別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

シューイチ 読書芸人 光浦靖子 又吉直樹 おすすめの本

本選びのススメ

又吉 いちおしはタワー積み。平積みコーナーで好きな作家の新刊チェック。表紙から中身を想像する。
光浦 読書初心者は字が大きめ、文章少なめを

※僕たちは人間をやるのが不安だTシャツが欲しい。白が不安を煽ってる感

又吉 人間てどういうタイトルやろ、なんで表紙が青?と思いながらさわやかな少年の話なんやろな、ヒゲ生えてるから中年?と思いながら入っていくと、あ、黒や!瞬きなのか憂鬱なのか、血流なのかなんなのか....
光浦 先生!本を普段読まない人にそこまでは無理だと思います!

人間

人間

又吉直樹おすすめ

綺譚集

短編の一つ一つで文体を変えてらっしゃるんです。読書の面白さは読後感やと思うんです。読後感が最高。短編は短い時間で読後感を得られる。

綺譚集 (創元推理文庫)

綺譚集 (創元推理文庫)

  • 作者:津原泰水
  • 発売日: 2008/12/19
  • メディア: 文庫

ランチョン、吉田健一が大好きなビーフシチューを食べたいとリクエスト。

おまじない

大好きな西加奈子さん。全ての女性を元気づける一冊。短篇集。切実な悩みを抱える8人の女性を優しい目線で描く。
又吉 それぞれが深刻な悩みを抱えているものを「おまじない」ってタイトル通りもそうですけど、何気ない誰かの言葉によって「あれ?ちょっと楽なった」って出てくると思うんです。すごいこっちも元気出るというか。西さんの小説は自分にとっての救いみたいなものに着地する。

おまじない (単行本)

おまじない (単行本)

黒いマヨネーズ

ブラマヨ吉田のエッセー集。とにかく笑いたい人に。語りが文章になっても面白いんや、久しぶりに笑った。※高校野球川柳はおもろい

黒いマヨネーズ

黒いマヨネーズ

  • 作者:吉田 敬
  • 発売日: 2019/02/27
  • メディア: 単行本

光浦靖子おすすめ

犬身

主人公が犬になってしまう。理想的な飼い主の犬になりたい。

光浦 なんだよ、ファンタジー読みたかったという人からするとちょっとNOという。結構えぐい家族関係があったりして。そこを子犬フサの目で見てる話。犬のめってこうやって人を見てるのかって思うくらい引き込まれちゃう。ひとつの恋愛の形。だからこそ賛否両論みたいなね。一風変わった面白い小説

犬身 上 (朝日文庫)

犬身 上 (朝日文庫)

犬身 下 (朝日文庫)

犬身 下 (朝日文庫)

ボヘミアンズギルド。作家さんの直筆原稿、そばで見たい。いいなあ神保町

ねこのおうち

公園に捨てられたミーコ、おばあさんとの突然の別れ。
好きなのは「ですます調」現代の新聞に載ってそうな問題がおとぎ話風にされて。人間の嫌な部分が出てきたりしながらも最終的にはホロリかな。一番グッときたのは一番最後のページ。思い出すとすぐ...

ねこのおうち (河出文庫)

ねこのおうち (河出文庫)

  • 作者:柳美里
  • 発売日: 2019/06/05
  • メディア: 文庫

関連

シューイチ、9月放送を見そびれた。
最新
シューイチ 読書芸人 カズレーザー激推し おすすめ本 橋本マナミ - 別館.net.amigo

【まとめと感想】アメトーーク 読書芸人 おすすめの本 又吉直樹 光浦靖子 若林正恭 - 別館.net.amigo

アメトーーク 本屋で読書芸人2016 カズレーザー 光浦靖子 又吉直樹 若林正恭 - 別館.net.amigo

【抜粋・感想】アメトーーク 本屋で読書芸人2017 東野幸治/ヒルナンデス 大人のぬりえ 幻獣標本 ふしぎなにじ - 別館.net.amigo

今日のシューイチ 2019.11.17