別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【感想つき】あさイチ 発達障害のグレーゾーン 西尾まり 児童精神科医 吉川徹

グレーゾーンとは

発達障害の可能性があると言われた人。

断言ではないけど「もしかしたら」※西尾まりの子供もそうなのか(かも知れないので区の方で診断を→結局分からずじまい)
西尾 私の場合は療育に行ってたんですけど、そこの先生にどういう傾向があるか見てもらって「彼はこういうことが苦手だ。でもこれはできるね」を持って保育園に行って「こういうふうに言われたので、こういうところをちょっと見守りしてもらっていいですか?」とか「みんなで遊ぶ時にちょっと声掛けをいいですか」とか、連携でやってた。保育園から「今日はこれができましたよ」っていうのを施設に持ち帰って「できたみたいです」....大人のフォローを相談するのにはいい機関。
h-navi.jp
mamanoko.jp

取り掛かりが何もかも遅い

保険所の検査では「傾向がある」支援教室を希望するも断られる(来ている子は症状が重いので)とはいえ、普通っぽいのに普通じゃないショック。

小3の長男は結論を先延ばしに

大人数で遊ぶ時に一人だけほかのことをやったり、席を立って場を乱したり。幼稚園の連絡帳でも集団に馴染めず喧嘩が絶えないことを指摘されたため、専門のカウンセラーに相談したところ、グレーゾーンと言われる。具体的な対応策が無く、市の教育相談も「様子を見ましょう、また来てください」繰り返し※いつまで見りゃいいんだよっ 「病院に連れていったほうがいい」とは一切言わず、進展がない。様子をいつまで見るんかい!検査に行くんだよっ!「かわいそう」じゃないよ!

宿題ができない

お遊戯を嫌がる。小学校は通級だがだんだんついていけなくなる。宿題で一番嫌だったのは計算と漢字(※1番と聞いてるのに2つあるやん。それはともかく)。パニック状態になって....小3で学校に行けなくなる。
※これ本人が隣にいるのに「帰ってくるときは気持ちが重くなって」って横で言うなよマミ上。そりゃ親子ともども苦痛だけどね。「周りに追いつかせなくては」というのはわかる。仕事柄通常のクラスでそういう子の支援してるけど、追いつくわけないしなんで通常にいるのかわかんなくなることがある。

吉川徹さん

グレーゾーンの増加について

子供の近くにいる保健師さん、専門家の方たちの中で発達障害に関して知ってる方が増えてきたので、親御さんに伝えられることも多い。親御さんご自身も発達障害に関して少し知ってる方が増えてきてるので、ご自身で気づかれる方もどんどん増えてきてると思う。

大吉 昔からあったんですか?
吉川 そうですね。概念みたいなものは随分昔から知られてるんですけど、そういった子供たちがたくさんいるということ。今回話題になってるグレーゾーンに近い子達もたくさんいるんだという事。この10年20年ぐらいの間にだんだん知識が広まってきた。
中山 昔だったら認定というか、括りは言われなかったわけじゃないですか。でもいずれ治ってくる....変わってくるものなんですか
吉川 発達障害の特徴そのものは、彼らの持って生まれた物の見方とか感じ方、辿りやすい考え方は、本質的には変わらないと考えていただいたほうがいい。彼らの考え方に合わせて育てていただければ、だんだんと困りごとが減っていく。挑戦できることが増えてきたり、人生の中で乗り切っていける場面が増えてくる。早めに発達障害だってことに気がついて、特徴に合わせた子育てをしていこうという人が増えてきている。早いほうが、子育ては無難になる。発達障害の特徴に気づかずに子育てをすると、子供が今出来てることよりも、3歳4歳という(年齢相応に)合わない。怒られたり責められたりの経験が増えて、こじれてくるのを防ぐために早く気づいたほうがいい。必ずしもはっきりさせる必要はないけど、足りないな、もっと一緒に考えてくれる人が欲しい、手伝ってくれる人が欲しいとかあるいはものが足りないとか、知識が欲しいとかという時には医療機関を受診して、診断を受ける。子育てに必要な資源を確保することが必要。一番いいのは保健師さん。1歳半検診とか3歳児検診で関わってくれるし、発達障害の知識もあるので。

グレーゾーンの大事なポイント。

どんな見方をしたらいいのかを一緒に伝えていただく。いま子供が何が出来てるのかに注目して欲しい。一歩先とか半歩先を挑戦していくことを意識していただくと育てやすくなる。関わり方が見極めやすくなる。 

うん。どうしても自分と同年代の人は「昔のクラスにもいたのに」的なことを言い始める

言うまでもなく行政の対応が悪い。診断がないと支援教室はダメとか言ってる場合じゃない。人手不足、予算がないって、いったい何年前から同じことを繰り返してるんだ。結局「困り事との付き合い方」として4月30日放送に持ち越しかよ。