別館.net.amigo

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

100分de名著 三木清 人生論ノート #4  死を見つめて生きる 岸見一郎

死、希望について

執筆直前に妻を亡くし「死」から書き始めた三木。
日中戦争で、読者にも死が身近になった時代
最後に取り上げたのは「希望」だった

人生は運命であるように
人生は希望である
生きていることは、希望を持っていることである

死について

死について考えることが無意味であるなどと
私は言おうとしているのではない
死は観念である。

伊集院:何となく論調が違う気がしますが
岸見:誰も生きている間には、自分の死を経験することはできない。
   経験した時には(当の本人である)人はいない
   氏は観念として考えるほかない。生の直下に死はある。
伊集院:想像でしかないのだから、死ぬ前にあれこれ考えてもしょうがないと
    僕は思っているのですが、それも違うと(笑)
    死について考えることが、いや、途中までわかるよわかるよで割と来たんですが
    考えることを放棄してはいけないんですね。

なぜ死の恐怖が薄らいだのか

親しい友人や妻を亡くした三木にとって、どうすれば彼らに会えるか考えたはず。
明らかに生きている限り再会はできない。
ならば死ぬしか方法はない。
宗教的な問題よりは、確率の問題と考えたのでは。
死ねばひょっとしたら会えたのではないか。

伊集院:冷静なのか、そう思いたいのか、どっちなんですかね?
岸見:両方なんじゃないですかね...人間はロジックでは生きれないので
   哲学者としては彼は論理的に考え抜いたのですけども
   哲学者であるよりも彼は人間だったわけですね。
   哲学というよりも要請として、このような考えに行き着いたのだと。
伊集院:哲学として書き残したい。少し揺れてる感じがしますね。


執着するものがあるから死ねる

岸見:僕も死にかけた経験があるからわかりますが
   人間は、そんなに立派に死ななくていいんだ。
   静かに穏やかに死ななくてもいいというのは、我々に大きな勇気を与えると思いますね
伊集院:「死んで悔いなし」とはちょっと違う気がしますね
岸見:妻を亡くし、一人娘の成長を見届けなければ
   死ねないという気持ちを持っていたはずなんです。
   思いを残した人がいるということは、死後自分が還って行くべきところを持っている。
   折に触れ自分のことを思い出してくれれば。

伊集院:自分が愛した奥さんを、これだけ忘れていないというのが根拠ですね
    俺がこの娘を愛し続ければ、この娘も必然的にそうなる
    ぞっとするほど美しい話。感情的なことと、自分が哲学で見つけたことが
    完全に一致している文章。

私に真に愛するものがあるなら
そのことが私の永生を約束する。

三木の逮捕

逃亡した共産党員の友人をかくまった罪で逮捕される。 
戦争が終わっても釈放されず、死ななくてもいい命を落としたと言われている。
戦争に行った数少ない哲学者。

死も過去も絶対的なもの。

ami-go45.hatenablog.com
ami-go45.hatenablog.com
ami-go45.hatenablog.com

追記「50歳で死にたい」で入ってこられた方
ちなみにこの記事がヒットする。
ami-go45.hatenablog.com
来年50歳になるけどまだ死にたかない。
どなた様もご安全にお過ごしください
つらくてもしぬな また逢う日まで ごきげんよう
大槻ケンヂも歌ってる ※元祖高木ブー伝説

広告を非表示にする