別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【人生案内】20代女性 生きるのがつらい 鷲田清一さんの回答

生きるのがつらい20代

自分を傷つけることがやめられない(抜粋)

相談が支離滅裂かもしれませんが、悩んでいます。大学を卒業するとき、描いた絵を先生に評価され、号泣して少し感情を取り戻しました。ちゃんと先生に感謝できなかったことを後悔し、今は謝ることと感謝を大事にしています。ただ、自分の思考回路を変えられず、自己嫌悪で辛くなります。
何かを意識すると劣等感を覚えます。例えば、いい天気だな....つらい、という感じです。劣等感は妬みから来ると思ってます。自分より不幸な人を探しながら生きているようで嫌です。生まれるという罪を犯したのだから、苦しんで生きるという罰を受けないといけない、と耐えています。変わりたい。泣かずに毎日を生きられるように...

>謝ることと感謝を大事にしています
「感謝とは、感じて謝ること」とノムさんが言っていた。その言葉を母親のお墓に彫っていると、ちょっと前の爆報でやっていた。
>いい天気だな...つらい。
「いい天気だね、結婚しようか」もう30年以上も前、神田正輝松田聖子にプロポーズした。同じ「いい天気だ」でも180度感じ方が違う。10代の頃から自分を傷つけることがやめられない、まさに負のスパイラル。

鷲田清一さんの回答

負のスパイラルを分析

ほかの人の作品と比べて、ではなく「これは」と。でも「これ」のどこkがいいのか考えても自分ではよく分からず、同じスタイルの絵を描けばそれは私の自由な表現ではなくなる、もがいているうちに、つい他人と比較して自分の優位を確認したくなる。それもうまくいかないと、自分より不幸な人を探すようになる。そしてそういう自分に嫌気が差してついに「罰」として自分を責め始める....
どんどん深みにはまっていく。いわゆる負のスパイラルですね。

あなたの絵を知りませんが、あなたの言葉に惹かれます。「いい天気だな....つらい、という感じ」というところです。通り一遍の言葉で済ませずに、支離滅裂だとも言いながら必死で自分のもつれた思いを紡いでいこうとしているところです。

ただ、今のままでは言葉ももつれてゆく一方かもしれません。
あえて脈絡をつけない俳句のようなものを書いてみたらどうですか。同好の士と出会えるかもしれません....

俳句でも短歌でも思い付くままに書いてみては、という回答。ブログだととりとめなくなってさらに辛くなるかもしれず。