別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

ファミリーヒストリー 堺正章 父駿二

堺駿二(父・本名/栗原正至)

大正二年生まれ

結婚後、墨田区の南側(本所区)に住んでいた。関東大震災等で消失しているため戸籍をたどることは難しい。そのため、浅草のボンボンブラザーズ・鏡味繁二郎さん(いとこ)を訪ねると、写真を持っていた。兄は浪曲師・港家小柳丸(みなとや・こぎゅうまる=現在は4代目)初代は破天荒で酒飲み。父は桶屋を営んでいたが大正11年死去。翌年の震災で墓を移転せざるを得なくなる。

母が伊村義雄に頼み込み、11歳で芸能の道を志し、一座に入る。のちにインタビューで「台本の覚えも仕草も悪く殴られたことがあった」と答えていた。最初の芸名は小村政雄。18歳の時、早川雪洲に魅せられ、一座から逃げ出し、雪洲の友人に泣きつく。昭和7年、弟子を取らない主義の雪洲のもとへ100日通い、ついに一座に入り、堺駿二という芸名をもらう。雪洲には「君はまともな役よりちょっとおかしい役のほうがいい」と言われる。

昭和12年、合作映画「新しき土」でエキストラデビュー。

正章 父は自分の進むべき道はこちらにあったのかもしれないという予感がしたのかも

やがて雪洲と別れ、清水金一とコンビを組んでいたが

シミキンが映画にスカウトされたあと 彼も浅草から姿を消している。役者の足を洗って後援者の世話で熱海の旅館の番頭をしていたのだという
色川武大「あちゃらかぱいッ」より

※ああ読みたいなあ。色川武大さんか。

あちゃらかぱいッ (河出文庫)

あちゃらかぱいッ (河出文庫)

長続きせず、富士吉田市の親戚を頼り、小さな店を始めるが商売に身が入らない。昭和17年、再び役者としてシミキンとともに浅草にカムバック。サトウハチローもいた。戦前は検閲が厳しかった。翌年、水の江滝子の劇団たんぽぽへ。昭和19年出征。横須賀海兵団。水の江は劇団員としての給料を払い続けると約束。戦地へ赴くことなく終戦
戦後は舞台から映画へ進出。僅かな休み以外京都で撮影の日々。

幹家(母方)

日本橋小網町

本名は幹千代子。昭和7年、松竹少女歌劇団入団。芸名は三浦たま子。当時の歌劇団のスターは水の江滝子。
昭和8年6月、桃色争議(←別名ターキー争議。水の江滝子が先頭に立ち、歌劇団の待遇改善を求めた)で歌劇団を離れ、駿二と知り合い、一緒に暮らすようになる。

追記

2020.1.10
金スマで再び生いたちを放送。
「スパイダースに入った時から早く抜けたかったの。アンタ(中居くん)もそうでしょ?」ww
2020.4.17
麒麟がくる」で再びアクセスが増えた。日曜8時のマチャアキといえば


「さかいまちあき」と打っても、いまんとこ検索順位10位。

関連

マチャアキといえば時間ですよ、街の灯り、さらば恋人、西遊記、かくし芸のテーブルクロス引き、チューボーですよ。世代的にグループサウンズ時代をリアルタイムで知らんのじゃ。井上順とは名コンビ。
さらば恋人

しんぐるこれくしょん

しんぐるこれくしょん

  • アーティスト:堺正章
  • 発売日: 2004/08/25
  • メディア: CD

歌のゴールデンヒット 萩原健一×堺正章 ショーケンとマチャアキ - .net.amigo三番館