずは、谷啓に会うといい。植木さんは偉い人だから、谷啓さんの方が楽だ」と。
細野:ミュージシャンぽい人ですよね
小林:谷啓さんは「ミュージシャンが来る」ってんで、ギンギンに張り切っちゃって(笑)ちょっと言いにくいんだけど、人のオナラで音を並べて、

細野:音楽がありますね、そういうの
小林:それが谷啓さんのところにあった。谷啓は「これを聞かせます」と言ってね。大滝はそれはうれしくないだろう