別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

SWITCH インタビュー 達人達 エアレース 室屋義秀 × 脳科学者 中野信子 運のいい人の振る舞い

室屋義秀

繊細なテクニック

収録日は悪天候のため飛行できず。

乗ってる時の研ぎ澄まされる感覚。
ノルアドレナリン(集中や覚醒を促す神経伝達物質)が出てると思う。
緊張が高まっているので、その時の内観、認知の動きについて聞きたい。

普通の人なら3秒で失神

室屋:アクロバット専用機は軽自動車より軽い
中野:上杉謙信みたい
室屋:訓練の時から言われるのは「パイロットは3割頭」
   例えば初期の訓練。操縦しながら足し算とか全然できないです
 
中野:ということはおそらく、心拍が上がってる感じですか?
室屋:多い時には200近く上がってる
   160は超えている状態でキープしている。本気で走ってるぐらいの。
   フライト中は垂直上昇。手足は自動的に動かないと間に合わない。
   逆宙返りとかすると血がうっ血しちゃって。
   Gがかかって頬とかゆがんでしまう
中野:めまいがする感じと思いますけど
室屋:あんまりトレーニングしないでやると、それこそ三半規管
   めまい起こしちゃうと治んなくなっちゃうので。
   ほんのちょっとしたズレで勝ち負けが決まる。

エアレース本番は結構限界な感じ。10Gかかってしまうし
1回の飛行は15分ぐらいが肉体的に限界

レッドブル・エアレース・ パイロット室屋義秀 クロアチア戦で3位入賞! - YouTube

中野:機体の軽さといい、自分から翼が生えてる感じ?
室屋:くしゃみするだけで機体が震える
   動きがむにゅむにゅってなると、飛行機もむにょむにょってなる
   大会に行くと結構叫んでる。喉が枯れるのでゆるめたり。
中野:あぁ思い出した!音刺激はいいんですよ。
   自分の気持ちを高めるために声を出す。ノルアドレナリン

視覚に起こる現象

室屋:曲技飛行の演技をバチッとやるのは4分が限界
中野:その4分長く感じませんか?
室屋:きついですね
中野:普通の人が味わわない危険な状態を認知すると思うんですけど
   私達コマ落としで認知するんですよ途中を。
   例えばバンジージャンプも、途中を落として 
   スローモーションで見える。コマごとに認知されるらしいということがわかった。
   全部見てしまうと怖いから、レベルを落として精神の安定を保とうとする働きのよう
   慣れてくると全部認知できたりするのかな
室屋:世界選手権、チャンピオンシップとか行くと限界点まで行ったりするので
   そういう感じは確かにありますね。ちょっと遅れちゃうというか
   勝手にマイクロブラックアウトと言ってるんですが
   0.05秒とか0.01ぐらいの一瞬、その瞬間にぶつかったりする。

中野:へえ~じゃ世界レベルになったらほんとにしっかり認知してないと
   途中が抜けて
室屋:それが抜けてんだか、力が入んない状態だったり。
   アドレナリンが出すぎてて、多分感じない。
中野:過緊張(緊張状態が解けない)ぎみ
室屋:多分そこまではいかないと思うんですが。自分の中ではバランスを緩めると
   保ちきれないのでスイッチが欲しい。

空を飛ぶことに憧れるようになったのは少年の頃。
ガンダムの影響かな。大学卒業後はパイロットを目指す。
バブル崩壊後の氷河期時代。就職できなくてもしょうがないて雰囲気の中
クロバットを目の当たりに見て、操縦技術で世界一になろうと決めた。

中野:そこにインセンティブ(意欲向上の刺激)を見出すのは難しい
   出来るんだろうかという不安のほうが大きい
室屋:ストイックにならず、楽しみつつ続けるのは意外と得意なんです。
中野:一つの領域で高めることをやってる人は
   それが出来ない人のことを多分理解できない。
   飽きっぽくてやめちゃう人は、興味が他のところに行く。
   どっちがいいというわけでは、本当はない。
   ひとつのことを極めようと思ったら、すごく力になる才能。
   努力できない人は何ができないかというと、脳における報酬、
   努力の量を比べて、苦しさが際立っちゃうのでやめちゃう。
   脳で報酬を感じにくいので努力できない。

運のいい人の振る舞い方

2002年、飛行機購入。
大会で成績を出しても、費用も時間もかかるので
ボロボロになって帰ってくる。訓練してないから。
世界を目指すと大変だからもうやめようと。メシ食えないし。
そういう状態が3年続き、昔からの仲間と喧嘩に。
「逃げてるだけじゃない?」真剣な仲間がいて
支えてくれるスポンサーやいろんな人がいて
自分を引っ張り上げてくれた

中野:それも運のいい人の振る舞いかもしれませんね。
   自分にやってくる善し悪しは、実はみんな一緒。
   自分が運がいいと思ってる人、悪いと思ってる人とでは振る舞いが違う。
   悪いと思ってる人は外向性の尺度が低い
   外向性というのは、外に目が向き、情報を得ようとする、
   よりチャレンジしましょうという気持ちが強い。
   新しい人に出会えて、結果的に良い方向に人が持ってきてくれることが
   推測される。室屋さんの場合、橋渡ししてくれる人がいっぱいいる。
   

翼のある人生 SKY IS THE LIMIT

翼のある人生 SKY IS THE LIMIT


ami-go45.hatenablog.com
ami-go45.hatenablog.com

広告を非表示にする