別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

世界の哲学者に人生相談 #2 孤独 レヴィナス 石井竜也の涙

友人ができない

24歳男性

上京してきた新入社員です。なかなか周囲に馴染めず友人もできません。週末は家にこもってネット三昧。このまま一生孤独かと思うと不安になります。どうしたらいいのでしょうか。

高田 孤独が若い人たちに浸透してるのかしてないのか
石井 逆に俺たちの世代、爺様とか中年とかね。ほんとに若い奴らは孤独なのかなと思うわけ
池田 ネットって逃げ場だと思うんですよ。友達が出来るし、いなくてもチャットとかでやり取りができたりもするので。逃げちゃってるのかなと思う。ネットで。
磯野 いまさ、みちょぱさ「ネットで友達できる」って言ったのびっくり。そんなの友達できないでしょ
池田 結構友達になってくパターンが多いです
高田 俺友達誰もいないけど、ネットもチャットもしないよ(笑)

レヴィナス

孤独の原因

小川 孤独のスペシャリストなんです。若い頃、孤独を感じざるを得ないような壮絶な体験をしてるんです。

フランスの大学で哲学に興味を持つ。結婚後第二次世界大戦に遭い、家族や友人は収容所へ。そのほとんどが処刑される。親しい人々を失い、これまでにない孤独に襲われる。単に一人ぼっちになったというだけでなく、心の中の世界にあると考えた。お互いになんでも分かり合える世界にいたのに、見知らぬ人だらけに。そこは、自分が悲しみに暮れているにも関わらず、何事もなかったように平然と続く世界だった。人格も感情も世界もなく、ただ立っている人々。顔すらもなく、存在だけ。
イリヤ(ilya)=~がある /自分とは関係なく、ただ存在するだけの世界

レヴィナス入門 (ちくま新書)

レヴィナス入門 (ちくま新書)

石井竜也

こんなところで言うのもなんですけど、ある程度多額の借金を抱えて、どうしようもなくなった時期があるんですよ。お風呂入ってもキッチンにいても、もう刃物しか見えないんですよ。その時に描いた絵があるんですよ。全部顔を描いてないんですよ。20枚ぐらい。顔が描けないんですよ。描きたくない。人格じゃないですか、人の顔って。それがあって欲しくないんですよ。自分もほっといてほしいし。描こうとしてるのに描けない。バーっと白で塗りつぶしちゃう。その状況で千人二千人の前で歌ってご覧なさい。恐怖ですよ。それで帰ってきて、何考えます?死にたくなりますよ。そういう状況の時って、人間が見えなくなる。

孤独から抜け出るためには、他者の顔を見つめることから始めよ

顔は他者への入り口。他者の顔を見ようと意識すると、のっぺらぼうのような顔から顔が生まれ、ひとりの人間に戻ってくるように感じる。

他者と死者―ラカンによるレヴィナス (文春文庫)

他者と死者―ラカンによるレヴィナス (文春文庫)

実験では、引っ込み思案の貴理子さんという設定。高田商事の社員の中から一人選んで顔を見つめ、凝視するのではなく直視する。※昔の「元気が出る商事」(天才たけしの初期の頃)みたいだな。
小川 社会的属性(社会の役割)が消え、その人自身が浮かび上がってくるんですよ。

見つめて欲しいのは「私」がわかる仲間や知人ではなく、外の世界に生きる人びと。他者と認識し理解することで、孤独から抜け出すことができる。
石井 状況によって孤独になるんじゃないような気がするんですよ。自分から孤独になってくような気がする。孤独を選んだ人は、孤独にしかならない。
オヤジはほぼ、何にも言わない人なんですよ。寡黙な人で。そのオヤジが電話してきたんですよ。1年電話しなくても全然してこないオヤジが自分から。「お前が今何を考えてるかわからないけど、お金には心がないんだよ。でもお前が今まで作ってきたものは、全て心があるだろう。見てくれてた人たちも、みんな心があるだろう。そんなものを作れたってことは、お前は幸せなんだよ」それを寡黙なオヤジが言った時に涙止まらなくて。それまで三千人というカーペットが広がってる、それを聞いてから、ひとりひとりに人生があって、一人ひとりが電車乗ってここまで来てくれた....ちょっ、ちょっと涙...そう思えるようになった瞬間に、絵も全て描けた。

関連記事

前回
ami-go45.hatenablog.com
カールスモーキー石井
ami-go45.hatenablog.com
ami-go45.hatenablog.com

おのれの最善のもので害をなす/ニーチェ
自分とケンカしないようにするべきである/アラン ※自分とは宿命、決めたこと。受け入れるしかないということですね。そうじゃないと自分が苦しむだけです
ami-go45.hatenablog.com
ami-go45.hatenablog.com


孤独なのに楽しく生きちゃったら悩みじゃなくなるよね/高田純次

適当教典 (河出文庫)

適当教典 (河出文庫)

高田純次のせいで内容が全く頭に入ってこない時がある。あと哲学者が全員ロバート秋山みたいにお面かぶってるし。イリヤになるとのっぺらぼうなんだけど「俺たちが顔描くんですか?」って何ww 哲学と道徳が紙一重というか。いや、倫理社会の授業って高校生の頃あったけど、履修しときゃよかった。
〜倫理の話〜

広告を非表示にする