別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【訃報】「こどもの詩」選者 詩人・長田弘さんが5月3日に亡くなっていた。

知ったのは2015.5.10

昼下がりにサンソンを聞いていたらTLに流れてきた。
ワタシの第一報は47NEWS。
「こどもの詩」だからといって、肝心の読売ではなかった。
詩人の長田弘さん死去 - 47NEWS(よんななニュース)

読売新聞2015.5.8

読売の担当の方はいつ知ったのだろうか。
選んで掲載されるまで、どのぐらいかかるのだろう。
また、長田さんのコメントはいつ訊いたものなのか。

追記 2015.5.11 
記事によると
「体調が悪いので選者を辞任したい」とおっしゃられたのが3月末。
5月8日のインタビューは4月30日、15分間行われた。

f:id:ami-go40:20150510150530j:plain

「こどもの詩」長田さんのスタートは2004年12月。

その前選者をされていたのは川崎洋さん(2004年没)
岸田智史(現・岸田敏志)、1980年「重いつばさ」作詞は川崎さん。
重いつばさ/LIVE 岸田敏志 - YouTube
今はミュージカルな歌い方。昔の線の細い声が懐かしい。新八先生ですね。

長田さんといえば
小学生で読んだ「ねこに未来はない」

ねこに未来はない (角川文庫 緑 409-2)

ねこに未来はない (角川文庫 緑 409-2)

近所の小学生の作品が選ばれて驚いたこともある。
長田さんでないと選ばないだろう、或いは川崎さんだから選んだのかな、
いつも楽しみだった。
「人生案内」よりも心待ちにしていた。

近年、あまり突飛な表現をする作品は選ばれないのか
個人的には、詩なのか短文なのか区別のつかない作品が多いと思っていた。
授業で詩を書く機会が減った。
音読しても情景が浮かばない生徒も多い。

いいことを言ってやろうと格好をつけないで
思ったことをそのまま書けばいい。
(中略)
「自分なりの言葉で表現する詩が徐々に増えてきた」と喜ぶ。
ただ
「病気になって、みんなの詩をこれ以上読み続けることができなくなりました」
という。

胆管がんのため75歳で死去。5月いっぱいコーナーは休載。
6月から選者交代。
誰なんだろう。俵万智さんかなと予想してみる。多分違う。他に思いつかない。

長田弘全詩集

長田弘全詩集

なつかしい時間 (岩波新書)

なつかしい時間 (岩波新書)

ことばの力―しゃべる・聞く・伝える (岩波ジュニア新書)

ことばの力―しゃべる・聞く・伝える (岩波ジュニア新書)

教科書の詩をよみかえす (ちくま文庫)

教科書の詩をよみかえす (ちくま文庫)

広告を非表示にする