別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

あさイチ 坂口恭平「まとまらない人」生き方 双極性障害 

坂口恭平さんとは

まとまらない人

自分とはこういうものだという自覚からも逃避して、つねに知らないことにトライしたい。

俺が普段考えてるままに書いている。だから、どっちかっていうと、自分の確認のままに書いていたのに近いんですけどね。
大学の時、双極性障害に。卒業後は執筆活動。病気のためにコントロールできない感情との闘い。躁状態は万能感にあふれるが、突然深刻なうつに陥ったり。
「その時は真っ当な理由があるらしいけど、自分の体質だからね。変えられないのよ」

まとまらない人 坂口恭平が語る坂口恭平

まとまらない人 坂口恭平が語る坂口恭平

  • 作者:坂口 恭平
  • 発売日: 2019/11/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

生き方

好奇心の赴くままに

ギター作り
触ったり扱ったりしているうち、全部自分で作ってみようと少しずつ思うようになった。躁鬱を治すためでもある。うんちくが増えると楽になるの、体が。没頭を求めてはいない。作ったら残る。すごいことだよね。それが好きなんじゃないかな

自分で自分を否定しない、評価しない

「うつの時は砂漠が思い浮かぶ」と言ったら、カフェ(兼、書店)の方に「書いてみて」と言われた。
自分の一番最悪な気持ちで書いてるからって言ったんだけど「読んでて面白い」って。面白いんだって。それから広がって。
脳と手が直結してるような文章、映像になる一歩手前。ネガティブな意見が一番作家らしいと。

疲れを見逃さない

執筆が終わると必ず横になり、1時間でも体を休める。

電話相談

執筆活動と並行して、見ず知らずの人の悩みに電話で相談に乗っている。9年前から電話番号を公開
ときどき死にたくなるあなたへ…坂口恭平の新政府総理談話(1)(坂口 恭平) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

相手の興味あることを見つけ、好奇心を後押し。喜ばしたいだけ。助けたい感覚はない。

「最近は何読んでるの」
古い海外の本を読んでます
「え?なになに?もっと古いの?カフカとか読んでるの?もっと古いの?」
ゾラって人の本。
「なんてやつなの?」
「水車小屋攻撃」っていうタイトルなんですけど
「ヤベェ知らない全然。そこの世界、あなた意外と明確に見えているから。それは現実から発達障害だのなんだの言われるかもしれんけど、そっちの街じゃそんなこと言われないからたぶん。ある程度そっちの現実も現実だからちゃんと受け入れてあげて、そっちの中でも息して。俺は知りたい、単純に。もはや俺が知りたい」

相談者の想像世界を元に短編小説を書く事を勧める

一度見聞きしたら忘れられないタイトル。あまぞんでは一時的に売り切れ。短編集。

水車小屋攻撃 他七篇 (岩波文庫)

水車小屋攻撃 他七篇 (岩波文庫)

母親「うつの時は、家の天井の上に台風の目があるイメージ。暗雲立ち込めている。こうしてみよう、こうやってみようの繰り返しでここまできて、結構地道な作業続けてきている」

※こちらも

cook

cook

加藤諒はいつ山口県に来たのかなと思いつつぼんやり見てたら、9時のニュースのあといきなり坂口さんが。