別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【人生案内】何もかもただ面倒くさい人間・男・50代 ×野村総一郎

 
人間・男・50代
ただただ毎日が面倒くさい。
口から出る言葉は、嫌だ、疲れる、面倒くさい。
それでも腹は減る。
食べるのは、パンとバナナ、時々、納豆、豆腐。
酷い腹痛で病院に運ばれた。痛いことは嫌だ。苦しいことはこりごりだ。
(中略)
人間も地球も、もう、こりごり。三千年眠りたい。
三千年後の世界を見てみたいと考えたこともあったが、今はただただ毎日をやり過ごし
ただ食って眠るだけ。
地球に、自分の体に、大隕石でも落ちて、全てが終わりになればよい

何を相談しているのかわからない。このはがきも投げやりの勢いで、ようやく出す。
ただただやり過ごす毎日。

のび太の40年後かもしれない。ドラえも~ん!!

野村総一郎先生の回答

何かのひどい体験で深く傷つけられたものと推察されますが、どう人生案内してよいものか。
考えてみると人間なぜ面倒くさがらずに生きているのか、不思議です。
ある哲学者によれば
生きる理由には「快楽」「倫理」「信仰」の3段階があるそうです。
楽しいことを求め、世のため人のために、神様の救いを信じて
3種の生きがいですね。
このどれか、自分のレベルに合った生きがいを開発すればよいように思えます。
ここに相談されたこと、私のややこしい文章を読んでいただけたことだけでも
あなたの生活のエネルギーが完全に枯渇しているようには思えないのですが。

野村先生のもとには、時折、ネタのような相談が寄せられる。
相談者の文体は好きだけど、(失礼!)深刻な悩みなのだろう。
小学生で「めんどくさい」を口癖にしてる子には、怠学傾向が見られ不登校になっちゃう場合がある。
オトナで、このような気持ちに陥るのは、うつ傾向があるのではなかろうか。

ぐるぐる思考よ、さようなら―気持ちがのびのびとする心のストレッチ

ぐるぐる思考よ、さようなら―気持ちがのびのびとする心のストレッチ

「心の悩み」の精神医学 (PHP新書)

「心の悩み」の精神医学 (PHP新書)

広告を非表示にする