別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

人生の最期に聴きたい曲  #自分の葬儀でかけて欲しいプレイリスト

人生の最期に聴きたい曲

2015年2月14日、シーナさんが亡くなった。まだどこかにいるんじゃないかと思ってしまう。「冗談っちゃけん」かなんか言いながらまた歌ってくれるようで。

最後は家族が手を握り、35年分の音楽を聴かせていた。そして抱きしめ顔をすり寄せながら僕は「『ROKKET RIDE』はシーナと俺の歌だ。最高の歌を歌ってくれてありがとう。2人の愛は永遠だぜ」と叫んでいた。(中略)亡くなった後、あるファンの人が教えてくれたことがある。1982年に、「死ぬときはどうしたいか」というインタビューに、
シーナは自分の希望をこう答えていた。「彼の腕の中で、抱かれながら死にたい」そのインタビューを僕は覚えていなかったが、まさに一寸の狂いもなく、シーナの希望通りの最期になったことは、奇跡のように思えた。

「35年分の音楽を聴きながら」旅立っていった。理想的な最期だ。そりゃ、たった61年で生涯を閉じたのだから短すぎるけど。

Eテレの「ミュージックポートレイト」ラストナンバーが「人生の最期に聴きたい曲」

松田聖子「あなたに逢いたくて」自分の人生の最後に。

藤井隆瑠璃色の地球ありがとう地球、と思いながら逝きたい。

ミュージックポートレイト 松田聖子X藤井隆 2012年 .net.amigo
六角精児「NittyGrittyDirt Band」 Mr.Bojangles

The Nitty Gritty Dirt Band - Mr. Bojangles - YouTube
壇蜜「愛のCoda」 キリンジ

愛のcoda - YouTube
ミュージックポートレイト 六角精児X壇蜜

宮沢りえ野田秀樹

野田秀樹 交響曲第2番第3楽章 ラフマニノフ

人生の最期に聴きたい曲。むしろ最後に聞けない、お葬式でかかる曲にしようと。葬式というシチュエイションを演出家が考えるなら、ドラマチックなもの。

宮沢りえ LOVE ジョンレノン

勝手に「息を引き取る前に聴く曲」とイメージして。愛する誰かがいて、眠るように死ぬのほど幸せなことはない。結局愛なんだな。愛って大事だな娘をどれだけ愛したかによって、彼女が自分に返してくれるかによって違うし。人を深く深く愛したままで死にたい。

ミュージックポートレイト 宮沢りえX野田秀樹 2014

自分の葬儀でかけて欲しいプレイリスト

THE YERROW MONKEY「バラ色の日々」

親戚が亡くなった時、出棺前に流れた曲。親戚には当時高校生の息子がいた。親子でよく聴いたのだそう。

バラ色の日々 / THE YELLOW MONKEY - YouTube

想い出の散歩道/矢野顕子

アグネス・チャンが歌っていた。参列者が着席したらかけてほしい。特に理由はない。

想い出の散歩道

元祖高木ブー伝説/筋肉少女帯

誰も何もできずに高木ブーのように別れを見ているしかできないなら、せめて笑って送り出してほしいのだ

元祖 高木ブー伝説 筋肉少女帯 (1989)

音楽葬を希望する遺族も増えている。だから自分の葬儀では定番のクラシックではなく、自分のウォークマンに入っている曲をいくつかピックアップしてかけてもらおうか、と思いプレイリスト見直して唖然とした。「仁義なき戦い」「大江戸捜査網のテーマ」「太陽にほえろ」「西部警察」が入ってる。暇なときに時々選曲し直そう。
死は突然やってくる。希望通りの最期になる確率は、極めて低い。不慮の事故、天災、突然死。自宅でその瞬間を迎えられないかもしれない。だからせめて。
2020.4.2 このツイートを読み、改めてリライトした次第。

2019年父が亡くなったとき、枕元で童謡「ふるさと」が流れていた。病院側の配慮だった。本人が望んでいたかどうかは、物言えぬ時が長かったのでわからない。言葉が話せるときに聞こうものなら当然怒鳴られただろう。