別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

【古本探訪】きょうの料理 創刊号 昭和33年5月号を読む

創刊号

執筆をお願いした先生

何人知ってますか。

安永幸生 二階堂アンナ 田中三之助 井上鶴子 岡崎整一郎 関操子 河野貞子 滝沢清子 江上トミ 橋口倉子 榊叔子 浅田綾子 筒井たい子 赤堀全子 飯田深雪 土井勝 近藤とし子

ちなみにこの号で土井勝先生は、鰹のたたき、初鰹の山かけ、新じゃがいものそぼろ煮と二杯酢、ストロベリーマシュマロと夏みかんゼリー、母の日の料理と題して小鯛のオイル焼き、鮎の蓼電楽などなど、たくさんのレシピを紹介。
モノクロ写真なので美味しさがいまいち伝わってこない。これも時代。数年前オークションで手に入れた。折れも破れも味わい。どんな方が愛読していたのだろう。

60年前の広告。電気釜「20~30分で炊き上がり、自動的にスイッチが切れる」保温機能がなかった。1700円。電気冷蔵庫は国産初のマグネットドアー。開けっ放しだとランプがつかない。「重要機械部分が油漬になっている」???66,500円。 
f:id:ami-go40:20180531163102j:plainf:id:ami-go40:20180531163357j:plain 

2018.5.31放送の料理

肉団子の野菜蒸し

講師 筒井たい子
検索すると60-70年代の料理本が出てくる。プロフィールがわからない。一番最初に紹介されたレシピ。一人前材料費約43円(当時)
肉団子のつなぎは卵、片栗粉。
そらまめをさやから出し、皮をむいてみじん切りに。しいたけ、ハムもみじん切りにしたものと合わせて衣に。肉団子に衣をまぶし蒸す。

子供ランチ(洋風えびご飯・鶏ひき肉の串刺し・子供サラダ)

講師 飯田深雪(1903-2007)
洋風えびご飯→エビピラフ
鶏ひき肉の串刺し→つくねっぽいミートボール
子供サラダ→ポテトサラダ
番組では現代風にアレンジし、谷原章介が挑戦。オープニングは白黒で。後にカラーに戻す。昔は松茸より生椎茸が高級品だったそう。
飯田先生はこの本で、即席コーヒークリームソーダ、レモンスノードリンク、ペパミントソーダ、ホットチーズスティック、コクテールチキン、セロリアンドチーズを紹介。
昭和33年とは思えないおしゃれな洋風レシピを紹介。

【ホットチーズスティック】
食パンを細長く切り、溶かしバターを付け、唐辛子粉(※チリソース?)、粉チーズをまぶして焼く。
コクテールチキン
鶏肉を一口大に切り、塩コショウ、タイム、小麦粉を振り、溶き卵、パン粉で揚げる。ケチャップ+ウスターソースでいただく

【コーヒークリームソーダ】インスタントコーヒーに砂糖を混ぜて濃い目にとき、冷やし、アイスクリームを入れ、炭酸水を注ぐ。

テレビ料理人列伝 (生活人新書)

テレビ料理人列伝 (生活人新書)