別館.net.amigo

料理、人生案内、野球、TVメモ。

ファミリヒストリー ロバート秋山竜次 父幸重 梅宮辰夫

秋山家

現・門司区司町
曽祖父利作は米問屋。ユリと結婚。祖父松次(幸重の父)は高倉健に似ている。職人を雇い秋山組を立ち上げ、門司食糧倉庫のひさしなどを造るが、荒くれ者たちに怪我を負わせてしまい、若い衆から狙われ親戚の家に身を寄せる。昭和14年満州へ(←映画みたいだ)昭和19年ソ連兵がやって来る」と帰国。再び秋山組を立ち上げるものの、太平洋戦争。

昭和25年、三男幸重誕生

人間持ち時間は一緒。その持ち時間をいかに活かすかがオヤジ(松次)の教え。高校中退後、19歳で上京。歌舞伎町のバーに住み込みで働く。客のすすめで東映の研修所に入ったものの芽が出ず、俳優城春樹に直談判し、大部屋に。自分の芸名は城春樹だと息子竜次に説明していた。梅宮辰夫の映画に一瞬だけ登場。まもなく肺気胸になり1年間入院。「(手術の跡があるから)裸にはなれないなあ」何日も泣いた。結局役者を諦める。

幸重 (息子が梅宮辰夫をネタにするとは)とんでもないことをしてくれた、と
梅宮辰夫 「後輩は先輩を利用するもんだよ、遠慮なくやってくれ」と。俺は本当の日焼けだぞ、遊びに来い、と。僕は芸能界から身を引いたつもりなんですよ。でもあいつのおかげで残影は残ってる

梅辰さんやっぱり弱ってるのかな。この人も医者の家系だったよね。


http://members2ami-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-1a03.htmlmembers2ami-go.cocolog-nifty.com

ロバート結成まもない頃、北九州放送局のニュースに登場する幸重。その頃の映像が流れる。

山本(横尾)家

竜次の母方

母・登代子。祖父登一は養子(戸籍を取り寄せたところ、元の姓は山本と判明。高祖父は山本次郎吉)曽祖父儀一郎は台湾で運送業。儀一郎は40歳で急死。妻カイは女手一つで4人の子を育てるも、登一を、天草・湯島へ横尾家に養子に出す。
やがて登一は新井薬師に下宿し、陸軍気象部~陸軍入隊。足に銃弾を受け負傷。終戦後、湯島へ戻るも、養父が昭和18年天然痘で亡くなったことを知り、福岡へ。ウタコと知り合い結婚。やがて登代子が生まれる。

秋山竜次

平成9年上京。ダクト掃除をしていたが、たまたま手にした雑誌にNSCの記事を見つけ、おさななじみの馬場ちゃんを誘う。翌年養成所で知り合った山本とロバート結成。

上天草市のPRとか、湯島ロケとか、縁があることを知らずにやってたんだ。カイさんの小学校でやってて、学籍簿が見つかる偶然。

学資保険、大学に行くんだったらあげないから、って...おもろいとうちゃんやん

むちゃぶりかみしばい

むちゃぶりかみしばい

おとうさん...