別館.net.amigo

人生案内メモ、文字起こし、感想。

ネコメンタリー猫も杓子も 池田あきことダヤン、あんちゃん・りんちゃん「満月の夜の猫集会」

ダヤン 初代の猫 ここから9匹飼った。母が革の教室を始めたんですね。店を出したときにシンボルのキャラクターを出したのがダヤン。私が作りたい世界はある程度あった。そこにこの猫を送り込めばいい。そこでいっぱい小話が生まれて、それを拾って。ダヤン…

ネコメンタリー猫も杓子も こざき亜衣とズンズク、こまんじ「特別な猫」

特別な猫 こまんじ 2年前に死んでしまった。18歳ぐらいで亡くなってしまった。引っ越す直前に具合悪くなってたんで。看病はしやすいようにいろいろ動線とかも考えてたんですけど間に合わなかった。友達が拾った。4匹ぐらいいたんですけど、私を見るなりおし…

ネコメンタリー 猫も杓子も 長岡弘樹とふくとまり「猫のお土産」

創作 頭の中は死屍累々(ししるいるい) 読者に驚いてもらうことができたら、作品は成功。車運転してるときは、朗読のテープみたいなのかけてるんですよ。聴いてると印象的なフレーズとか出てきて。それをICレコーダーに吹き込んで、仕事場でそれ聴いて「こ…

【猫も杓子も】神林長平とビタニャ「それでも猫になりたい」

ビタニャ 出会い、きっかけ 2005年の8月に子猫の状態で来たんです。その年に生まれたんだろうと。太ってた。たぶん脂肪をためてたんでしょうね。ものすごく太ってました。そのわりにうろちょろしてた。箱を作って。そこに出入りするようにしてた。ある日交通…

【猫も、杓子も】漫画家・西炯子(にしけいこ)大ちゃん「昨日、今日、明日 そしてネコと」

4匹の猫 保護猫なっちゃん(10歳)のんちゃん(10歳)フクちゃん♂(5歳)近所の公園で鳴いていた。 大ちゃん(3歳) 小笠原の野良猫が、天然記念物の動物を食べてしまうことがあるんで、猫を捕獲して、東京都のこっちへ持ってきて、協力してくれる動物病院の…

【猫も、杓子も】東山彰良とカグラ「この世でたった一匹の猫のような物語」

この世でたった一匹の猫のような物語 抜粋 私が日本へ行くことを承知したのは、猫のおかげだった。その頃両親は広島に留学していて、私と妹は台湾の祖父母の家に預けられていた。私は5歳だった。(中略)ご近所さんもそんな軍族ばかりだったので、私は小さ…

アメトーーク 猫メロメロ芸人 久保田のワイフTシャツ

亜生:拾ったりもするんで。大阪散歩してて、拾って自分で育てて、人に譲渡する。無料で。おでこに懐中電灯つけて探したことがある。後輩のからしれんこんに見つかって。夜中の2時頃大声で「宝もんでも探しとんですか!」※助六はじめ5匹飼ってる/ 「東北ニ…

ボクらの時代 さかなクン 岩合光昭 立川志の輔 タコの飼い方、ねことじいちゃん

ねことじいちゃん 映画の話 さかなクン:どれぐらいの撮影期間で岩合:40日間。映画のロケとしては長かったんですけど。最初に猫のシーンだけを1週間撮らせてもらって。 志の輔:やっぱり台本に書いてあるじゃないですか「猫が屋根から登り、メス猫を見つけ…

ZIP 明日海りお ネコグッズ1位を当てろ ねこじゃすり ネコにやさしい食器

じゃれ猫LEDニャンだろ~!?光線 進化系ねこじゃらし 明日海さんも愛用。いぬのおまわりさんを歌いつつ♪LEDライトを照射すれば猫さんは勝手に走り回ってくれる。キャティーマン 猫用おもちゃ じゃれ猫 LEDにゃんだろー光線 1個 (x 1)キャティーマン (CattyMan…

ネコメンタリー 猫も、杓子も。深緑野分(ふかみどり・のわき)しおりとこぐち「猫と群れる」

高校の作文提出で書いた小説 ぼくの父さんは... 高校のとき、作文提出の宿題で、代わりに小説書いて出してた。自分の考えてることを小説にして、登場人物に話させるほうが私には向いてて。 少年犯罪をテーマに書いた。舞台が近未来、どんな人とも結婚したり…

ネコメンタリー 猫も、杓子も 朝井まかて マイケル24歳「行間で眠る」

はじめに コピーライター時代に、園芸がいかにすごいかってことに出会って。だからそのまんま時代物に入っていった。やっぱり、江戸時代の中期以降の園芸、草花を作る方ですね。育種っていうんですね、間違いなく世界一のレベル。いままた再現できへん色とか…

【ネコメンタリー】まいにち、養老先生。ときどき、まる「冬を仰ぐ」

まる まるは2020年12月、永い眠りにつきました。最期の毎日へ、ようこそ。 なんか塊が落っこってる感じ。寒さに強いんだ。猫のくせにね。 人間は状況依存だからね。立派なことを考えてるつもりでも、場所を変えたら変わる。まるを見てるとわかる。 人生のお…

ネコメンタリー 猫も、杓子も。ヤマザキマリとべレン(通称マミ)小さくて大きなわたしの相棒

コロナ禍で思わぬ長期滞在となった東京。イタリアから連れてきたベレン(11歳)はベンガル猫。通称マミ。とっても臆病。 ベレンは絶好調ですね。太ってふさふさしちゃって毛並みもいいし。人生で一番幸せな時を過ごしてるんじゃないですか。寂しがり屋の猫だ…

趣味どきっ 本の道しるべ 坂本美雨 長新太「キャベツくんとブタヤマさん」

坂本美雨 人間はなぜ歌うのか ジョゼフ・ジョルダーニア著/森田稔訳 人類の進化における、歌うことの起源の考察。 難しくて、私あんまり読み進めてないんですけど(笑)全然歌の教育を受けてこなかったから、こういうところで歴史に触れるのは大人になってか…

ネコメンタリー 猫も、杓子も。井上荒野と松太郎「名前」

一番の早起きは松太郎。20歳。外に対する耐性がないんですよ。内弁慶。 名前 「鳥のヒナみたいな声がしない?」私はそう言っただけだった、確かめてきて、とさえ頼まなかった。 でも入浴して出てくると、夫がそれを連れてきていた。それはヒナではなかった。…

マツコの知らない世界 スマートスピーカー +style キュリオロック/招き猫 板東寛司

スマートスピーカー 太田百合子 9台を使いまわす。子供の頃からガッチャマンのシーンに憧れていた。95年ITスピーカーにハマる。2017年、動かない生活がたたり胆石に。 普及しない理由:トリガーワード、呼びかけが恥ずかしい。日本の普及率は6% 恥ずかしさ…

ネコメンタリー 猫も杓子も 尾崎将也とグー、ばなな、ダリ、ロビン、鏑(かぶら)さくら。

猫は創造性を刺激するか 朗読阿部寛 どこでこうなってしまったのだろう。もともと動物に対する興味は1ミリもなかった。それがいつの間にか、うちがネコ屋敷のようになってしまっている。 最初は1匹だった。もう1匹ぐらい、いいだろうと油断していたら2匹にな…

ネコメンタリー 猫も、杓子も。竹内薫 We are シュレ猫

シュレ猫 シュレディンガーの猫 思考実験をしたんですね。実際の実験ではなく頭で考えた実験なんだけど。結構猫は物理学の世界では有名なんですよ 世界は、認識の仕方で変わる。一匹の猫が生きていても死んでいても、不思議ではない。シュレディンガー以来、…

ネコメンタリー 猫も、杓子も。 真梨幸子とマリモとモナミ  わたくしは、ファーストレディー

マリモ ブリティッシュショートヘア。仲間はずれになっていた。 他者との付き合いが苦手だと思うんですよ。自分自身を見てしまって衝動的に飼おうとなっちゃったんだと思うんですね わたくしは、ファーストレデイー(抜粋) わたくしの名前はマリモ。みっち…

【人生案内】野良猫見るとつらい 増田明美さんの回答「金子みすゞの詩を読んだような」

道端の野良猫を見ると辛い(抜粋) 置き去りにされた白い犬が飼い主を捜すように車を一台一台見ている姿を見ました。とてもつらくなり、旅行をやめて帰りました。帰宅する途中で、子猫が道端で鳴いていました。あまりにつらくて、飼う決心をして夜中に夫と迎…

ろんぶ~ん 猫ブームの起源 遠藤薫 能力 高木佐保

遠藤教授は招き猫をコレクションしている。 近代における都市-農村・日本- 世界の文化的交差 <近代>を準備した江戸の猫ブーム ※学習院大学 法学会雑誌53巻1号 2017.9 猫ブームの期限 平安時代の猫は首紐で繋がれている。 遠藤 唐猫(からねこ)といって、…

ネコメンタリー 猫も、杓子も。 柚月裕子とメルとピノ 振り返れば猫がいる

きっかけ地元のタウン誌で原稿を書いたのがデビューのきっかけ。子育てがひと段落した40歳で作家に。 「校閲というか、言い回しがおかしいところとか、誤字脱字を見つけてくださいというところからスタートして、それがそのまま原稿になったんですね。印刷に…

【感想有り】ネコメンタリー 猫も、杓子も。保坂和志とシロちゃん

15年間触ったことがないカレンダーにはシロちゃんに餌をあげた時間を細かく記入。かつて18年8ヶ月、ハナちゃんを飼っていた。それまでにもたくさんの猫と暮らした。15年もやってたら触らせたりできるはずでしょ。いくら時間が経っても距離が縮まらない。わ…

【日記】猫と本 Miaw に行ってきた。/近況

猫と本 Miawに行ってきた。 山口県内には数少ない猫カフェ この日は北九州からのお客さんもいた。1時間なんてあっという間。猫関連の書籍が4000冊。絵本も漫画も、もちろん岩合光昭さんの本も。「ねこのきもち」表紙に登場した猫も。※検索のこととはいえ、…

ごごナマ 岩合光昭 猫を愛しネコに愛される男

思い出に残る猫 ニューヨーク ホワイトスライス(♀) シビれる程のいい女 7時間待ちぼうけ事件 2017年、ピザ屋さんが閉店したのだそう ホワイトスライスがどこへ行ったのか、誰も知らない。心配。 ピザ屋さんの看板をとなりの焼肉店が受け継いでくれたらいい…

ネコメンタリー 猫も、杓子も 村山由佳ともみじ いつか、同じ場所

もみじ17歳、戦友。幼い頃から、傍らにはいつも猫がいた。今も猫と暮らす。 青磁、楓、銀次 もみじは17歳。特別な猫。 高齢なのでほかの猫とは別の場所で、1日中寝て過ごす。 もみじの日課は仕事場に出勤すること。人間の心の中のどろどろしたものを、 言っ…

ネコメンタリー 猫も、杓子も 吉田修一「拝啓 金ちゃん銀ちゃん」

黄金色のベンガル、金太郎とスコティッシュフォールドの銀太郎。通称金ちゃん銀ちゃん。見た目も性格も正反対 好奇心で旺盛活動的な金ちゃん。おっとりした性格の銀ちゃん。 銀ちゃんはバスタブの中でおしっこするのがマイブーム。 イタズラぐらいしかやるこ…

ごごナマ 平野レミ 無点火まぐろ丼 ネコが生き返った話 テレビへの不満 大石静

無点火まぐろ丼 材料(2人分) まぐろ赤身(刺身用/切り落とし)150g 赤身は合わせたれにさっとつける (豆板醤小さじ1 砂糖大さじ1/2 ごま油小さじ3/4 酢大さじ2 醤油大さじ3) ごはん 300g 焼海苔(手でもむ)1枚 かつお節 1パック(2.5g) アボカド…

【感想】Eテレ 猫も、杓子も 角田光代とトト 任務十八年

任務十八年(抜粋) さて、任務が終わったので帰ることとなった。 借りていた衣を脱いで、もといた場所に帰る。 この衣をすっかり脱いでしまったら、私達は、人間界とは無関係になる。 本来わたしは、時間という概念からは無関係だから、今より先のことを考…

団塊スタイル いつまでも”未来の自分”で~横尾忠則 80歳~猫、三島由紀夫の話など

猫は特別な存在 作品のつもりで猫を描いてるわけじゃないんですよ 2年前に15年飼ってたタマっていう猫が死んだんですよね やっぱりその猫をいつも思い出したい 猫に対する鎮魂歌、レクイエム、オマージュでもある。 死んだ猫に会いたいと思った時にその日は…