別館.net.amigo

別館.net.amigo

料理、人生案内、野球、哲学少々TVメモ。

【抜粋・感想】たけしのこれがホントのニッポン芸能史 長寿番組 草野仁

題名のない音楽会

1964年スタート

東京12チャンネルでスタートしたものの、経営危機で番組が継続できないピンチに。出光佐三「この番組はウチが潰れるまで提供する」番組スタッフごとNET(現在のテレビ朝日)へ移動。
※はっきり「出光」ではなく「石油会社がスポンサー」とテロップ。同年スタートの「MUSIC FAIR」も「製薬会社がスポンサー」と表記。言うまでもなくシオノギ製薬
初代司会者・黛敏郎(1964-1997)

「金は出すが口は出さない」といった当初の約束を守られて、文字通り番組の内容に一言も口をさしはさむこともなく、わたしたちのやりたいことをやりたいようにできた。これはおそらく現代のテレビ界においては奇跡に近いこと。

黛敏郎急逝後、永六輔が代理~武田鉄矢(新・題名のない音楽会)~羽田健太郎(2000-「題名のない音楽会21」2007年死去)~佐渡裕(2008- タイトルを戻す)~五嶋龍(2015-)石丸幹二(2017-)

世界の車窓から

1987年-

石丸謙二郎:僕ら役者は練習すると色気が出ちゃう。この(モニターの)窓、列車の窓と同じでしょ。だから僕は列車に乗って、窓の外を見るような気持ちでやってるから、いつも新鮮にここに座っている。若手のディレクターたちは、みんな何かをやりたいと思う。そうしないと自分てものを出せないからと。そこを何とか我慢して、同じものを作り続ける努力。たとえば、海外に旅行に行って、あるいは住んでて、3~4年たって帰ってきたら「あ、この番組まだやってる。何も変わらない」というものがあってもいいんじゃないかな。

とうちゃんのドコモのガラケーの着信音がこれ。

世界ふしぎ発見

1986年-

草野仁:本当に良かったと思いますのは、1回目の視聴率が5.7%、2回目7.2%。3回目、これが5月3日、GWの視聴率3.6%。ドーンと落ちまして、特に広告宣伝会社のみなさんは大慌て。ところがその時に日立の宣伝部長の方がですね「あれ、何を慌ててんですかあなたがたは?歴史と楽しく遊ぶ番組を作ると言って始めたんでしょ。だったらそれを徹底的にやりなさい」そのひとことで一切沈静化しまして。みんなでひとつに。司会、一度はお断りしたんですよ。
軌道に乗るまでは、私なりの意見はきちんと言ってた。

所:テレビ業界って1%が130万人じゃないですか。SNSで100万人超えたって言ってるけど、たった1%ですよ。だからテレビの1%ってもっと自信持ったほうがいいと思うんですよ。ダメじゃないから。
エンディングテーマ(2012年まで)好きなのは石井明美「響きはTuTu」
日立 世界・ふしぎ発見! - Wikipedia

たけし:(NC9の頃の草野さんは)目がきゅっと上がって、ミヤネ屋みたい(笑)

新婚さんいらっしゃい

1971-

椅子は転びやすい丸いもの。現在は着地する場所にクッションを入れ衝撃を和らげている。
桂文枝:(新婚さんだけでなくヤングおー!おー!パンチDEデートも)テレビ局も辛抱強かった。東京ではコント55号さんが出られて、レベルは東京の方が高かった感じがするのね。負けたくない気持ちは強かった。
梓みちよの記憶がない。渡辺美奈代もやってたんだ?ジョーン・シェパード、死んだ父が好きだった岡本夏生は覚えてる。ちなみに初代は江美早苗

長寿番組暗黒時代。

1978-81まで

松村邦洋(80年代のテレビは)トイレは前もって行っとかないといけない。「寝る前に必ずしめよう親の首」とか、ひょうきん族、たけしさんがでなくなったら、講談社襲撃事件で、厳しくなりましたね。

たけし:(忙しくて)ネタが作れなくて。新幹線は、ネタが作れるのと寝られるので嬉しかった。さんまはよくしゃべるなあ。しゃべれなくなったら死んじゃうんじゃないか。
所:さんちゃんは北野さんのことバカにするんですよ。北野さんはさんちゃんのことを小馬鹿にする。このぐるぐるw

たけし

TVタックル 1989-
アンビリバボー 1997-
世界まる見えテレビ特捜部 1990- ※前身は「所さんのまっかなテレビ」1クール終了 たけし登場は91年から
たけし:茶の間に特別感を与えること。「お前だけに教えてやる」みたいな

所さん

1億人の大質問!笑ってコラえて 1996-
スタジオの人が泣かないように持っていく。所さんとスタッフの美意識。
所:スタンダードでやりたいから、レギュラーは変えないでくれという。おじいちゃんおばあちゃんがついてこれないゲストは呼ばない。常に茶の間目線で番組と向き合う。

所さんの目がテン! 1989-

「お届けモノです」始まってから「笑点」を見なくなった所さん。

さいごに

短命番組に懐かしさを感じる。レッツ・ラ・ゴーとか、笑ってポンとか。
後半はポンキッキおかあさんといっしょひょっこりひょうたん島ガチャピンやムックも登場。チャレンジ企画、ガチャピンの頭がでかすぎでF1に乗るのが叶わなかったって当たり前w放送5000回を記念してにこにこぷんとコラボしたのしらなかった。ノッポさんポンキッキ構成作家やったん。
最後はのど自慢。秋山さん、小田切千アナ登場。叔父は本選で鐘2つ。その時のゲスト、橋幸夫に褒めてもらったそうな。翌年急逝。

Display mode : PCSP