別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

Eテレ バリバラでコミュ障を取り上げてた。ハヤブサ登場。読売「顔」脳性まひブラザース。

ラテ欄に「障害者すべらない話」とあったんで見ちゃった。
この番組はどこまでやるの。だんだん無節操になっていく気がする。
月乃光司サン(←詩人、アルコール依存症)にとってパジャマはユニフォーム。
20代の頃引きこもりでアルコール依存症に。

コミュ障

渋谷のD会

D=Deep,Dangerous,Deluxe
メンバーは発達障害精神障害を持っていて、会話のたびに相手を怒らせてしまう。
となりに座っていた、自分と似たようなタイプの人から
「結局あなたって会社の中で一番めんどくさいのよね」とさらっと言われたり
双極性障害)何故だか人が不機嫌になったり
問題が火ダルマ式にぐちゃぐちゃになっていくとか・・
話題を突然変える→会話が通じない

※むむむ、スポ少や学校関係者に多いぞ。みんな本当に無自覚でコトを荒立ててんのか?


あちこちに記憶はあるの。記憶は点で細かいからどこがつながってるのか全く分からない
山本シュウ:ケンカになっちゃったりするの?
綾屋:なります。分かっててもむかつくってのもありますし、でも仲間だから仕方ないかって
   愚痴ぐらいで済んでくるっていうか・・

コミュ障クイズ

双極性障害のみつるさんは、仲間がクルミ入りのブラウニーの話をしているのに
「クルミって言えばね、私来週バレエ観に行くの。シムキンくんの。」と言ってしまう。
これ漫才だったら立派なボケ・・にもならないか。
なんでこんな受け答えになっちゃうかというと
連想が膨らみ、発言をしてしまうから
「クルミ~くるみ割り人形~バレエ~主演ダンサー」脳内が勝手に連想ゲーム状態になる

月乃サンも「例:16歳の少年の話~16文キック~ジャイアント馬場」と脳内変換されてしまう。
適当に相槌うってると話の主導権をごっそり持っていかれ、独断場になる。
みつるさんの前職は美術館学芸員だったが、この特性のため
空気を読まない発言を繰り返し、展覧会の開催が危ぶまれた。
上司に「コミュニケーション能力がない」と言われ降格し、うつ病になり退職。

一番の問題点は「どこが悪いのか」自分でわからないところ。

タチ悪い失礼・・・
脳内の連想の様子をブログ書いてみたら、かなり面白い作品になるのでは。
「とんでるブログ」ですよね。
ああ日本のどこかに(私の)ブログを待ってる人がいる♪

成人のコミュニケーション障害 (入門講座・コミュニケーションの障害とその回復)

成人のコミュニケーション障害 (入門講座・コミュニケーションの障害とその回復)

コミュニケーション障害入門

コミュニケーション障害入門

  • 作者: エレナプラント,ジュリーバルクマイヤー,アン・マリーサープ,テオドール・J.グラック,フランシスハリス,ペラジー・M.ビーソン,リンダノリス,Elena Plante,Linda Norrix,Julie Barkmeier,Anne Marie Tharpe,Theodore J. Glattke,Frances P. Harris,Pelagie M. Beeson,石坂郁代,藤野博,岩田吉生,藤原加奈江,太田富雄,見上昌睦
  • 出版社/メーカー: 大修館書店
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 単行本
  • クリック: 7回
  • この商品を含むブログを見る


あの「冷えピタ」のトウコさんが気になる。
つけてないとヒートアップしておかしくなるの?お守り?おふだ?
つけてても人の話の腰をバキバキ折ってしゃべり倒していくストリートファイター

なぜ話の腰を折って過剰なまでにしゃべり倒すのか

過去の出来事を覚えすぎてしまうから

話したいことがあふれてくる。彼女の中では頭から出てくるものを全部話さないと
話している実感がないから。
はた迷惑←ごめんなさい・・

ハヤブサ氏の解答は「仕切ってないと不安になるから」←違うみたい。

綾屋紗月(発達障害

テンションが高いのは楽しくて好きなんですけど、無理やりあげると呼吸困難になったり
動悸がして具合が悪くなってしまうんです・・・

耳の中でノイズを拾ってしまうので、相手の声を聞き取りにくい。
自分の発声の音量を調節できない。
(「大声で話してしまう」てこたあ、内緒話もダメなんかしら)
電車に乗ると、かつらと思しき男性がいたため
大声で「カツラっぽくない??」と言ってしまう。
あぶないなあ
ハヤブサ
「電車の中での会話の様子なんですが、あれは一緒に居るおじさんが悪い。
 周りに気を使わせるカツラはどうかな・・」ナイスボケ!! 

ハヤブサさんになにがしの精神障害があるのかと勘違いした。単なるゲストで良かった。
ただ「すべらないトーク」の時のキャプションが「頸椎損傷のプロレスラー」になってた。

おとなになっても自分が発達障害なんかどうかわかんなくて
まわりがいっつも迷惑被ってる例はいくらでもある。
で「わかってあげたい」けど「あげたい」って気持ちにはどこか傲慢さが潜んでいるのかなとか
結局平行線であきらめてるのかなと思うことがよくある。
こちら側の苦労はあちら側には届いてないことって結構ある。

昨日(2月8日)読売新聞「顔」脳性まひブラザース

f:id:ami-go40:20140208132519j:plain
「バリバラ」の放送日だから番宣かと思った。
「笑うべき」じゃなく「ネタとして成立してて面白ければ理屈抜きに芸人として」笑うんじゃないか。

広告を非表示にする