別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

【感想まとめ】真夏の熱球特大スペシャル 板東英二 関西人甲子園伝説 谷繁元信 など

真夏の熱球特大スペシャ

板東英二 83奪三振の意外な真実

一番笑った部分

春の大会、四国大会がありまして、その前に部員が退部届を出していなくなるんですよ。(2年冬~3年春:8人になる)ちょっとうれしかったんですよ、これで解散だと思って。ところが、野球を一度もやったことのない同級生がユニフォームを着せられて。中学校の時に卓球しかやったことないのに。なんで野球部に入ってきたのか。むちゃくちゃですよ!!(※玉置秀雄:サード)コイツさえいなかったら(笑)打たせないように絶対三振。
- 大記録は、玉置さんのおかげ?
.....今初めて気がつきましたね(笑)玉置のおかげか。おい玉置、電話するわ

板東英二といえば「毎度おさわがせします」のどかこと中山美穂の父役。文字通りのどかな時代のエピソード。玉置さんは、のちに立教野球部から「長嶋茂雄の穴を埋めて欲しい」とオファーが来たそうなが、断って一般入試。一浪して立教に入ったものの「野球は二度とやりたくない」とテニス部へ、そんな素敵なオチが。

取手ニのびのび伝説

第2夜。のびのび野球。選手が投げる前に走る、ノーサインでホームスチール、みんな笑顔。自分が自分が。勝つと盛り上がってなかなか整列しない、球場の通路で大騒ぎして叱られる、大会中に須磨海岸で海水浴。84年だから昭和41年生まれの選手の方々な。清原にだって遠慮しない。桑田の球も大根切りする中島。俺らが優勝なんかしちゃっていいのかなw
ami-go45.hatenablog.com

谷繁:どっちかって言うとパチンコ好きの、ほんとのびのびしてる。
野村:ランニングでトラック走ったりするときも、文句言って対角線上に走ってました。コーチに追っかけられてましたから

谷繁、江の川時代は「山陰の呂明賜」と呼ばれていた


関西人甲子園伝説

谷繁元信

7.27放送のものがこちらでは8.4放送。泣くポイントが違うのかも知らんが、この話は不覚にも涙。
番組の最後、87年に江の川のプラカードガールを務めた人が出てきた。緊張していたら選手たちが声をかけてくれた。阪神淡路大震災の後、当時のメンバーや保護者から気遣う電話や手紙が来たのだそう。谷繁も「何かいるものないですか」と電話してきた。

感想

それにしても週末ずっと金村ばっかり見てた。

ラジオ第1だってこれやっとった。PLの音源借りて流してた。


申し訳ないがタイトルに「号泣」とつくと、意地でもなくもんかと思うんだよ。

8月5日、朝起きるとやおら福山雅治「甲子園」PVが流れてた。流す時は流しますと言ってくれ。録画出来んかったじゃん。
えっ
ならば

高校野球総選挙、相撲の時もプロレスの時も声優、アイスの時も思ったんだけど、好みってかなり細分化されてんじゃないのかな。そう言いつつ見るつもりだが(これを書いているのは開会式前)。
ami-go45.hatenablog.com

追記ラテ欄にないだけで清原は4位。ベスト20にオコエ、中村奨成がランクイン。
最後に
headlines.yahoo.co.jp
>僕はこだわりはないです。西武ドームを“西武園”という名前に変えてやればいいじゃないですか」との意見もあったが
ゆうえんちかよ。ナイスアイデア。誰だ。
開会式に寄せて