別館.net.amigo

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

サワコの朝 杉山愛のウィッシュリスト 母と娘の関係

願いを100個書き出した

阿川:引退なさったのは34歳
杉山:そうですね。2009年。
阿川:やっぱり180度変わった?
杉山:ほんとにガラッと生活が変わったので、ある意味心に穴があいた
   空けてしまったこの時間が、何か虚しさを感じるようになってしまって。
   結構スポーツ選手とかあると思うんですけど、こういったことって。
阿川:松岡修造さんとか、伊達公子さんとか、引退経験のある人に相談するとかは?
杉山:相談するってアイデアがほとんどなくて。
   自分のことなので、自分にしかわからないなってのもあったと思う。

こうなったら、やりたいことを書き出してみよう

TO DOリストはよくあると思うんです。
やらなきゃいけないことは置いといて、
やりたいこと、ワクワクすることを書こうと、願いを100個書き出して。
もともと書く事がすごく好きで。日記とか。
自分の気持ちを整理するのに書く。

ひとつめは結婚(笑)、二番目は出産、三番目はハワイでガーデンウエディング・・
大きいこともあればちっちゃいこともある。
ちっちゃいこと、例えば身近なほしいものを書いたり
○○のレストランで美味しいものを食べたい、とか、
富士登山する、マラソンを完走する・・

阿川:今まで出来なかったことを書いていった?

そうです。テニスでずっと廻ってますので。
意外や意外、最初は30~40個ぐらいしか書けなかったんです。
この先の人生結構あるのに、これしかやりたいことがないって少ないなと。
でも噛み砕いて書いていったらだんだん100個ぐらいに広がっていった。
書くことで自分が浮き彫りになる。
物欲が強い、今は学びたいモードだなとか
こういう生活スタイルを望んでるんだな、と気づかされたり。
日常そんなに改まって考える時間がない。

杉山愛の“ウィッシュリスト100” 願いを叶える、笑顔になる方法

杉山愛の“ウィッシュリスト100” 願いを叶える、笑顔になる方法

阿川:最初に挙げたうちのどれぐらいかなったんですか?
杉山:結婚、出産もですが、30~40個ぐらいは。
阿川:意識して叶った部分がある?
杉山:そうですね。出産も相当エネルギーを使ったので。
阿川:40歳で出産でしょ?
杉山:そうですね
阿川:理想の旦那様と出会ったっていうのが
杉山:引退当時はいなかったですね。2週間後に出会ったんですけど。
阿川:ちゃらり~♪・・なにそれ・・
杉山:書くと色々叶うんですよ。
   ゴルフ上手くなりたいからコーチ探して、って言ったら彼が。
阿川:白馬に乗ったような話(笑)

※6年ぐらい前かな、別の雑誌に「やりたいことリスト」の特集があって
 自分も20個ぐらいしか書けなかった。
 数打ちゃ当たる方式なのかいくつかは叶った。
 人間関係の改善にはならなかった。
 叶うことによって自分が相手に対して無理をするかも知れないと、
 少しでも思うならその願いは叶わない。あくまでも個人的な感想ですが。
 

記憶の中で今もきらめく曲

さだまさし/奇跡~大きな愛のように~

選手時代に、母が好きで聴いていた。歌詞がホントに素敵で。
大きな愛を表してる曲。
音楽からは元気をもらったり励まされたり。
テンション上げる時とか落ち着く時とか。
(この曲は)試合の前に聴くと落ち着き過ぎて。


奇跡

今元気になれる曲

ゆず/with You

出産のDVDを主人が作ったんですけど
立ち会い出産で。BGMに使った曲。

母と娘の関係

経験がないぶん母はすごく勉強してました。
私にとっては25歳のスランプが大きかったんですけど
シングルスのパフォーマンスがどんどん落ちて
ランキングが50位出てしまう。絶不調になって。
打ち方が分からなくなった。
「こんなぐちゃぐちゃになって勝てないから」って母に相談したら
「これでやめたら、ほかの事やってもうまくいかないんじゃない?」
比較的軽い感じで言われて。
随分グサッと言うなって感じでしたけどこっちは(笑)
じゃ自分のテニス人生圧倒するために頑張ろうと。
「でも自分が何から、どう、一歩前に足を出して行っていいのか
 全く見えてないんだけど、ママには見える?」
「見えるわよ」

阿川:そこまでレベルの高いものを、人に言われると納得できても
   親に言われたらいちいちカチンとくるとか、なかったんですか?

当時の私のキャパシティがちっちゃかったので。
母が
「あなた、大人ってのは、人の話に耳を傾けて自分で理解して咀嚼して
 いらないものを吐き出して、そして必要なものをコートで表現するのよ!」
そんな感じで言われて((((;゚Д゚))))

若いときに産んでいながら、子供のことを「社会からの預かりもの」と思ったんですって。
いずれは社会に返すものだから、それまで自分がお預かりしている、というような。

阿川:社会に還元させる生物体(笑)お母さんと娘の関係は、引き離してるようで、密。

そうみたいなんですね。そうそうそう。距離感がすごく心地よくて。
子供の頃から個を尊重してくれてるようで。
「あなたはどうしたいの?あなたは何になりたいの?」常に。
勉強しなさいと言われたことはなくて。
やらなかったら自分が苦しむことになるじゃないですか。
それを体感させるというか。

ピアノはノルマを達成するまで1年間続けた(性に合わなかった)
約束は守らせる。

この他にも結構本を出しておられます。
これはこれで否定はしないし、うちもかなり近いやり方で育ててきたけど
結果論かな、とも思ってしまう。
リオ五輪の時にも選手の子育てが新聞に載ってたけど
努力は、やり方を間違えると悲惨。
やみくもに信じれば良いというものではないので
それこそ
「あなた、大人ってのは、人の話に耳を傾けて自分で理解して咀嚼して
 いらないものを吐き出して、そして必要なものを表現するのよ!」

ここ大事です。テストに出ます。
なんでもかんでも感化されて模倣したら単なる毒親です。

杉山式スポーツ子育て

杉山式スポーツ子育て

広告を非表示にする