別館.net.amigo

人生案内メモ、文字起こし、感想。

ファミリーヒストリー 安田顕 祖父の旧姓は薩摩

薩摩家

祖父・定吉

高祖父・長吉は現在の秋田県八峰町で暮らしていた。同じ集落には同姓10軒以上。一説には「今の嶋津家、薩摩家をもってこれとなし、徳川以前に遠く九州より来りて開拓...これらの先祖は兄弟にして、一は嶋津を、一つは薩摩を名のりたる」

定吉は姉夫婦を頼って室蘭へ。日本製鉄輪西製鉄所に就職。サキと結婚し、婿養子に。安田姓となる。安田源七は三種町に田を所有(八峰町の近く)

第二次大戦中。室蘭の地球岬南東約28キロ沖から製鉄所、製鋼所に16インチ砲弾が撃ち込まれ、職を失う。一家(狭い家に子供5人・夫婦・母方の祖父祖母の大家族)八峰町に戻るが生活が困窮。弘史は塙川小学校に通うも、衣類が用意できず欠席が多かった。再び室蘭へ。定吉は下請け工場で働く。昭和29年大量解雇。海産物を入れる木箱づくりのバイトに出る。

父・弘史は昭和17年生まれ。家計を助けるため高校進学をあきらめ、日本製鋼所の下請けに入社。同僚に誘われ、音楽サークルに入る。

佐藤家

母方のルーツは長岡市

曾祖父・傅吉は夕張に渡る。木挽き。柾(まさ=北海道で一般的に使われていた屋根葺き材)
祖父・寅吉は柾職人。昭和22年、妻モモとの間に和江(顕の母)誕生。佐藤食料品店。
昭和30年代、トタン屋根の普及で柾の需要激減。石炭から石油に取って代わり、生活が苦しくなる。客のツケを回収できなくなる。寅吉とモモは離婚、和江は15歳でモモに引き取られ、高校進学をあきらめ働く※当時「母子家庭で育った子は盗みを働くのでダメ」と本屋さんでの就職がかなわなかったらしい。

雑貨屋さんで働き、音楽サークルで弘史と知り合い結婚。

顕の兄・史生は音楽プロデューサー。ONE PIECEエンディングテーマの作曲も手がけた。
Ruppina : Faith - Official Music Video (One Piece Ending 10) - YouTube

※クロ現が19時30分からになったんで短くなったな。全部大泉のせい。次は北村一輝