別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

道徳の授業「ぼくは鼻毛じゃない」から ドラえもん「ぼくの生まれた日」まで。

小学校の「道徳」の授業、どんなんだった? - ぐるりみち。 小学校の「道徳」の授業、どんなんだった? - ぐるりみち。

小4のクラスに入ったら
教科書(文渓堂だったと記憶)に「ドラえもん ぼくの生まれた日」が載っていた。

ドラえもん みんなが選んだ心に残るお話30~「僕の生まれた日」編 [DVD]

ドラえもん みんなが選んだ心に残るお話30~「僕の生まれた日」編 [DVD]

ドラえもん (2) (てんとう虫コミックス)

ドラえもん (2) (てんとう虫コミックス)

その日の授業は全然違ってた。
タイトルは忘れたが、
何十年もやってきた駄菓子屋さんのおばあちゃんが、店をたたむことになったため
「近所の小学生が感謝の気持ちを伝えようとしている」だの、
「この時のおばあちゃんの気持ちを書きなさい」だの、だった。
だが男子のほとんどは「ぼくの生まれた日」を盗み読みしていたため
肝心の授業が女子中心で展開されていた。
「ぼくの生まれた日」
ここらでは「2分の1成人式」にあたる小4の3学期で扱われることが多い。

いつから掲載されるようになったのだろう。
他にも、7年ぐらい前から社会の教科書ではドラえもんのび太、しずかちゃんが出て来るし。
子どもの頃よりも今読むとじわじわくるのは、出産を経験したせいかもしれない。

ところで。
70年代後期の道徳教科書には
「ぼくは”鼻毛”じゃない」という話があった。
いまも鮮烈に覚えている。なぜだろう。

鼻の下に毛がついていたので「鼻毛」と呼ばれるようになった話。
どうしてそんなところにくっついてたのか。
まつ毛だろうか。髪の毛だろうか。それともちん毛だろうか。
男子の興味はそれだった。


いまの先生だったらどんなふうに授業をするのだろう。
うちら、習った直後からしばらく「ニックネーム禁止令」が出て
男子も女子もさんづけで呼び合うことが義務化し
うっかり「ゾンビ!!」「ハゲ!!」「ジャイ子!!」などと呼ぼうものなら
帰りの会でつるし上げにされた揚句、セカンドステージは居残り説教だった。
もちろん「ひとの欠陥をあだ名にすることはいじめに繋がる」と言えば正論だ。
これが自殺にでもつながったりしたら大問題だ。
何もかもいじめだなんだのカテゴリに入れることって、今でもある。難しい。
ちなみに隣のクラスでは一度だけ
道徳の授業を「阪急対巨人」日本シリーズ視聴にしたことがあった。うらやましかった。
77年ごろの話である。

広告を非表示にする