別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

ミュージックポートレイト 松本隆×斉藤由貴 

松本隆

I WILL YOU LOVE ME TOMORROW/The Sheirelines

父は大蔵省官僚。青山は空き地多かったし、みんなが思うほどおしゃれなところじゃなかった。キャロルキングの作る歌は今も全然古くない。「明日も愛してくれるの?」僕はジャン・コクトー読んでました。

斉藤:なんか恵まれてる感じがする。いじめてやろうかって(笑)

THE END/The Dooes

高校で細野晴臣と出会う。バンドのベースが試験勉強でいなくなったので、うまいと言われた細野さんに電話した。本気で音楽をやろうと慶応中退。

このバンドがドアーズばっかり演奏するわけですよ。新宿のパニックっていうディスコティックで。
エイプリルフールは日本語ロックにこだわったが結成後半年で解散。

12月の雨の日/はっぴいえんど

大瀧詠一さんに呼ばれて、こういう感じの風景見てて、書き上がったら雨が止んでた。こういう詞でいいんだろうなと。はっぴいえんどで作った第1曲目。処女作。

当時日本語ロックを批判する人もいた。口では簡単に言えるけど実際やってみなきゃわからない。僕の中では、絶対できるという確信があった。

はっぴいえんど

はっぴいえんど

ポケットいっぱいの秘密/アグネス・チャン

みんな面食らって、友達離れていって。内面でもこんなことしてていいのかって。葛藤はあるけど証明するしかない。サブカルチャーから入ったの最強な気がする。有名になる前にたくさんの引き出しがあって、自分の研鑽ができる。
Agnes Chan 陳美齡 アグネス・チャン ポケットいっぱいの秘密 - YouTube
石川ひとみ ポケットいっぱいの秘密 - YouTube

ルビーの指環寺尾聰

昔から憧れてた人に「詞、書いてくれ」って。これも一つの巡り合わせ。「曇りガラスの向こうは風の街」大切な「風街」という言葉をこっそり贈った。

斉藤:ザ・ベストテンルビーの指環椅子がありましたもんね。どっか気持ちのいい都会感が松本さんの詞にはありますもんね。

(ヒットを連発して)
松本:ブラックでしたね。シャッターの前で寝てるわけよ。寝る時間がとにかくないわけ。毎日繰り返してると足りないものが増えていく。もうやめたい辞めたい、登った坂はいつか下るじゃない?それを1日伸ばしにしているような...

シューベルト/歌曲集「冬の旅」から「つじ音楽師」

1990年ぐらいで1回クローズしたんだね。能見たりオペラ見たり。不遇の日々に救われた曲。この曲に日本語の歌詞をつけた

硝子の少年/Kinki Kids

ジャニーさんから「この子達はいい子だから必ず売りなさい」と。松本隆の賞味期限は切れたと思ってたのになかなかOKが出なくて、居間に行ったら、たまたまキンキキッズが歌ってて「あ、硝子の少年だ」と。そこから一気に書けた。物語が滝のように出てきて。200万近く売れた。ルビーの指環より売れた

※あ、臨月の頃聴いてた。この曲流れるとお腹蹴ってた。もう20年経った。

夏なんです/はっぴいえんど

大瀧詠一は盟友であり、仲間。僕の詞の繊細なところまで切り取ってくれる。人生は有限。

天の岩屋戸/藤舎貴生

斉藤:振り幅広いですね

鳥の歌/クミコ

人生の最期に聴きたい曲。
クミコ 『鳥の歌』 - YouTube
和と洋を結び付けていくのがこれからの仕事だとほんわか思ってる

斉藤由貴

くるみ割り人形」から「こんぺい糖の精の踊り」

斉藤:基本的にはイジメられっ子。
松本:美少女タイプじゃなくて?

迷宮的な世界が好きで。小学生の頃初めて買ったレコード。みんながピンクレディー踊ってる頃に、チャイコフスキー。内にこもった子供であったことは間違いなかった。

サウンドオブミュージック/Julie Andrews

高校進学後は遅刻欠席早退が多かった。バスに乗ると終点の横浜駅まで行ってしまう。母が「この子大丈夫か」と心配して。家も貧しかったので先を心配して東宝シンデレラオーディションに応募。オーディションで聖子ちゃんを歌う人が多い中歌った曲。家族で観た映画の曲でもあり、オーディションで歌った曲。

ダンデライオン松任谷由実

私がデビューした頃のアイドルは、スケジュール詰め込まれて頭が変になる感じ。一人でいることが辛かったはずなのに、いつも周りに誰かいて息がつけない。いつも孤独だった。当時カセットで聞いた時「傷ついた日々は運命が用意してくれたレッスン」ベタな歌詞なのに。

松本:真実は月並みなもの。なのに大事なこと。

卒業/斉藤由貴

ポスターを見ただけで直感で書いた曲。

松本:なんかこの曲聴くと泣きたくなるよね
斉藤:「卒業式で泣けないの、すごくわかります」って。
松本:そんな普遍性に行き着いちゃった。発注される前に街でポスター見て「かわいいな」きっと卒業式でも泣かないんだろうなと思って書いた。
斉藤:この曲がなかったら、歌手人生は違ったものになってた
松本:そういう三叉路はあるよね

マテリアル・ガール/マドンナ

1986年はね駒、紅白歌合戦初出場の年
自分が削られてる、削り取られてる自覚がすごいありました。自分が思ってもいないことをしゃべりだすかも知れない、そういう危機感は常にありました。

松本:マドンナは意外だな
斉藤:コンサートにも行ったし。マドンナとの存在が対極にあるような。真逆のものを求めるイメージ。余りにも忙しくてすごく辛い時期にマドンナを聴くと気持ちがすごいすっきりした。

黒柳さんを演じたと言えば最近は満島ひかり。最初に見たのは斉藤由貴トットチャンネル」

NOW & FOREVER/リチャード・マークス

デビュー10年目。出会って10日で結婚を決めた。夫が聞かせてくれた曲。アメリカではダラームービーを見に行ったり、何でもないことが楽だった。仕事をしてて当たり前と思ったけど、そうじゃないんだ。何でもない自分と付き合ってる時にすごくそういうことを感じました。割と物事を小難しく捉えてしまってた。
Richard Marx - Now & Forever - YouTube
ミュージカル「ローマの休日」(大地真央)作詞すべてを担当。(舞台を見て)平面が立体から立ち上がってくる感じですごく感動した。

真田丸 メインテーマ/服部隆之

斉藤:何年たっても「またあの人に出て欲しい」と
松本:才能ある証拠ですよ。俺もだけど(笑)
斉藤:自分がのめり込める仕事がやれるってどれだけ素敵なことだろう。この頃噛み締めてる

わたなべちひろ/IMAGINE

全盲の小学生シンガーと、ラジオで出会う。女優って、嘘とか虚構を生業にしてるじゃないですか。でも彼女は感動させようとして歌ってない、表現てこのことなんだなと。
「Imagine/John Lennon」_12yo girl sings - YouTube

月の光/ドピュッシー

ある日娘がこの曲をピアノで弾いてて「私この曲が一番好きなんだ」って。静かに死ねそう。
斉藤由貴 - 卒業 - YouTube
斉藤由貴「カルピスCM」 - YouTube

斉藤由貴 ベスト・ヒット BHST-188-SS

斉藤由貴 ベスト・ヒット BHST-188-SS