別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

ボクらの時代 鬼滅の刃 花江夏樹 X 鬼頭明里X 松岡禎丞 X 下野紘

共演者が多すぎて挨拶が辛い

下野 オーディション受けるときに、こんなふうになるなんて誰も思ってなかったでしょ
花江 思ってなかった。でも受ける時の映像がめちゃめちゃ綺麗だったから「わ、これは大作になりそうだなあって感じはしましたよ。

鬼頭 私もともとオタクだったってのもあって、一方的にすごく見てた方々があるじゃないですか。会った気になってる人が結構いて「あれ?初めましてでしたっけ?」みたいな

花江 それ僕も。この業界に入って最初、挨拶が辛くて。最初はいいんですよ。全員に挨拶していけばいいんだけど、途中から「...2回目かな」(笑)
鬼頭 わかります。
松岡 初対面だっけ?みたいなやつ

下野 誰か先輩が「いやもう、一番最初に入口んところでワーって言って、後個別で挨拶すればいいんだよ」って言ってから現場入って「おはようございます!アイムエンタープライズ下野紘です!」っていうのを今でもやってる
花江 下野さんいいですよ、大声出せるから。僕とか禎丞さんは現場で大声出せないですもんね
松岡 出せないね「おはようございます」って言えない

花江 なんか、声優だから声おっきいでしょみたいに思われるじゃないですか。あれも嫌ですよね。最初から文句ばっかやけど(笑)

過去の演技がプレッシャー

下野 松岡だって普段静かというか
花江 普段何考えてる?

松岡 最近だったら「明日の仕事どうしようかなあ」(笑)ちゃんとできっかなあ...あの、これ理由があって。挑戦していって、それがOKだと自分のものになる。それで、年々重ねて行くと、それをもとにオファーが来る。「あ、そうか。あれ見て選ばれたんだとしたら、あれを越える演技をしないとダメなんだな」って、どんどんどんどん、崖に追いやられていく精神状態になっていく

花江 それはわかる
松岡 叫び系も多いし。悪役もものすごく増えたし。
下野 松岡の叫び方ってホントに喉に負担が掛かる叫び方なんだよ。伊之助もそうだけど。だからこそ、じゃあ大丈夫でしょってなるし、みんな期待するし
花江 禎丞さんって、デビュー当時と比べると、筋肉の量が半端ない。
松岡 僕はもう、やってしまいました(笑)
下野 ダンベル入れてた時期あったじゃん、カバンに。あれ何キロだったっけ
松岡 4.5ぐらいです
下野 4.5+台本が入るわけよ。
松岡 で、ペットボトルとか入れるわけよ。結果的に7キロぐらいになるんですよ(笑)あとストレスで太ったのと

花江 でも僕は、太ってたほうが太い声、どっしりした声が出るから、できれば太りたいんですよ
下野 言ってたよね。でも思いのほか違うところが太ったって。1回やばいなって思った時期あったもんね

花江 でもデビュー当時より、格段に声が安定するようになった
下野 必要以上に食わせる先輩、結構周りに居たもんね

デビュー当時

花江 事務所入った当初、僕は下野さんのボイスサンプルの原稿で練習してました
下野 は?(笑)
花江 ワークショップに通ってたんですけど、結構周りの講師の方に「下野くんとか梶くんとか、そういう方向を目指したほうがいいんじゃないかな」「わかりました」で、聞いて文字に起こして練習してた

鬼頭 すご~い
花江 風が吹いてきて「風だ!」ってセリフがあるんですよ(笑)
下野 そんなのあったか
花江 言ったら講師の人に「君、全然風受けてないよね。下野くんはこんなに受けてる」(笑)
下野 どなたに言われたのよ、なにそれ
花江 風がこっちから吹いてくるのをもっとイメージしなきゃな、って
下野 ヤダすごい恥ずかしいわ

鬼滅の刃、印象に残るシーン

下野 思い入れ強いのは、17話(「ひとつのことを極め抜け」)か。シリアスな展開というか、自分のこと語ったりとか。何よりもじいちゃんとの回想。いろんなところで言ってるけどあそこはホント楽しかった。自分が善逸を演じる上で、じいちゃん役の千葉繁さんを思い描いてやったからっていうのもあるから余計に「この人と一緒にやれるの?」っていうのがほんとに嬉しかったし。言葉じゃなくて芝居の中で感じ取れると嬉しいなと思って

花江 僕も炭治郎のお父さん役、三木さんなんですけど、デビュー当時ご一緒させていただいて。その時直接教えていただいたわけじゃないですけど、お芝居を見て勉強になった部分があって。久しぶりに鬼滅で「、ちゃんと関わりのある役として共演させていただいた。個人的に勝手にめちゃめちゃ緊張していたんですよ。演じる人との関係性もすごい変わって、気持ちも変わってくる。(←19話:ヒノカミ)禰豆子は結構テクニカルじゃない。人間の言葉を喋らないシーンが多いじゃない、鬼になってから

鬼頭 1話は本当に緊張しましたね。正解がないというか、鬼になって唸ってる声ってどんなの?って私が示さないといけないのがあったんで、家でもすごい、クローゼットに頭突っ込んで叫んだりとか(笑)

花江 僕の友達のお子さんも、すごい禰豆子の好きな子がいて、オープニングとかを流してる動画を送ってもらったんだけど、禰豆子が出てくると反応する。無惨が出てくるとリモコンでテレビ叩く(笑)
鬼頭 敵だと認識してる
下野 いい教育なされてるね
花江 ちっちゃい子に好かれるって嬉しいよね
鬼頭 そうですね

松岡 (伊之助は)つらかったです。顔もわからないし(笑)ディレクションとしてもあったじゃないですか「仲間に思わせないでください」「よし、ここから仲間路線上げていこう」だんだんに上げてったんです。ちょっとずつコミカルな部分を挟ませつつ。だいたい「ここで伊之助になる!」が、頭突き食らったところですね。※14話 比べてみるとすごいわかる。笑い方も快活になって。伊之助は最初、かなり嫌われてたと思うんですよ。
下野 そうだよなあボコボコにされるしなあ善逸(笑)あのシーンも「お前なんでかばってんだよ」ってところから来てるから分かるわけ。炭治郎のタメが長いんだよ(笑)←13話「命より大事なもの」

後輩に道を譲る気はないって、そりゃそうだろ。

後編 バイト

鬼頭 ラーメン食べたかったんで、ラーメン屋で働き始めた。当時本当にお金なくて、カップラーメンかもやし食べてました
下野 待って。ラーメン屋で働いててカップヌードル
鬼頭 そうなんです。まかない店長が作ってくれるんですけど「毎日ラーメンでごめんね。野菜炒めでも作る?」「いや、ラーメンが食べたいんで」(笑)
下野 藤子不二雄さんの作品に出てきそうな
花江 僕はファーストフードとカラオケ、テレアポ、新聞の勧誘です。電話でやってたんです。やっぱ声が高くて、昔もっと高かったんですよ。女性と勘違いされることが多くて。電話越しだと。それでとって下さるおじさんが(笑)理由聞いたら「君は可愛い声してるからいいよ。3か月だけね」(笑)
下野 そうういうのがあるからさ、俺も接客やっとけばよかったな。だからしゃべるのが苦手で。日常生活も人と話すの得意じゃないのよ、友達以外。比較的肉体労働ばかりやってきた。一番最初引越し屋、警備員。派遣が多かったね。いつオーディション入ってくるかわからないから
松岡 僕は100均で。特売でたたき売りするやつがあるんですけど、100円でラーメン15袋入ってるやつ
鬼頭 行けばよかった
松岡 俺そのセールが始まるたび店長に「二箱、二箱」昼間開けておかないとダメだから、カラオケの深夜バイトに切り替えたんです。店員の階級があって、初主演決まった時に寝る時間無さ過ぎて精神的におかしくなって(階級が)下がったんですよ。店長にバックヤードで「ちょっといい?星をひとつ取らせて」その瞬間に「ああ、俺声優で食べていこう」覚悟決めて、やめさせていただきます。