別館.net.amigo

人生案内メモ、文字起こし、感想。

【SWITCHインタビュー】みうらじゅん×樋口真嗣 カラータイマーがない

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

ウルトラマンの思い出

親に捨てられた後悔

樋口:小学校上がる時に怪獣のおもちゃ全部捨てられちゃった「卒業でしょ」卒業ってなんだよ!その心に空いた穴を埋めるために、残りの人生があった。

みうら:円谷英二さんに会いたくって、怪獣のソフビを風呂ん中につけて、自分で特撮やるんですよ。海からバーン!と出てくるところを僕が「ギェェッ!」てやって。のぼせるまでやってたんですけど...よく拭かなかったんでしょうね...ダンボールにそのまま入れてたら、あるときものすごいカビが生えてて。中1ぐらいだったか、うちの親が「こんな汚いもの捨ててやろ」つい「いい」って言っちゃった。その後悔を取り戻すために今こうやってる

八つ裂き光輪、アイスラッガー

樋口 名前からしてすごい
みうら バルタン星人がきれいに半分にスパッと切れる。結婚式呼ばれたとき、エビが半分に切れるじゃないですか。いつもバルタン星人思い出す(笑)見事に切れて。

樋口:タブー感がある。おおっと思うのはアイスラッガーですよ。そんなことしていいんだろうかってとこまで持ってっちゃう。

みうら:僕が好きだったウルトラマンは、はじめ不気味だった
樋口:気持ちわるいもの、みたいな
みうら:どんどんマスクも変わって
樋口:洗練されてった
みうら:設定も「地球を助けてくれるんだ」っていう...いらないんじゃないのって。僕は怪獣が見たいのに
樋口:怪獣じゃなくなっちゃう。ヒーローになった。自分を重ね合わせることができたのが怪獣だった。怪獣の方が自分に近い

宇宙からのメッセージ(1978)

深作欣二監督

樋口:真田広之さんが宇宙暴走族ですよ。三上(陸男)さん、ショッカーの怪人をデザインしてた人がやってるわけで、もう伝統の技なわけですよ。

みうら:樋口さん、チョイスがグッとくるやつばっかり
樋口:どんどんメインストリームから外れていくんですよ...運命というか、自分で選んでんですよね「それ、いいかも」
みうら:わざと選んでるわけじゃないじゃないですか
樋口:もう、本能
みうら:本能で選んでけものみちばかり行ってる

宇宙からのメッセージ_予告篇 - YouTube
ビック・モロー??
宇宙からのメッセージ - Wikipedia

シン・ウルトラマン

絵コンテ

みうら:どうやら噂によると「シン・ウルトラマン」を始動させてる。皆さんが見る前に聞いときたい※シン・ウルトラマンの絵コンテみてる(ネタバレのためモザイク)

樋口:いいこと思い浮かんだらそのまま揮発しちゃう。本当にいいか悪いかはその時に判断できないから、とりあえずアウトプットしといて、あとで「俺すごい」思うか「バカじゃんこいつ」って思うか。削りカスみたいなんだけど、なかに一本だけ、芯が入ってたり鉛筆が入ってたりするのでなるべくはきだす。暗闇でも書き続けるっていうか

みうら:その時どう思ったかが重要なんだよね。全て見終わっての感想じゃなく

カラータイマー

みうら:ないじゃないですか。無制限?
樋口:いや、俺が聞いた話では特撮は金がかかる。だからなるべく、特撮の長さを短くしたい。3分で終わるものを作れ、と。
みうら:そういう条件があったから
樋口:デザインされた成田亨さんは「あんなもん付けやがって」お亡くなりになるまで言われてたそうです。だから彼が描くウルトラマンには付いてないんですよ。