別館.net.amigo

人生案内メモ、文字起こし、感想。

【ネコメンタリー猫も杓子も】絵本作家 あんびるやすことエル王子の不思議な魔法

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

あんびるやすこさんといえば

アニメーションの背景美術などに携わってきた。

なんとなく子どもの頃に、自分の欲しいものが世の中になかった気持ちがすごく強かった。

わたしが大人になったら、子どもの頃に自分が欲しかったものを作りたいと思っていました。

子ども達が興味を持ってくれるものを切り口にしたいから、グミにしたんだけど難しい...ターゲットにしている子供たちが理解できる分量は、結構身についた。本も子どもたちへのプレゼントと思ってるから、開けたときにガッカリさせないのはすごく大事。

ルルとララシリーズ。小学校の図書室には必ずある。イラストも自ら手掛ける

魔法の庭も

エル王子の不思議な魔法

エルがわが家に来たのは、前の猫ミーが亡くなってから1年と2か月が過ぎた頃だった。

わたしたち夫婦は、猫のいない生活に1年でギブアップして、そのころ日本では珍しかった、ラグドールという猫を譲ってもらった。

ラグドールとは、英語で「ぬいぐるみ」のこと。

ふわふわで柔らかく、さわってもいやがらない。まさにぬいぐるみだ。

わが家の一員になったエルは、おっとりを通り越して、ちょっとぼんやりしたところがある猫だ。

前の猫と比べるのはどうかと思うけど、ミーは賢くて美食家だった。

網戸を開けてしまうから、鍵をつけなければならなかったし...