別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

【2019年第70回紅白初出場】わたしの好きなビートたけしの曲、8選。

I'LL Be Back Again...いつかは(1986)

TAKESHI&HIROKI

元気が出るテレビ懐かしい。松方さんが亡くなって2年(2017年没)作詞は伊藤輝夫(テリー伊藤)、関口敏行

ビートたけし・松方弘樹 I'LL BE BACK AGAIN・・・いつかは(1986) 2

ポツンと一人きり(1986)

歌詞は悲しいのにアップテンポ

悲しいほどに嘘つきだった 寂しがり屋の似た者同志 なぜ優しさだけ思い出すのだろう
作詞は島エリナ。林原めぐみ「Dance with me…最後の楽園(パラダイス)」など。

ポツンと一人きり/ビートたけし

抱いた腰がチャッチャッチャッ(1984

大津あきら作詞、大澤誉志幸作曲

夜ヒットにも出たんだ。記憶にない。大津あきらさんは97年死去。

ビートたけし&たけし軍団
クドカンがミュージックポートレイトで選んでた。 .net.amigo 記事参照

哀しい気分でジョーク(1985)

同名映画の主題歌

妻に逃げられたコメディアン。息子が余命いくばくもないと知って... ←観た。子役の川辺太一朗、「うちの子にかぎってPart2」に出てたっけ。検索するとフェイスブックが。

哀しい気分でジョーク/ビートたけし

哀しい気分でジョーク

TAKESHIの、たかをくくろうか(1983)

谷川俊太郎作詞、坂本龍一作曲

ANNエンディング。タケちゃんが一部、二部が谷山浩子だった頃。元日や餅で押し出す二年糞(元ネタは金子兜太) なにかの折にふと思い出す1曲。
サワコの朝」や「ミュージックポートレイト」で人生の最期に聴きたい曲として大久保佳代子が選んでた。
まとめ ミュージックポートレイト 竹山隆範×大久保佳代子 2016年 .net.amigo 記事参照

TAKESHIの、たかをくくろうか

嘲笑(1993)

玉置浩二作曲

作詞はタケちゃん。こっちを歌うと勝手に思い込んでた。
いろんな人が見た星と 僕らが今見る星と ほとんど変わりがない それがうれしい

嘲笑 ビートたけし

浅草キッド(1986)

紅白で歌う

タケちゃん作詞作曲。
義太夫とのコンビで是非。どうしても「世界まる見え」でのむちゃくちゃぶりや「刑事ヨロシク」の局部丸出しが頭をかすめてしまうが、絶対やらないと信じるw
福山雅治竹原ピストルマキタスポーツ青山テルマ奥田弦村上ショージ、島津亜矢、菅田将暉桐谷健太、上地愛美&DJ SASA、ビトたけしがカバー。

ビートたけし 『浅草キッド』 Live 【NYRF2002~2003】

浅草キッド
華丸大吉が人生の最期に聴きたい歌として選んだ。 ミュージックポートレイト、財津和夫 記事参照

週刊ポストの連載まとめ。「たけし吠える!」以来、読みなれたタケちゃん。

芸人と影 (小学館新書)

芸人と影 (小学館新書)

母親(2007)

北野武作詞、槇原敬之作曲

槇原:良い言葉にはメロディーがついていくんですね
たけし:俺聴かないようにしちゃったよ、泣いちゃうからさ。
この母親に俺は 
親孝行できただろうか

母親/ビートたけし作詞

2020.2.13 作品と作者は別物だと思いたい。作詞はタケちゃん。作曲はマッキー。

第70回紅白歌合戦

ホントに何年前の紅白なのかしらん。ぢ・大黒堂、丸の内ストーリーあたりがふと聴きたくなったな。関係ないけど。


もひとつ。16歳の自分に「ユーミンノーサイド歌ったよ」とも教えてあげたい