別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

SWITCHインタビュー達人達 浅田真央X望海風斗 だいもん コンプレックス、役づくり、退団の心境。

望海 なんでもいいですよ。ファンの方は望海さん、だいもん(本名)、風斗さん...
浅田 風斗さんで
望海 真央ちゃんでいいですか
浅田 もちろん真央ちゃんの方が嬉しいです

ということで以下「風斗」「真央」と表記。

ONCE UPON A TIME IN AMERICA

役作り

風斗 子供(役の)時はポケットに手を突っ込んで、姿勢も良くない感じにはしていて。大人になった時にはいいスーツも着ているので背筋も伸ばして。綺麗な立ち姿で立つのが一番綺麗かな。

真央 声量もすごく大きくて迫力があったんですけれども
風斗 もちろんマイクは付けてるけれども、生の声、パワーが届いたらいいなというのがあって。だんだんだんだん大きくなってったんです
真央 会場も自分のパワーだったり、空間に全部変えていたように感じたんですけれども。演じられる上でなにか意識されてること、ありますか
風斗 息を吸うことをすごく意識してて。お芝居をするとき、役の感情できちんと息を吸うだけで、お客さんも一緒に同じ感情、同じ息を吸ってくれるような気がするんですよね。

真央 目線はどういった使い方をされていますか
風斗 やっぱ独特で。ショーの時だと意識してライトを目に入れるとか。
真央 動きとかもそうですか。すごく早く回るかと思えば、ゆっくりためて振り向くところもあって
風斗 曲とかでアクセントが付いてるところだったら、勢いよくバーンって行ったほうが効果的かなとか、じっくり見せたいとき、感情がじわじわ来るときはゆっくり行こうかなとか。そういうさじ加減がすごく楽しい。やってて
真央 もう見るところがたくさんありすぎて、ふたつの目では見きれないくらい←※めちゃかわいい表現
風斗 それだけ見てもらえて、やってて嬉しいですね。こだわり見つけたって

男役

コンプレックス

01年入学。初舞台は03年「花の宝塚風土記
風斗 初めて母と見て、こんなかっこいい人いるんだ、そんな人に自分もなってみたい。背をまず伸ばさないと。男役はだいたい背が高いので、これじゃ足りないかもと思って毎日ストレッチしながら。運良くなれる身長だったので。だいたい45人ぐらいいるんですけど、並んで半分より上かな、高いかなと思ったら男役で。

真央 しぐさとか声の出し方も、お稽古すごくされました?
風斗 しぐさは男役10年って言われてて。最初は右手右足同時に出ちゃうぐらい。どう動いていいかわからない状態からちょっとずつちょっとずつ、自然に動けるようになるまではやっぱ10年かかる。鏡とか見て、男性のエスコートの仕方とか
真央 そうですね。全く違う動きってことですもんね
風斗 逆に女性らしく動けって言われる方が、今は難しいかな
真央 普段から男らしく
風斗 そうですね。出てしまうというか、癖が。声がもともとすごい高くて。なので荒治療で、男性の歌詞の歌を何時間も歌って声を潰してみたら低くなるんじゃないかなとか、いろいろやってみて。でもある方が「高い声の男の人もいるから、高くしようとそんなに気にしなくてもいいんじゃないか」言ってくださって、コンプレックスがなくなったんですけど。声が恥ずかしいな、高いなと思っちゃって。
悪い役の人、なにか人間の持っているそれぞれの役の魅力を、自分の体、自分の演技を通して出せる人になれたらな。追求していきたいな

真央 ふられてしまって、ソファーにドンッと投げるところも、女性としてはキュン的な
風斗 本当は恥ずかしいんですけどね、ふられて。
真央 ふられてもかっこよかったです。/75名の皆さんをセンターに引っ張っていかなきゃいけない、工夫などされてることはありますか
風斗 うーん...そうですね、なるべくみんなのことを見たい、でもちゃんと見ることはできない、やっぱり下級生の方たちまでみんな楽しんでやってるかなって気にかけたりとか。あとはみんなでワイワイすることがすごく好きなので、イベントごとがあると率先して輪の中に入っていくとか。
真央 素敵なリーダーですね/楽しいって思うだけではできないこともあるんじゃないかなって
風斗 大変なことはいっぱいあるけど、みんながこんなに自分を見ててくれるんだ、後ろからパワーを送ってくれてるのをすごく感じて。なので何かあるとすぐ後ろ見てます(笑)振り向くとみんなが「大丈夫ですよ!」支えてくれてるのを感じるとものすごくパワーをもらって、ダメだな弱気になっちゃ、とか、もっとできるな、とか

真央 お聞きしていいかわからないんですけど、キスシーンとかもありましたね。あのときは、あの、どういった感じで(笑)
風斗 宝塚であるというので、綺麗に見えることを前提として。どういう角度が綺麗に見えるかな、手をどこに持ってくのが一番いいかとか、すごく考えて

真央 アイスショーカップルですることもあるんですね。一緒に息を合わせたり、目線の角度で何かアドバイスをいただけたら
風斗 中に流れてるストーリーを絶対に大切にしたい。一個一個振りを確認しながら、どういう気持ちがあってそう動くのかな、そういうことをすごく話しながら

真央 風斗さんも泣いてしまったりすることがあるんですか
風斗 あります(笑)毎回完璧には絶対出来なくて。フィギュアスケートですごく教わりました。失敗をどう返していくか、ひとつの試合、ひとつの曲中に。落ち込んでちゃいけないんだなって、そのあと返していかなきゃいけないんだって。以上のものを返したいなって。宝塚でもできるなって

真央 応援してくださる方のサポートは。どんな思いですか
風斗 それがあって、だなと。ものすごく感じますね。ファンの方が気づいてくださって自分もハッとする。芝居のヒントになることも多いので。思ってなかったけどこれすごい、これもありだなって。この目線はこの心情の表れですよね、とか。そこまで考えてなかった時もあった。使えるな(笑)
真央 ファンの方はけっこ細かいところまで見てくださっているので、私も、そんなこと思ってなかったって(笑)ありますよね。びっくりした
風斗 それをうまいこともらうっていうか
真央 一緒に作り上げてる感じ
風斗 そうですね。それがすごく楽しい

退団発表

心境

風斗 トップになった時にゴールが来た。トップになったら次は退団というのがあるので。辞めたいから辞めるのではなく。幸せで、自分がいい状態のところに居れてると思ったから、じゃあもう、次の人にバトンを渡そうかなと感じましたね。特別ですよね宝塚って。

真央 そういうふうになるまで少し時間がかかったんじゃないですか。迷いとかなかったんですか
風斗 決めてからのほうが迷いましたね。決めるときは今だ!と思って決めたんですけど。もうちょっと居たいな、とか、もっとみんなと一緒にしたいな、どうしても思ってしまうことがあって、どうしようという思いはすごくあった。決めたんだぞ、決めたんだぞって思いはありますね
真央 最後どのような形で卒業を迎えたいですか
風斗 男役を最後まで突き詰めていきたいなって思いますね
真央 宝塚以外とか、経験されなかったこともたくさんあると思うんですけど、卒業してからやりたいこととかありますか。私は引退して初めてひとり旅に行ったんですけど
風斗 ひとり??
真央 はい。スリランカに行きました。全部デトックスしたくて。頭の中も体も。
風斗 全然今までそんな時間なかった?
真央 スケート靴を持たずに旅行に行くとか、なかなかできなかったので
風斗 やってみたいですね。今までは旅行に行っても「この作品に出てきそうなセットだな」(笑)歩いてるとこ見て、カッコイイな、とか、しぐさとか見てしまったり。職業病あるじゃないですか。そうじゃなくて、全く違う、本当の素の自分と出会ってみたい。男役18年やってるので、素の自分ってどんなんだったっけって

真央 楽しみですね

後半の対談日も、退団日も延期になっちゃったのか...

選手の時にできなかったことをアイスショーに詰め込んでいる

関連

宝塚


銀盤