別館.net.amigo

料理、人生案内、野球、TVメモ。

きょうの料理 土井善晴 ゆで豚を使っておからのリエット 豚バラ肉の煮付け

後藤さんが春夏秋冬4回に渡って、と言ってるので年4回のご出演になったのかな。美食探訪だってあるしね。

ゆで豚とおからのゆで汁

豚バラ肉(塊)500g 湯2.4リットル おから120g

ゆで豚はおからを入れるのがコツ。しっとり仕上がる。コトコト1時間半から2時間ぐらい。(ゴトゴトではない)温泉に浸かってるみたい穏やかに。上手に茹でてはると感謝するぐらい。30分ぐらいすると量が減ってる。時間とともに火を弱めて。茹でたては茹でた人しか食べられへん、豚のふるえたん見たら舌もふるえる。いかにもおいしそうでしょ。ずっと眺めてられる。粗熱が取れるまでさましてから一晩冷蔵庫に入れる。おからはふきんでこしてぎゅっと絞る。ゆで豚を食べるときは塩だけつけて。塩は旨みを引き出す。

おからのリエット

ゆでおから全部 ゆで汁カップ1 切ったゆで豚30g

おからは捨てるところが何にもない。豚肉のラードがいっぱい入ってる。あっさりしたリエット。好きな野菜入れて。炒めたごぼうとか。鍋に材料入れて煮詰めたら出来上がり。黒胡椒をふって。

※家政婦志麻さんのプレミアムな作りおきにも豚肉のリエットが。玉ねぎ、にんにく、白ワイン、コンソメキューブ、塩コショウ、タイム、ローリエを入れて1時間~1時間半ぐらい。クラッカーやフランスパンと。

豚バラ肉の煮付け

ゆで豚150gは薄切り。木綿豆腐1/2丁、大根2切れは2センチ厚さの輪切りにし、柔らかくゆでる。
フライパンに並べ、酒(泡盛でも老酒でも可←※飲んだほうがいいや)、水各カップ1/2、砂糖・しょうゆ各大さじ2を入れて煮詰める。グリンピースを散らす。

土井善晴の素材のレシピ

土井善晴の素材のレシピ

志麻さんのプレミアムな作りおき

志麻さんのプレミアムな作りおき