別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

ザ・グッバイの加賀八郎さんが亡くなった。

THE GOOD-BYEの記憶が85年ぐらいで止まっている。
90年解散だとは知らなかった。
※訂正 解散じゃなく活動停止。のち再開。
もっと前と思っていた。
「にくめないのがニクイのサ」好きだったなあ。

にくめないのがニクイのサ THEGOODBYE - YouTube
活動していた当時、チェッカーズやC-C-Bが全盛だったし
まもなく男闘呼組がデビューしちゃったし
10代後半は彼らの音楽を聴いて育ったから
「ザ・グッバイってバンド名からしてなんか不運だな」と思っていた。
妹が中学生の頃、ザ・グッバイのコンサートかあったけど
プレイガイドのチケット発売日が
一世風靡SEPIAや杉山清貴&オメガトライブと同日で
もう人気が下がり始めていたためチケットを買う人が少なかった。
妹は迷わずグッバイの列に並んだ。すぐ買えた。
初めて観にいったコンサートは客の入りがあんましなかった。
なんだかいつも不運な感じがした。

八っつあんの訃報を知って驚いて書いてるのに
なぜこんな間抜けな思い出しかでてこないのだろう。
よく有名人や政界の要人が死んだ時
「・・・・氏を悼む」なんてぇ記事が載る。
あの文章は実にうまい。
故人が死ぬことを想定して生前に書いたのか、完璧な文章が多い。
親戚や祖父祖母が亡くなった時に、弔辞を読めとたまに言われる。困る。
書けない。思いつかない。まとまらない。
今それと似た気分だ。
芸能人が読む弔辞はどうしてあんなに胸を打つのだろう。
ちなみにいちばん感動したのはタモさんが赤塚さんに寄せたもの。

手元に
平凡 元気にさよなら(87年12月最終号)があるけど
めくれどめくれどTHE GOOD-BYE が出てこない。なぜかしら。
なんで載ってないんだろう。
明星のバックナンバーを処分してしまったのが悔やまれる。

この取り留めのつかない気持ちは
チェッカーズクロベエが亡くなった時に似ている。

今年はデビュー30周年だった。
まだ合掌したくないなあ。
ヨっちゃんじゃないが

寝たふりしてんじゃねぇ~よ。

・・・3年前から闘病してたなんて。

READY!STEADY!!THE GOOD-BYE!!!

READY!STEADY!!THE GOOD-BYE!!!


ALL YOU NEED IS・・・グッバイに夢中!

ALL YOU NEED IS・・・グッバイに夢中!

取り乱してバナー貼り間違えてたようなので↑

広告を非表示にする