別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

バリバラ カイリの謎 解離性障害 当事者の声 イラストレーターTokin 岡野憲一郎

解離性障害とは

岡野憲一郎

多重人格が一番極端な例かもしれないんですけども、人間が普通持っている心のモードやあり方が、別のモードにスイッチしちゃう。スイッチングが脳の中で勝手に起きてしまって、それに困ってしまうのが解離性障害

主な症状

- 解離性同一性障害

- 解離性健忘
昔自分が起こしてしまった、自分が体験したこと、そこだけを思い出すことができない状態

- 解離性遁走(とんそう)
別人格の状態になって、遠いところへ行ってしまう。行き先でハッと気が付いたりする。あるいはずっと気づかずに何ヶ月もそこで生活を始める※夢遊ちゃん

-離人症
自分が自分でないような体験とか、時には自分がそれを外から眺めるみたいなことも起きる※幽体離脱タイプ

精神科医が教える 忘れる技術

精神科医が教える 忘れる技術

当事者の声

Tokin

思い込んでるだけじゃないの?そのせいにしたいだけじゃないの?と否定的なことを言われる。頭の中でいろんな人たちが会話をしている。日常的にずっとあるのが離人症。それが極端にストレスになると、結構人格が別の人が出てきたり。ふわっとした感じは小学校高学年からずっとありましたね。自覚がそもそもあまりなくて、高校の時にこれはもう全然無理だみたいな感じにぷっつんと切れたことがあって。10年ぐらいかけていろんな病院に行って、解離性障害と診断されました。多重人格の極端なことばかりが知られていて「なんだかよくわかんない」感じがあると思う。その人たちはものすごい特殊な人たちではなく、普通にみんなと同じ社会で生きてることをまず知ってほしい。
寝る前が一番危険ゾーン。ふっと力が抜けるとコントロールできない。

脳内会議(抜粋

※撮影は2020.3.22
もっさん:仕事はきっちりやれてるけど、プライベートの記憶があまりなく、飛んじゃうことが多くて。ガンダムで言うとコックピットの中に誰かが乗って操縦しているような感じ。寝てると思ったら部屋がめちゃめちゃ片付いてて。一人暮らしなんですけど、誰が片付けたんやって。自分しかいないですよね。
別居している子供におもちゃを買いに行こうとしてたんですね。いろんな買い物をしたあとに警備員に止められたんです。「お客さんお金払ってないですよね」「いや払ったと思います」「じゃレシート見せて」なくて「いや本当に買ったと思います」お店の方と警察に怒られて...そこは事なきを得たんですが警察に言われたのが「お前精神病だったら、入院して治療受けたほうがいい」病気というのは理解されなくて※ガチなら表現がひどい

綾子:夫とのコミュニケーションで問題が発生すると、非常にバイオレンスな人格が出てきてしまい、コントロールすることができない※自分はかろうじてブレーキかけられる。昨日危なかった。コロナコロナうっせえんだ夫が。頭の中でスタン・ハンセンのテーマが(サンライズ/スペクトラム)わんわん流れる感覚。
アウエーの場所いくとほぼほぼ絶対変わっちゃいますよね。人から好かれようと頑張る自分が出てきて、好かれようとしなくていい人からも好かれようとしちゃう。盛り上げて、みんな楽しかったっていう呑み会なのに、帰り道ではやっと(主人格に)戻ってきた、役割が終わったっていうような。
出勤しようとして街を彷徨って会社に行けなかった。会社には休みの連絡してて

自分がしたことでも他人がやったような感覚
岡野:夜中、あるいは自分の知らないあいだに、ネットでたくさん買い物をして注文がたくさん届くとか。いろいろなことが起きて。自作自演じゃないかと誤解されてしまう

解離が起きる理由

はっきりわからないが

おそらく自分が小さい頃に、自分が直面できないような驚きとか恐怖、不安を体験したときに、心や脳の中で別の人格状態が突然生まれて、その場を支配することがきっかけだというふうに考えられている。自分自身とうまく付き合っていく

ミルクボーイ駒場は昔からのバリバラファン。