別館.net.amigo

料理、人生案内、野球、TVメモ。

【人生案内】母「女の孫はいらない」海原純子先生の回答「あなた自身が強く」

母親との関係に悩む(抜粋

女の孫はいらないと言われ

違和感を覚えましたが、里帰り出産で世話になると思ってぐっとこらえました。(中略)母は「男の子を産んでくれると思っていた」泣き止まない娘のことも「頑固すぎて大変」と否定します。全てを否定されて追い詰められ、喧嘩別れのような形で自宅に帰りました。それ以来一切連絡はとっていません。なぜ性別に固執し、娘にひどいことを言えるのかと思い、憎しみの気持ちが募ります。言われて傷ついたことが頭の中をめぐっていて、娘を見るたびに苦しくなります。今後どんな気持ちで過ごせばいいのでしょうか

無自覚に人を傷つける、言ってはいけない言葉

男の子(あるいは女の子)を産んでくれると思っていた 頑固すぎて大変

2019.11.18読売 介護している人にかけてはいけない言葉

(親に)よくしてやってね /親のいるあいだしか親孝行できないのよ 優しい心でみてあげてね 気にかけてあげてね 後悔のないよう大事にしてね 気にかけてあげてね

「はあ?私は何もしていないってこと?あなたはそんなにきちんと親を見てあげたの?」と思ってしまいます。
樋口恵子さんの回答:悪意はないのでしょうが、言われたあなたが傷つくのは当然。なぜ「ご苦労様です」「介護って大変」「あなたが倒れたら大変だからお体を大切にね」と言えないのでしょうか。妹さんはあなたにまず「ありがとう」と言うべき。あなたも「私が具合悪い時はあなたが介護を引き受けてね」ぐらい言っても良い。

育児でも介護でも、あるいは引きこもりの当人に対しても、言ってはいけない、無自覚に相手を傷つける言葉がある。良かれと思ってかけても相手は迷惑、不快に感じていることが多い。
男の子を望む理由、未だに後継とかあるのかな。それとも女系家族かも。悩みは母親との付き合いを今後どうしたいのか、ではなかろうか。どんな気持ちで過ごせばいい?←締めくくりがこれでは気持ちを上手に切り替える、しか答えがない。

海原純子先生の回答

あなた自身が強く

あなた自身が母親とどうしたいのかがわかりません。どんな気持ちで過ごしていきたいか決めるのはあなたです。あなたがどうしたいのか方向性を決めないと、相談にお答えすることは難しいのです。
仮にあなたが「幸せで心穏やかに過ごしたい」と希望しているとしてお答えしますが、まず、自分と子供を傷つける相手とは距離を置くことが必要でしょう。(略)最も手助けをして欲しい母親からそう言われたことで、どんなに傷ついたかも想像できます。
しかしいま、あなたは子を育てる母なのです。守り育てるため、あなたが強くしっかりと生きなければなりません。言われたことを引きずって悩むのはやめ、母親が歩み寄ってくる以外は母親のことで心を煩わせない、と決めてはいかがでしょう。母親以外の人との関わりを広げることも大切かと。

向こうが歩み寄ってくると煩わしいわけで。樋口恵子さんも「堂々と愚痴のこぼせる仲間との場を見つけ、思いのたけをお話ください。愚痴から広がる友達の輪、です」とある。相手の見極め方など別の悩みが生じてくるが、このまま悶々とするよりまし。