別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【人生案内】美術系進学 貫かず後悔 山田昌弘先生の回答

高校、大学と自分が進んだ道を後悔

私が中学生の頃、3歳上の姉は美術系高校に通っていました。
私も美術系に進みたかったのですが
親や塾講師に「あなたは優秀だから」と言われ、理系の進学校へ。
高校時代、姉の美術制作を覗くと怒られ
泣きながら勉強しました。

「辛くなったら美術の道へ進めばいい」など励まされ
成績はずっとオール5でした。
国立大に進んだものの美術の道が諦められない。
卒業後は専門学校へ行きたいと親に言うと
「今更遅い」と言われてショックでした。

姉は今、仕事ではなく趣味で絵を描いています。
自由に生きてきた姉が妬ましい。
私は卒業後、フリーターをしながら絵を学ぶつもりですが
これまで真面目に勉強したことが報われないと思うと悲しい。

自由に生きてきた姉が通りますよ

一旦就職して美大中退なんで、かっこ悪いけど。
お金貯めて美大に行った。
趣味で日本画を描く、父の影響が強かった。
父も疎開後は貧乏で、美大どころか高校にも行けなかったので
働きながら絵を学んでましたね。
ワタシの専攻はグラフィックデザインだった。
「一旦仕事辞めてデザインやりたい」と言ったら賛成してくれた。

勝手に限界を感じて、また働く人に逆戻り。

相談者の「真面目に勉強してきたこと」とは、たぶん理系を指す。
報われないと決め付けるのはよくない。
人生は 死なない限り まだ長い。
フリーターをしながら絵を学んだっていいじゃない。
どうすればいいか、もう答えが出てるじゃん。

2月16日放送「成功の遺伝史」

番組で加藤ミリヤ
たけしの「アキレスと亀」に影響を受けたと言ったら
たけしが絵をプレゼントしてましたね。
録画しときゃよかった。ちょっと思い出した。
それと「月曜から夜ふかし」に出てたチョーク画の女の子な。
れなれなさんは美大受けるのか。

アキレスと亀 [DVD]

アキレスと亀 [DVD]

アキレスと亀―時間の哲学と論理

アキレスと亀―時間の哲学と論理

親は「絵じゃ飯が食えない」と思ってるから反対する。
姉妹揃ってやって欲しくない、と思うから妹が犠牲になった(今んとこ)。
普通だったら勉強のモチベーションが下がるのに
オール5とはエライ。偉業だ。


RKB「TEEN!TEEN」堀江貴文が久留米大学附設高校で「ホリエモン熱血教室」:「嫌われる勇気」について。 - 別館.net.amigo
記事中、堀江貴文さんもおっしゃっています。

基本的に、自分がやりたいと思っていることをやる。
    僕だったら、いますぐやれることからやる。
   なにかやりたいことあるの?

ここだけ抜粋すると中身無いみたいだが、んなこたァない。

山田昌弘先生の回答

村上春樹さんや蛭子能収さんならどのように回答したのか、興味深い。

画家の友人がいます。
彼女は理系の大学院を出たあと、大学講師をしていたのですが
今画業に専念しています。
彼女がしてきた受験勉強、大学や大学院での研究、
大学講師としての教育活動。
それらの時間が無駄だったとは思いません。

ただ描き方が上手くなれば、良い作品が制作できるのでしょうか。
抽象画であれ具象画であれ
その人の人生経験が映し出されるものだと思います。
(中略)
ご両親との葛藤、真面目にした勉強、大学での学び。
どれをとってもあなたの創作活動にとって大きな財産です。

お姉さまは、自分の好きな道に進もうとしてるあなたを
むしろ羨ましく思っているのでは。
若いうちはわからないかもしれませんが
後悔することなど何もないようにお見受けします。

あたしゃ妹に
「姉ちゃんのように途中でケツ割る人生など嫌だ」って言われましたがな。

おまけ

ひとつ前の記事の件。
あんなにブクマつくと思わんかった。日常よくあるでしょ?
記念にメタブしといたよ。
コメント欄なくても、皆に座布団あげたいぐらい面白かった。
山田君座布団持ってきて~だっ!!

広告を非表示にする