別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【Eテレ】【メモ】ハートネットTV 更年期うつを乗り越えて 黛ジュン×生田悦子 40代で蟻走感、不眠。

病のきっかけ~蟻走感とは

黛:43、4歳かな。ゴルフのプレイ中に鎖骨折ったの。
  手術受けて入院して。どんどん何だか気分が落ち込んでいったの。
  時間が経過していくと今度はイライラして。
生田:わかる。つまんないことでイライラして。
黛:眠れなくなる、人と会いたくなくなる。
  その中でも一番辛かったのは、蟻走感(ぎそうかん)。
  体の中に虫がぞうぞうと這いずり回るような。
  それが度々襲ってきて辛かった。毎日辛い。

生田:私は手とか足とか上がらないの。
   そのうちめまいがして、つまんないことで腹が立って。
   NHKで7時のニュースのメロディが流れるでしょ。涙が出てきた。
黛:わかる。寂しくて寂しくて。夕方になると泣いてた。

体に異変

黛:汗が大量に出ました。
  ファンデーション塗ってて、取れてまたやり直す。
生田:首から下に汗かいても、顔にはかかなかったでしょ?
   ところがびしょびしょ。で、だんだんトイレが近くなる。
   前のマネージャーが理解できなくて。「またトイレですか」
   わからない人から見ると、わがままや怠けてると思われてる。
   今は若年性更年期って言うけど、当時は理解してもらえなかった。

黛さんは47歳で父を亡くし、離婚。
生田さんは51歳で母を病気で亡くす。

女はみんな華になれ―私の更年期障害

女はみんな華になれ―私の更年期障害

自分を責め始めると思うように声が出ず、
思うように歌が歌えなくなります。
歌詞に感情移入できず「なぜ私は恋の歌を歌っているの」と
歌の最中に興ざめすることもありました。
こんなに気持ちが塞ぐのは、自分が弱いせいだ、
頑張りが足りないと自分を責めていると、ますます症状を進めてしまいます。
「女はみんな華になれ」黛ジュン より

食器を洗わなくちゃと思っても体が動かない。
道の真ん中を通るのが怖くなり、端っこしか歩けなくなりました。
自分はどうなってしまったのか。何が何だかわからない。
そんなとき人に「頑張って」と言われても
「もう頑張れない、こんな私は死ぬしかない」と思いました。
生田悦子 雑誌「ゆうゆう」インタビューより

生田:セリフ覚えが悪くなった。
黛:同じです。歌詞を覚えるのも大変だった。
生田:台本見ても、たった2、3行のセリフが覚えられない。
   プロだからダメだこれ、と思って仕事休んでた。
黛:歌うことがすごく怖かった。ただ怖いの。
  精神的なことから声が出にくくなって。性格的にも完璧を求めるから
  すごく疲れるの。
  友だちにおねがいして楽屋に呼んで聴いてもらっても
  「全然OKだよ」「なんでもなかったよ」「普段と同じだよ」って。
  漢方薬屋さんに行っても「更年期障害ですよ」って。
  年寄りがかかるもんだと思ってたから受け入れられなかった。
  いろんなことしました。女性ホルモン補充療法とか。
  改善しなかった。なんでこんなに体調悪いんだろと思ってるうちに3年経った。
生田:医者が受け入れてくれなかった。
   すごい血圧上がって頭痛で夜9時ぐらいに行ったら
   女医さんが何しに来たの?って。
   あたしってこんな弱い人間だったかしらと。

転機。

黛:木の実ナナさんが更年期障害で、ものすごく苦しんで
  話も聞いてたから私の症状全部お話したら
  「ジュンちゃんダメ、ちゃんと病院にかからないと」
  心療内科紹介してもらって行ったら
  今まで否定してたことを全部受け入れてもらえた。
  精神安定剤抗うつ剤処方してもらって、しばらく経って楽になった。
  少しづつ薄皮を剥ぐように。
生田:昔一緒にいた事務所の男の子から連絡あって
   「僕が入ってるとこきませんか」って
   今のマネージャー紹介された。
   うつとか更年期とかすごく詳しくてカウンセラーの資格持ってて。
   クリニックに行ったら「辛かったね」って一言。
   「おトイレも汗も出ない方がおかしいでしょ?」って。
   精神安定剤か何かだと思うんだけど、軽いの処方された。
黛:めぐり合わせだと思うの。
生田:なんでもそう。気が合わなかったらバイバイ。

生田さんは愛犬レオの存在で、自殺を思いとどまったのだそう。

ところで。

生田悦子と聞いて思い出す歌。よせなべトリオですね。
久しぶりに見たら佐伯チズみたいになっててびっくりした。
 

黛ジュンは、自分の生まれた年にこの歌を。

天使の誘惑./黛ジュン(初期の) - YouTube

 

広告を非表示にする