別館.net.amigo

人生案内メモ、文字起こし、感想。

【マツコの知らない世界】冷奴アレンジ そば屋さんのカレー、まさる漬 小林まさみ&まさる

小林まさるさんとは

1933年生まれ

番組史上最年長。黒柳徹子と同い年。樺太生まれ。20歳で炭鉱会社に就職。38歳で旅行会社に転職。

嫁のまさみは元平野レミのアシスタント。結婚当時は全く料理ができなかった。嫁舅コンビがヒルナンデスや3分クッキングではなくマツコの知らない世界に出る。

マツコの父は90歳(2022年8月現在)

冷奴にも第2の人生を

組み合わせ

まさみ:ザーサイ+じゃこ+ネギ

マツコ:みょうが+大葉+ゴマダレ+ごはん
※とうふはクセがないからねぇ。よほどおかしなもの以外は何でも合う。よくやるのは、絹ごし豆腐の上に天かす+ねぎ+かつお節+ポン酢をご飯に乗せて崩しながら食べる。

みょうがとハムの塩奴

まさる:みょうが、ハム、ごま油、塩の4つだけ。

まさみ:みょうがは縦半分に。水に5分さらす。ロースハムを細く切る。ボウルに入れ、ごま油、塩であえる。豆腐の代わりに茹でキャベツでも。豆腐は絹です。そうめんの上にのせても

アンチョビバター奴

スライスアーモンドを乾煎り。フライパンにバターを溶かし、アンチョビを炒める。絹ごし豆腐にアンチョビソース、アーモンド、イタリアンパセリをのせ、仕上げに黒コショウを振る。アンチョビの塩気とバターのコクが冷奴に合う。

調味料

生ニラ+しょうゆごま油+オイスターソース

ケチャップ+しょうゆ+ミニトマト+にんにく+オリーブオイルで崩れるまで炒める。しょうゆで一体感。

わさび醬油(からし醬油でも)+おかか

長ネギみじん切り、山椒にアツアツの胡麻油をかける。

赤しそふりかけ多めに、オリーブオイルを絹ごしとうふにかける

三つ葉(茎)、海苔の佃煮を絹ごしに。※ここまで木綿豆腐なし。※目玉焼きに佃煮って発想なかった

おかず冷奴

豚挽肉としめじのバタポン酢、サンラータン奴...

卵とじ奴

しいたけ、たまねぎ、だし汁、しょうゆ、みりん、砂糖を煮て、卵を回し入れて半熟に火を通す。

ちくわバター醬油

バターで焼き目がつくまでちくわを炒める。味付けはしょうゆとみりんだけ。海苔と一緒に

高菜そぼろ奴

ごま油で豚ひき肉を炒める。味付けは高菜、しょうゆ、酒、赤唐辛子。寄せ豆腐にかけて

豚キムチ

豚バラ肉をマヨネーズで炒めてすりごま、ニラ、キムチ、しょうゆ。

そば屋さんのカレー奴

だいこん、にんじん、しょうゆ、酒、水を煮立たせて豚ひき肉を投入。長ねぎ、カレールー、鰹節。様子を見て水溶き片栗粉を回しかける※うどんでもいいよね

3分で作れるおつまみ冷奴

まさる漬

フライパンで青唐辛子をこんがり炒め、しょうゆとナンプラーで味付け。ホタテの缶詰を入れたら保存容器で1週間~10日。細かく刻んで絹ごし豆腐にかける。卵かけご飯や目玉焼きにも。

※実録まさる恋話後で見よう。分量は基本適当。きっちり確認するならインスタで

関連