別館.net.amigo

人生案内メモ、文字起こし、感想。

アメトーーク 吉住プレゼン 生きづらい芸人 野田クリスタル GAG福井 蛙亭岩倉 

心の闇

向井さんはズル剥け
野田:16ぐらいの時に自分が天才だと思っちゃった。「学校へ行こう!」に出て。クラスメイトのことを「素人」って呼びだしちゃったんです(笑)そっから人とうまくしゃべれなくなっちゃったんですね

陣内:きょう、スポーティーやもんね
向井:そういう指摘が生きづらくするんですよ
小宮:普通に笑ってくれればいいのに、嘲笑の笑い方が腹立つ

福井:僕も本当に生きづらいですね。いろいろ考え過ぎちゃうので。たとえば「普通に面白かったよ」みたいなこと言われても「普通に」って付いちゃうと。この世界、普通だったら売れないじゃないですか。じゃ、それ、俺にやめろってこと?

小宮:わかるわかる。笑い取っても逆に「調子いいね」普段めちゃくちゃ下じゃん

蛍原:考えすぎやん

岩倉 呼んでいただいて。いつから生きづらいか思い返してみた。結構幼稚園のころからなんで。おじいちゃんのお見舞いに行った時、看護師さんに「ミサトちゃん、おじいちゃん好き?」聞かれて、好きって答えれば良かったんですけど、この場を和ませたいなっていうのが頭にきて「おじいちゃんはお酒をいっぱい飲むからお酒臭くてきら~い」周りの人がハハハと笑ったんです。おじいちゃんの方見たらすごい悲しそうな顔してて。その時に「ああ、どっちもとるとかってできないんだ」今も引きずってる

草薙:そもそも、何にもできないから芸人になった。アンケートとか来ると「特技ありますか」いや、そういうのがないからなったんだけどな...結局ここも自分の居場所じゃないのかもなって

吉住:草薙さん見てたら勇気もらえるんですよね。テレビ出始めの頃は私と同じぐらい生きづらそうだなって思ってて。だんだんテレビに出るのが楽しそうになってきた

草薙「どうしたら草薙さんみたいにポップになれるんですか」言われたんですけど、僕ポップに見えるって相当ひどいな(笑)

カラタチ前田

アイドルオタク

実は陣内さんはじめましてじゃないんですよ。2年前ぐらいに二子玉川で、東京オリンピックパラリンピックのイベントがあったと思うんですけど、その時欅坂46の菅井さんが出演されてて。朝から並んで最前で見てて。MCの陣内さんに手ぇ振ったら振り返してくれて(笑)

生きづらいと感じる瞬間

自分のネタが見れない

吉住:自分が出てるテレビが見れない。結構あるあるだと思うんですけど。自分のやってるネタ動画とかも観れない。基本的にスベったとずっと思ってるんで、自分のネタ。いいネタとかすごい捨てちゃったりとかして。スベったスベった捨てよ捨てようってなっちゃう。※優勝ネタも

草薙:僕も1回も見てない。宮下が僕のアパートの隣に住んでたんで。宮下は見てるんですよ。壁が薄いんで声とか全部聴こえてくる。ほんと祈りながら、今見てるなと思って、笑い声が聞こえてこないとあんまり面白くなかったのかとか。祈りながら待つ。炎上しそうなこと言っちゃった時も怖いんですよね「カットしてください」言える程の権力が僕たちにはない。あそこどっか切っといてくれ、スタッフさん達に祈りながらずっと待つ感じ

向井はメイク室用のトークも用意していく。岩倉は先輩との話の終わらせ方がわからなくなって、走って逃げる。←草薙はちょっとずつ後ろに下がっていく

関連

岩倉:(僕も生きづらかったというニューヨーク嶋佐に)たまに自分を生きづらいと勘違いしてる本物の根明。こういう人が、私たちみたいな中に外来種で入り込んで、食いちぎられていく

向井:つるの剛士さんみたいな髪型してる奴最悪

関連