別館.net.amigo

人生案内メモ、文字起こし、感想。

記憶の中の羽仁未央。

記憶の中の羽仁未央

父である羽仁進がまだご存名とは。

一番好きな監督作品


映画「午前中の時間割り」OP主題歌 「草子の散文詩」

リアルタイムではなく、大人になって日本映画専門チャンネルで見た。

曾祖母は羽仁もと子

記憶の中の羽仁未央はいつもひねくれていた。小学生の頃、母が購読していた雑誌を盗み読みしたら当時12歳だった彼女の「スタアへのラブレター」なる文章が載っていた。どの映画俳優に対して書いたものか忘れてしまったが
「あなたに、トチ狂っておりまする」ってフレーズがなんだかこましゃくれてて、子供心にも引っかかった。

おそらくはクラスに馴染めない少女だったのだろう。
自分が雑誌を読んだ76年~77年、教室の話題はピンクレディースーパーカー東村山音頭。嫌いじゃなかったかもしれないがどこか「あんた達ってガキね」的視線を持っていそうなタイプ。(あくまでも想像ね)
うちの親は彼女のこと「ませガキ」って嫌ってたし彼女の文体を真似して作文を書いたら親と同世代の教師に「馴れ馴れしいから書き直せ」と叱られた。
大人には嫌われる子供だった。

羨ましかったのは12歳で文章を書き、お金をもらっている事実。もっと驚いたのはそのプロフィール。
「小4から学校へ行っていない」
行って当たり前なのに、行かなくていい選択肢があるなんて。小4の自分には不思議で不思議でたまらなかった。彼女が「行きたくない」と言ったのか。親が「行かなくて良い」と決めたのか。どちらが先なんだろう。親子の思惑が合致するなんて、そうそうあることじゃない。時間割に縛られず、自分の好きなことがやれている。

Mio (Mio Hani) 2/8 [ITA]

雑誌記事を読んで以来なんか惹かれてしまった。「未央のびっくり箱」を図書館で探して読んだ。大人になってもう一度読もうと思って調べたらとんでもない値段になってた。みな保存状態が良いのだろう。

死亡記事は、5行程度の短いもの。ウィキペディアには「ホームスクーラーの先駆け的存在」50歳で肝不全。飲みすぎたのかな。父より先に死ぬとは。自由って孤独。

追記

2014.12.17 徹子の部屋追悼特集でちょこっと出てた。10代の頃かな。

いや、私性格がすごく男の子っぽい上に映画撮ってますと男の子が多いでしょ?どんどんひどくなって、こういうところだとちゃんと「わたし」って言えますけどね。友達とだと「俺さ~!」って言っちゃったりするからせめて髪ぐらい長くないともうこれはどうしようもなくなってしまう・・

父親に似て早口。緊張してたのかも。

追記・関連

2021.9

「天然素材NHK」1979年の「ルポルタージュにっぽん~翔んでる100歳 物集高量」インタビュアーが羽仁未央だからアクセス増えたのか。9.25再放送があったので録画しつつ見てる。物集さんはその後106歳まで生きたとか。羽仁未央は「天衣無縫」と紹介された。

2016.8.18

徹子の部屋松原智恵子左時枝
だからか「左幸子」「羽仁未央」「羽仁進」で入ってくる人が多かった。内容自体は昔話ばっかり。

2017.6.26

BSプレミアムで95年の再放送してたけど、まあよくしゃべるしゃべる。会社の万歳三唱が嫌で新聞社辞めたんだっけ??時間があったら書き起こしてみたい

※書きました
【1995年放送】BSプレミアム アグネス・チャン、羽仁未央の香港ドリームをもとめて - 別館.net.amigo

再追記 2020.5.9

羽仁未央さんが肝不全で亡くなって6年。本日Eテレで「羽仁進・記録映画の革命児91歳」放送。昭和3年生まれ、お元気でなにより。