別館.net.amigo

人生案内メモ、文字起こし、感想。

【抜粋・感想】しくじり先生 紫吹淳 Mr.マリック ハンドパワーは大噓。

紫吹淳(46)

できないこと

料理(26年間未経験)
公共料金の支払い
ATMの操作、銀行振込
掃除
(掃除機を触ったことがないのですき間ノズルを知らない)
ひとりで外食(15歳からない)
Suicaのチャージ
電車の切符購入

宝塚に入ったとき
先輩が身の回りのことをすべてお世話してくれたので
自分は「ご飯食べてた」
周りがやってくれる。

やらないだけで、私はやればできるのよ。オホホホ。やってみると、私は意外とできないのよ。オホホホ

20歳からひとりぐらし

私設ファンクラブ代表 菅由美子さん(主婦)が現在までお世話。宝塚にはマネージャー制度がない。

菅さんは自宅まで来て起こしてくれたり、朝食を作ってくれたり。車で送迎。公共料金の支払い、買い物、お風呂にお湯を貯める。夕食作ってくれたり

11年前からマネージャーに。「ばあや」と呼んでいる。

奥さんがいないと何もできない旦那と同じ。全てばあや任せ。

人に頼りすぎることの危険性

40歳を超えて待ち受ける境地。人任せの向こう側。ばあやと空港で喧嘩した紫吹淳ところがひとりで羽田空港から帰れない事態に。
タクシー乗り場がわからない「ちょっと方向音痴なんですよ」ばあやが戻ってくるまでひたすら待った。

ばあやはいずれ死んでしまう現実。紫吹とばあやの2035年問題
日本女性の平均寿命は73.62歳。ばあやは2015年現在53歳。
ばあやのお手入れをしようと目覚めた。
人間ドック、旅行、運動会に連れて行く・・

※バラエティに出ることに対し、一部のファンから批判を受けたそうな。しかし、客観的に自分自身を見つめられるようになった。ばあやがバラエティの仕事を強引にやらせた。客観的に自分を見つめた結果、コンビニ(韓国)で買い物ができるように。
出した結論がいまさら無理なんですよ

Mr.マリック

ハンドパワーは大嘘

ハンドパワー超魔術数2000「きてますきてます」なにがきてるんだろう。マジックとトリックを重ねた「マリック」
ハンドパワーじゃなく、テレビのパワー手品とも言ってませんでした。超能力として見せればオイシイじゃないですか。

スターになるととんでもないことが待っていた。詐欺師と言われ家族バラバラに。両耳の奥の神経がバーンとやられた。完全にしくじった。

マリックブーム誕生の裏側

手品にハマったのは中2。(本名・松尾昭)教室で手品を披露したところ「女子がきてます」超常現象w
23歳の時、マジシャン世界大会優勝(クローズアップ部門)ところがこの頃ユリゲラー来日。
※すみません、自分も給食の時間にスプーン曲げました。父は念力が通じず時計を壊しました(事実)

ユリゲラー登場で超能力=ホンモノ、手品=インチキ、の流れに。
テーブルホッピングを14年かけて成功させたマリックにテレビマン「これって黙ってたら、手品じゃなくて超能力に見えるよね?」人気絶頂期にはテレビ局をヘリで移動していた。

妻はハンドパワーが嘘だと知っていた。嘘をカミングアウトしようとしたらテレビマンが「次の放送枠が取れてます」あと1回・・オイシイデスカラ・・(笑)
番組スタッフが「ランボーも第3弾まであるよね!マリックさん3弾行きましょうよ!」w「財テクやらない?」と同じ。変な人が集まってきたり(「人の胃の中に毒をテレポーテーションして欲しい」と頼まれたり)
顔面麻痺で入院してもオファーが来たり、挙句に娘さんはグレてマリックは西海岸へ逃亡。

今更インチキというのか

巨人軍ファン感謝デーで、川相や斎藤も騙された。89年か90年頃。今にして思えば「騙されたふり」をしてたのかな。

投稿特ホウ王国では栗間太澄(くりまたすみ)郵便局員。手力と言っていた。


Mr.マリック ダブルギロチンマジック - YouTube

誰もが持ってる超能力は「初心」です。

皆を喜ばそうと手品を始めたのに