別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

【抜粋】ヒットソングメーカーズ 松本隆スペシャル 置き去りにできない歌

一番好きなのは、日常の中に汽笛が聞こえること。僕は東京都港区に生まれたけど「なんで海が見えないんだろう」今神戸にいるから、願いが叶った。

はっぴいえんど

「朝」と「かくれんぼ」以外は少年の孤独みたいな曲が多かった。上手く書けたな、と思った。カップルが誕生して最初の朝。すごくたどたどしく愛に気づいてく。初々しさが満ち溢れてて。自分の恋愛体験にもリンクしてるかもしれない。それを作ったの二十歳ぐらいだし、まだ夢がいっぱいって感じで。不易流行。努力はしなくても「僕って最先端」とは思うのね。

【不易流行】ふえきりゅうこう
いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをとり入れていくこと。また、新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが不易の本質であること。諸説ある。

※番組中、「朝」はさかいゆうが歌った。坂崎幸之助も歌っている。

南佳孝

冒険王

子供の頃に山川惣治少年ケニヤ」とか好きで。

松本隆版マイウエイがあるとしたら
南佳孝「冒険王」かな。これはめちゃくちゃ思い入れが深い。この詞の中にウソというかフィクションがないわけ。シングルよりもアルバムの密度の濃さで勝負したい。いつもビビりながら前に進んできた。やらなかったことをやって成功したって自負もあるし、冒険心がないと。常に一個先は何があるかわからない。恐れないで、ある意味の宣言ですね。南佳孝は同世代なので、僕の宣言は同時に彼の宣言でもある。ずれてない。

南佳孝:大学の後輩が連れてきたんですよ。歌詞も全部出来てたんだけど、話してたら同い年で東京で、意気投合して。フォークソング全盛の時代にああいう詩を作ってて。
    
南佳孝:この曲が出来上がった時、背骨が一本ぴしっと通った感じだった。言いたかったことはこれだ!」と。


冒険王/南佳孝

太田裕美

袋小路

時々太田裕美のライブに呼ばれて聞きに行くんだけど、歌ってくれて。このモデルになった喫茶店、渋谷にあった。

作曲はユーミン

ユーミンがデビューするあたりで何度か話したことがある。ソングライティングではかなり自信があったの。松本隆としてはかなり緊張して、馬鹿にされないように(笑)

太田裕美:「心が風邪をひいた日」は3枚目のアルバムなんですがユーミンに曲をお願いしようと思って、出来上がったらいい曲で。あの繊細な人を一番理解して、愛せるのは自分。

彼女の歌は、声も衰えてないし、今聴きに行ってもいい。

石川セリ

ひとり芝居

銀河みたいな乳白色の。はっきりしてない感じが浮かんでくる。2行目が大事。「あなた」は今いないから、いるふりをして紛らわすのはもっと寂しい。女心が分かるってみんなによく言われるけど、全然わかってない(笑)女を見る目がないから。

石川セリ:大切にしたい歌だなって思いますね。

鈴木茂

8分音符の詩

はっぴいえんどがなくなっちゃった、切ない感じを歌わせようかと。あの人削っちゃうのね。自分でアンプを作っちゃう。この詞は全部ホントのこと。

鈴木茂:結果的にラブソング的ではなかったけど「君といつまでも」のような、ゆったりした曲になればと思って。自分の中ではラブバラードとして作ったんですけどね。  あの人ね、僕が聞いても詞の内容しゃべってくんなかったの。言うとつまんなくなるって。今聞いて「あぁそうなのか」と。

森進一

ルーム・キー

(森進一/冬のリヴィエラ
演歌は書けないよ、とずっとお断りしてた。
レコーディングの時「あいつは」って、たった4個しか音がないわけ。
それ聞いただけで「あ、もうできた!」と。
「あいつは」って言っただけでドラマができる。演歌の人はほんとにうまいんだ。
第二弾を細野さんでやるって。大滝さん以上に距離が遠いのに。

森進一:(シングルのB面だし)なかなか歌う機会がないですね。

※これ欲しいけど手に入りにくそう。なかなかマニアック。    

松田聖子

制服

作詞家になって一番やりたかったことは「売れるアルバムを作りたい」シングルよりアルバムの方がいろんなことを言える。アルバムまで買いたいと思わせるには、B面も良くないといけない。ビートルズから学んだものが一番大きい。ビーチボーイズとか。そういうのは筒美京平さんにはないわけよ。それを色濃くやったのは松田聖子。A面以上の力。特に「赤いスイートピー」のB面。あれをB面に入れたのはもったいなかった。連続1位というのがかかってて、ひっくり返しても売れるのかと。

THE 東南西北

内心THANK YOU

わりとかわいがったですね。綺麗なバラードだからこういう詩をつけてみたらすごいハマった。サビで「三叉路」ってあるけど、人生って無数の三叉路を選ぶこと。その結果が今いる自分。1回間違えると戻れない。リセットできない。それが現実の人生。

久保田洋司:最初もらった詞は違ってて「歌えない」って。松本さんが「自分で言いに来なさい。インタビュー記事読みなさい。俺は一度書いた詩は二度と直さないんだよね」って言うから「これをい一生かけて歌える詞に変えてくれませんか」と言ったら分かってくれた。

※ゲッなつかしい。10代の最後に聴いてた。ミニコンポのCMで流れてた。


The東南西北 内心、Thank you

冨田ラボ

眠りの森

メロディもいい。僕は好きなんですけど。倦怠期のカップルのしあわせ。馴れ合ってても共通項がある。これはもう「全て好きで、寝言でも何言ってるか全然聞き取れないけどいとしい」そういうことなんだよね、愛って。「痺れた手を一ミリづつそっと引き抜く」この歌の中で一番好きな所。

冨田ラボ:この曲になんてぴったりの詞なんだろう、生意気ですがそう思いました。


冨田ラボ - 眠りの森 feat. ハナレグミ