別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

ネコメンタリー 猫も、杓子も 村山由佳ともみじ いつか、同じ場所

もみじ17歳、戦友。

幼い頃から、傍らにはいつも猫がいた。今も猫と暮らす。
青磁、楓、銀次
もみじは17歳。特別な猫。
高齢なのでほかの猫とは別の場所で、1日中寝て過ごす。
もみじの日課は仕事場に出勤すること。

人間の心の中のどろどろしたものを、
言ってみればそれに名前をつけて小説に書くと
片付けられる。ほんとにこの仕事があってよかった。
デビューは23年前。そのうちの17年をこの子と一緒に。
原稿の仕上がりを横で待っててくれて。

いつか、同じ場所

うちな、覚えとる。生まれた時のこと。
めっちゃ狭い苦しいところ、通り抜けたら
急に明るうなって
誰かが涙声で、
「よしよし遠かったねえ」
今やったらわかるわ。あれがかあちゃんやった。

かあちゃんはうちの母ちゃん猫の手ぇ握って
おなかさすって、うちら4人姉妹が生まれてくるたびに
お産婆さんをしてたらしい。
母さん猫の、そのまた母さん猫の代からの付き合いやそうや。
まぁ言うたら、うちらの世話をするための人生、いうこっちゃな
光栄や思わなあかん。

それから17年。
かあちゃんとうちは、ずっと、ずーっと、一緒やった。
時々うちをほったらかして出かけてまうけど
寂しいの我慢して留守番しとったら
案の定帰ってきよる。
そらそやな。かあちゃんは、うちなしでは生きていかれへんもんな。

あのな、ここだけの話やけど
あの人、あほやねん。
仕事は、なんや知らん。
怪しいことしてはるみたいやけど、
男見る目はさらに怪しいねん。ちょっとどうか思うくらい。
これほんまの話。
うち、ぜーんぶみてきたんやで。
今までのかあちゃんの、あれやこれや。ぜーんぶ
いろんなんがおったけど、どうせあかんちゃう思て見てたら
きっちりあかんようになりよる。
それでいくと、いまのんはなんぼかましなんちゃう。
おさななじみやもん。よう知らんけど。

当然のこっちゃけど、一番にうちを、
二番目にかあちゃんを大事にしよるし
うちのごはんは自分のえさより先に用意しよるし
うんこの片付けもサボりよらん。
せやからうち、生まれて初めて呼んだることにしてん
「とうちゃーん」ちゅうてな
ええか、うちのとうちゃんやで。こら泣いて喜ばなあかんで。

たまにベッドに飛び乗ろうとして失敗する。
かあちゃんは見んようにしてくれるけど
悲しそうな顔で「勘弁して欲しいわ」
うちまだ大丈夫やし、ピッチピチのセブンティーンやし
けどなんやろ、めっちゃ眠いねん
とろとろとろとろねてしもうて
気ぃ付いたら一日終わってるねん
もしかして最期の日もこんなふうかなあ
とろとろとろとろ寝てしもて
気ぃ付いたら、全部が終わったあとやったり、すんのかなあ...

何も怖いことはないねんで
みんないつかは同じ所に行くねんし
行った先で、それこそ留守番するみたいにおったら
そのうちかあちゃんも父ちゃんも来よるやろ
そらそやな
ふたりとも、うちなしでは生きていかれへんもんな
なあかあちゃん、いっつもうちにきくやん
あんた、かあちゃんとこきて幸せやった?て
うちには幸せなんてようわからん
けどこれだけはわかるで
かあちゃんはこの世で一番うちのことが好き
うちはいちばん、かあちゃんのことが好き
なあ、それでええやろ?相思相愛や...


もみじ、口の中の腫瘍を切除。外科的な延命治療。
船が岸から離れるみたいに送り出してやればいいけど

星々の舟 Voyage Through Stars (文春文庫)

星々の舟 Voyage Through Stars (文春文庫)

広告を非表示にする