別館.net.amigo

人生案内メモ、文字起こし、感想。

ダチョウ倶楽部、山田勝己の植物に学ぶ生存戦略6 山田孝之、 三上悠亜に「たまりません」

ダチョウ倶楽部とピーナッツ

パクった生存戦略

千葉県民にとっては、東京ディズニーランドと並ぶ生命線。

ダチョウ倶楽部さんは、ピーナッツの生存戦略をパクることで芸能界を生き残ってきた。結成は1985年。実に37年もの間、多くの人を爆笑させ続けているレジェンド芸人です。

一方、ピーナッツが日本にやってきたのは18世紀初め頃。実に三世紀ものあいだ、多くの人びとを満腹にさせ続けているレジェンドおつまみです。

ポジティブ・チェンジ

ピーナッツは水に浮くのです。たとえ洪水にあったとしても、流されることで生息域を広げてきた。ネガティブなことをポジティブチェンジしてきたのです。

寺門・肥後 NHKで、熱々熱湯ぶろやってなかったの!!やっちゃいけなかったの!!

上島 どうぞって、おれはやんないよ!

山田 じゃあ、山田が入ります

上島 あちあち!!52℃!!高いぞこれちょっと!

人間にとっては苦痛でしかないネガティブなことを、芸術的なリアクションによって面白いというポジティブなエンターティメントにチェンジする。それが、ダチョウ倶楽部がピーナッツに学んだ生存戦略なのです。

お湯の温度を確認する際、わざとしぶきを上げ、周囲を巻き込むことで熱さをアピールすることで現場に一体感を生み出している。溺れるふりで緊迫感を高める。緊張のピークに達した視聴者を緩和へと導くため、面白かしくお湯を吹き出し、最後は崇高な笑いでしめる。

保険となるのが寺門さん。寺門さんは、上島さんがどうかなってしまった時の予備だったんです。ピーナッツシステムを裏でコントロールしているのがリーダーの肥後さんです(※本人笑うの耐えとる)

こうして、ダチョウ倶楽部はピーナッツの生存戦略をパクり、今日も日本中を笑わせているのです。

※2022・5・11追記 上島さんの速報。唐突すぎてなんとも。遠山金四郎美容室好きだったなあ。西田敏行さんの弟役。テアトルエコーで役者志望だったのか...。めざまし8、上島さんが「密室芸が時代に合わなくなった」自虐的に言ってたとのこと。あさイチもラヴィットも通常通りなの、すごい。皆同じに取り上げなくてもよいと思うけど。8時半時点で情報が錯綜しているのか、ラジオでは死因には触れない。もうリポーターは自宅に行くのやめれ。

人生他力本願 (14歳の世渡り術)

山田勝己マムシグサ

鉄工所の社長をやっています。

孝之:隣のスタジオに山田さんが大好きなものを山田が用意したので、そちらに行ってみてください。

勝己:あい、おおきに。

孝之:林田さん、今から勝己さんを、キノコバエだと思ってください...

※ピー音の入れ方がわざとらしくて深夜に爆笑。声上げて笑ったの「正解は一年後」も。


アイドルとスミレ

崇拝される人物に学ぶ

※フリップのイラスト、武田久美子で吹いたwグラビアは柏原芳恵、演技とお笑いは南野陽子の鉄仮面。林田アナ、玉木宏を「大好きでした」、山田孝之大島優子さんのファンでした」過去形で。

ちなみに、SKE48からセクシー女優になった三上悠亜さんは、たまりません。しかし林田さん、あなたは三上さんより魅力的です