別館.net.amigo

人生案内メモ、文字起こし、感想。

ZIP  辻村深月インタビュー ミステリー小説の作り方

きっかけ

最初に小説を書きたいと思ったのはいつ

辻村:小学生の時です
水卜:早い!

辻村:近くの図書館に入った時のことを今も覚えてて。ここにある本を全部読んでいいのかと。すごくびっくりしつつうれしかった記憶があって、そこが多分原点。クラスの女の子たちが交換日記をしていて、隅に延長で小説を書いていた。それを見たときに「あ、書いていいのかもしれない」と思って書き始めて。当時のクラスメートは恋愛小説を書いていたけど、当時からミステリーやホラー小説が大好きだったので、悪霊とかが出てくる話にしよう(笑)

水卜:怖い怖い

辻村:怖いから誰も読んでくれなかった

冷たい校舎の時は止まる

辻村:デビュー作「冷たい校舎の時は止まる」は高校3年の時、もう時効だから言っちゃうんですけど、授業中とかに書いていた(笑)ミステリーで犯人当ての要素があるもの「この人が犯人なんじゃないか」そういうやり取りしてくれるのがすごくうれしくて「次の英語の時間にちょっと書いて進むと思うから、休み時間に読みに来る」他のクラスの子が言ってくれた

水卜:めっちゃいい高校「冷たい校舎の時は止まる」出版されたとき、高校の同級生のみなさんは「私犯人知ってる」みたいな状況だったんですか

辻村:そうです

水卜:わ~、すごいすごい

辻村:素人の私がルーズリーフに書いたものを読みたいって言ってくれる。自分はプロになれるかもしれないと初めて思ったんです。続きが読みたいって言われたことが、ものすごく何より自信になった。

辻村流ミステリー小説の作り方

専門外の業界は自分で取材に行く?

水卜:全く違う分野のことをすごく詳しく書いてらっしゃる作品が多くて。念入りにいろんなところをアポとってご自身で取材に行かれるんですか

辻村:そうですね。そうやってお話を聞いていくと、すごく魅力的な言葉に出会うことがあるんですね。その言葉を本人たちは当たり前のように使っているが、胸に刺さったっていうものがあったら、その言葉と話をどうつなげていったらいいか、星座を結ぶように話を作っていく。ミステリー作家はたぶん、最初からトリックと驚きと真相を明かす設計図を書く人も多いけど、私の場合はとりあえず書いてみてから、徐々にわかることが多くて

かがみの孤城

執筆開始時、トリックや謎を考えない。
辻村:「かがみの孤城」でいうと、城の秘密があるじゃないですか。あの秘密に気づけたのは夏休み過ぎたところで、あ!わかった、って思った

水卜:なにそれすごい

辻村:ひらめいたとかじゃなくて、こころたちが教えてくれた感じ

135ページまで、自身も秘密がわからないまま。

水卜:勝手ながら私は、付箋みたいなものに書いて決めてからやらないとつじつまが合わないぐらい。最後すっきりして終われるから、あれが後から、なんなら夏以降に生まれたのは信じられないぐらい

辻村:ありがとうございます。

スロウハイツの神様

水卜:たとえば「スロウハイツの神様」大好きなんですけど
辻村:ありがとうございます。
水卜:書き始めてから最後につじつまが合う

辻村:そうですね。書き始めているときはあまり何も考えていない。書いてるときは結構怖い。今回は駄作になっちゃうかもしれないなて覚悟で毎回書いていて。今までもどうにかなったしっていう蓄積だけでやってる

水卜:ちなみに今まで気づけなかったことは

辻村:全部気付ける。逆に言うと、設計図をガチガチに固める書き方はできない。多分それ以上のものにならなかったり、設計図作ったところで満足してしまう。

水卜:きっとこれは作家さんのスタイルによって違う

夢をかなえるための秘けつ

小説家にあこがれる子に贈る言葉

水卜:小説家のゼロからイチを生み出す頭の中はどうなってるんだろうって。あこがれる子に贈りたい言葉は

辻村:わたしも、ちょっと前だったら言語化ができなかったけど、最近思うのが、とにかく小説に限らず、物語が面白いと思ったら、数をたくさん見てほしい。作家になる前の、目指してるときはそういう瞬間がしんどかったんですよね。こんなに面白いものを書く人がいるんだという気持ちで、打ちひしがれてたりしてたんですけど、今は悔しいんだったら何を書こうかとなれる。それはすごく幸せ。私がそうだったんですけど、周りの友達に読んでもらう。小説がコミュニケーションツールになる。自分の小説に限らず、たくさん機会があったので、そうやって興味の幅を広げるといってもらえると。大事すぎて見せられないっていう気持ちもわかるので、この人にだったら読んでほしいという瞬間があったら大事にしてほしい。
スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)
スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)