別館.net.amigo

別館.net.amigo

料理、人生案内、野球、哲学少々TVメモ。

(抜粋・感想少々)視点論点 MIYAVI 音楽の力で難民支援 音楽って、スゲエ。 

音楽だからこそできること(抜粋)

はじめに

楽家、ロックスターとしてギターを持って世界中を旅しています。俳優や、ファッションモデルとしての活動もさせてもらってます。と同時に、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使としての活動もさせてもらってます。

きょうは、世界の難民問題、そして、音楽、文化がどう貢献できるのか。音楽だからこそできることをお話したいと思っています。

世界では紛争や迫害を受けて、住む家やふるさとを追われた人たちは6850万人以上、います。虐殺などで、何も持たずになけなしのお金を払って、知らない国やほかの街へ逃げています。今こうして話している2秒に1人、世界のどこかで誰かが逃げている信じられない状況です。僕たちの住む日本ではありえない、こういった現状が世界で起こっていることも、日本ではありえません。
僕自身も、全く知りませんでした。難民、と聞くと「難しそう」「めんどくさそうだな」という印象を持ち、まともに耳を傾けたこともありませんでした。

きっかけはアンジェリーナ・ジョリー

そんな僕が、なんとかしようと思ったきっかけがありました。2014年ハリウッド映画「UNBROKEN」に出演したとき、映画監督でもあるアンジェリーナ・ジョリー氏と出会ったのがきっかけでした。彼女は女優としての仕事の傍ら、難民キャンプを訪問し、国連におけるスピーチなど、およそ20年にもわたって、この難民問題に向き合っています。僕自身も彼女との会話の中から難民問題の現状を知り、衝撃を受けましたし、彼女のエンターテインメントを超えた活動から感化され、僕にも何か出来るんじゃないかと思って、難民キャンプへの訪問を決意しました。

2015年初訪問

正直すごく怖かったです。ギターを弾いて好き勝手やってきた自分が、難民問題について何も知らない自分が行って、逆に足手まといにならないだろうか。そして行ったところで何か変わるんだろうか。不安とギターを担いでレバノンへ行きました。そして、自分にできる唯一のこと、キャンプに行って、子供たちの前でギターを弾きました。その瞬間の子供たちの弾けるような笑顔と、キラキラした瞳。ギターに合わせていっしょに歌って、体を揺らして、手を叩いているその姿。今でも鮮明に覚えています。

BGM「The Others」
MIYAVI - The Others - YouTube

音楽って、スゲエ。ロックってスゲエ。ギターって、スゲエ。そう思いました。

これまでも世界中いろんな国でいろんな人種、たくさんのオーディエンスの前でPLAYしたし、ROCKしてきたんですけど、ああいった感覚は初めてでした。自分にも音楽を通じて何か出来るんじゃないか。そう強く思いました。

折角の機会なんで子供たちにもギターを弾かしてやりたいと思って、みんな一列に並んでもらって、僕が弾いてみんなも弾いて一曲作ろうと思ったんですけど、途中で喧嘩が起こりました。殴り合いのケンカです。中には血を出してる子もいたので大丈夫かなと思って現地の人に聞いたら「まぁ子供のケンカだから」と言われました。
これこそが彼らを苦しめている紛争の原因なんじゃないか。この子達が社会においてどうリスペクトし合い、尊敬し合ってシェアし、共存していくのか。そういったことをちゃんと学ばずに育てば、彼らが紛争を招いてしまうかもしれない。彼ら彼女らにとってちゃんとした教育を与えてやることが大事だと思いました

帰国し、現地のスタッフから連絡をもらいました「MIYAVI、子供たちがロックスターになりたいって言ってるぞ」すごく嬉しかったです。大人になって覚えているかどうかわかりませんけれど、少なくともあの瞬間、彼らの夢希望ワクワクを共有できた。そのことが僕はたまらなく嬉しかったですし誇りにも思いました。たとえ微力でも、この活動、音楽を通じて続けていきたいと決心しました。その後バングラデシュ、ニューヨークの国連本部での演奏もさせてもらいました。
そして2017年11月に親善大使に就任しました。まさか自分がギタリストとしてのキャリアを始めたとき、この水色のキャップをかぶって難民キャンを訪問するなんて思ってなかったし、実際かっこいいんだろうかと思ってました。が、今は心の底から、これがROCKだ、と感じています。僕たちアーティストが難民問題に限らず、環境問題や教育問題をカッコいい形でできたら、見てる人たち、若い世代がかっこいい、僕たちもやりたいと感じてくれるのではないか。既存の価値観を壊すことこそが本当のROCKなのではないかと思っています....

何者かになるのは決してむずかしいことじゃない

何者かになるのは決してむずかしいことじゃない

関連 意外な人々編

ド早朝の番組だったはずなのにいつからこの時間帯(再放送の枠)に引っ越したんだろ。いつもは大学教授とかそういう硬い職種が多い印象。怒髪天も出たことなかったっけか。番組の性質上、セットもシンプルだしなにより政見放送、演説っぽい。今回はありふれた言葉で言うならカッコよかった。

ami-go45.hatenablog.com
ami-go45.hatenablog.com
ami-go45.hatenablog.com
members2ami-go.cocolog-nifty.com

これも
ami-go45.hatenablog.com

Display mode : PCSP