別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【Eテレ】【抜粋】SWITCH インタビュー 達人達 GLAY TAKURO×マキタスポーツ ヒット曲の作り方

「トイレ」をテーマにミスチルの桜井さんが歌ったら

歌わないでしょうね 本人は絶対
「piss~シーシーゲーム」

女子トイレしかない
僕が行きたいと思うときはいつも他の人が入ってるんだよ・・
したーい

歌詞の語尾はその人の印(ハンコ)である。

マキタ長渕剛さんの「~しちまった」勝手な被害者意識みたいな。裏町の片隅で、倒れる予定はなかったけど倒れてしまった「倒れちまったぁ」
TAKURO:予定ではなかったんですね
マキタ:でもうっかり倒れちまったと。俺が倒れちまったら東京のバカヤローだみたいなこととか、被害者意識がにじむんですけど
TAKURO:その人そのものであり本当。覚悟の上なんですね。今お話聞いてて、僕も似たようなことやってて最初詞からスタートしたんですよ。中学生の頃、抑えきれない衝動みたいなものをギター始めて間もないんだけど、やっぱり今書けないから曲は諦めて。THE MODSの「激しい雨が」に曲をつけようって。歌詞を抜いて書くうちに「あ、型ってあるな」って。佐野(元春)さんだったら8小節の中の文字量の多さってすごいでしょ。(山下)達郎さんは少ない。サザンの桑田さんは何言ってるかわからない。英語みたいに聞こえるけど日本語だったんだ。これだったら曲は書けないけど詞は書ける。いわゆる替え歌ばっかり。無限大の作曲家を抱えた売れっ子作詞家ですよね。いろんな人たちのメロディーが体に染み込んで、昇華されてようやく1曲目ができたんですけど。
    

The Mods-激しい雨が(80's Festival) - YouTube

作詞作曲モノマネ

マキタ:きっかけになったのは長渕剛さんのラジオ。中3の時に4つ上の兄の友達がカセットで録音した番組を聞かせてくれて。すげー面白いんだよ、と教えてくれたのが「ギター講座」   「ボブ・ディランならこんな弾き方、歌い方をしますよ」って。そっから入ってって。尾崎豊浜田省吾佐野元春、サザンがすごい好きで。友達の前で「浜田省吾がアニメソングを歌ったら」を披露したりして。

ヒット曲に共通するコード進行

「カノン」と岡本真夜「TOMORROW」、KAN「愛は勝つ」、GLAY「SOUL LOVE」
C~G~Am~Em~F~C~(Dm)~G

共通する言葉

圧倒的に多いのは ツバサ サクラ トビラ キセキ

すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考)

すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考)

マキタ:僕オリジナルとか作ってるけどほぼパクリですよ
TAKURO:告白しますけど僕も同じですよ。膨大なライブラリの中から「いつか使ってやる」「あのフレーズにリズム乗っけたらどうなるかな」一番最初に作る曲は「誰々風」それを100回推敲すると純度の高い魂だけが残って。それをうちのギターのHISASHIに投げてかっこよくして、おれの思うままのGLAYサウンドが出来てありがとうって。
マキタ:パクリを肯定したいんですけど、ドレミファソラシド、音の組み合わせが8の8乗、16777216通りできる。16分音符で4小節、8の64乗62阿僧祇7710恒河沙1700極通り←あそうぎとかなんなんだよ。我々がポップスとして慣れ親しんでいるメロディーはごく一部。パクリだなんだって言ったってしょうがない。アーティストはそんな思いで曲を作ってるわけじゃない
TAKURO:オリジナリティーはイコール覚悟ってこと。
マキタ:僕が最初にGLAYを認識したのは「BELOVED」ビジュアル系の人たちがフォーク歌ってると思った。いいメロディで覚えやすい
TAKURO:自分のルーツは長渕剛浜田省吾オフコース、チューリップ。最初は「青春の影」みたいなの作ろうと思ってた。

BLEEZE~G4・III~ (CD+DVD)

BLEEZE~G4・III~ (CD+DVD)

マキタのビジュアル系を見て辻仁成よりかっこいいと思ってしまった(嘘)まだ書き足りないところでやめとく。

広告を非表示にする