別館.net.amigo

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【メモ】世界仰天ニュース 悪魔祓いされた謎の病 抗NMDA受容体脳炎

柳恵子さん

映像制作を学ぶため、アメリカ留学。

それまで持病もなかったが、頭痛が頻繁に。
体調が回復しても覚えようとすることが頭に入らない
言葉が出てこない。39度の高熱。
目を剥いて苦しみ救急搬送。病室では呼びかけにも無反応。
体をのけぞらせ固まる。意識が戻っても何かを恐れ、再び意識を失い
何も話せなくなる。

脳波もCTも異常なし。
髄液検査の結果が出るまでは日にちが掛かる。

2日後に呼吸不全。

悪魔祓いされた謎の病とは

抗NMDA受容体脳炎

幻覚幻聴の後意識障害。死に至る場合も。
卵巣に良性の腫瘍や奇形腫が出来た場合
それを排除するため抗体が作られるが、何らかの理由で作られ過ぎ
連動して脳にも発生。正常な脳を攻撃してしまう。
この抗体は、脳の正常な神経回路を遮断し
間違った回路につないでしまうため、異常な言葉や動きが現れる。
ただし、脳の神経細胞はダメージを受けない
成人男性の発症例も。年間500~1500人。
軽度なら1週間ほどで自然に抗体が減少し、回復率75%。
病原のある卵巣腫瘍を摘出することで抗体が減り回復する。
社会復帰できるまで回復した例も。

柳さんは症状が重かった。

卵巣に原因のある人は全体の4割(残りは原因不明)
明らかな異常がなかったため、切除に踏み切れず
ステロイド剤投与と免疫抑制剤
全身痙攣。呼吸用のチューブも噛み切ってしまう。
喉に直接空気を送り込む気管切開へ。
舌を噛み切らないよう上下の歯をワイヤーとマウスピースで固定。
39度以上の高熱が続く。不随意運動。

口を尖らせる動きは、かつて日本では狐憑きと言われていた。

人工透析の方法で血しょう交換。

入院から8ヶ月、卵巣摘出。
痙攣の頻度は大幅に低下。高熱も下がり、表情が戻りはじめる。
術後3ヶ月で人工呼吸器を外せるように
日本の病院が見つかり、帰国。(埼玉精神神経センター)

学生保険は大事。
入院費のほとんどをカバーできる。

帰国し薬を減らすと不随意運動が増えた。
薄皮をはがすように回復していく。昨日よりも少しでも良くなれば改善。
health.goo.ne.jp
元ルームメイトが来たとき、手のひらに「ピ ザ」
※ルームメイトが引越す時にピザパーティーをしたことを思い出した

帰国後2年で一時帰宅の際「マ、マ」と言葉を発し
立つことが出来るまでに。
運動能力の回復。

術後6年、投薬は1種類のみ。
縄跳びや自転車にも乗れ、文字を書く力も回復したが
留学中や、仲良くなった友達の記憶がなかったので、取り残されたような気分になったと語る。


抗NMDA受容体抗体脳炎 - Wikipedia
www.cosmic-jpn.co.jp

広告を非表示にする