別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

「作家の珈琲」コロナ・ブックス 平凡社 を読みながら。

近くの図書館に行くと必ずコロナ・ブックスを借りる。でも返すのが惜しくなってしまう。この本もそう。返却したら改めて買いに行かなきゃ。

作家の珈琲 (コロナ・ブックス)

作家の珈琲 (コロナ・ブックス)

登場するのは25人。

全部あげつらうのは嫌なので、特に印象的な人々5選。

高倉健

高倉健の定番コースは、夕食→サウナ→喫茶店。サイフォンを点てる時のコーヒーの香りが好きだった。逸話には「一日50杯」とも「冬の寒い日は続けざまに20杯」ともある。
「どんな風の中にあっても、僕に必要なのは珈琲の香り」

鴨居羊子

「カモイクッキング」より朝食風景の描写を一部抜粋。

酒豪でコーヒー好き。鹿児島から奄美大島へのクルージングの際単調な航海の繰り返しに「喫茶店へ行って、熱いコーヒーを飲みたい!」と願う。「酒は船の中でも楽しめるが、コーヒーはやはり喫茶店へ行かないとダメ

植草甚一

本なしのコーヒーなんか、僕には考えられない。徹夜で読書する時に何杯も飲む”常備茶”MJB。植草甚一と聞くと何故かタモさんの顔を思い出してしまう。

MJB ベーシックブレンド 340g

MJB ベーシックブレンド 340g

高田渡

1日に何軒も喫茶店をはしご。
「珈琲不演唱」(←「自転車に乗って」カップリング)イノダコーヒを知った人は多い。
高田渡 コーヒーブルース - YouTube

安西水丸

「平成版 普通の人」「黄色チューリップ」「ランゲルハンス島の午後」が載っていた。もうあたらしい作品に出会えないと思うと哀しい。
ami-go45.hatenablog.com

懐かしのCM「違いがわかる男」シリーズ。

遠藤周作の他にも、北杜夫岩城宏之、清家清、黛敏郎など多彩な顔ぶれ。
ネスカフェゴールドブレンド1972遠藤周作 - YouTube

おまけ

コメダになかなか行けないので買い置きしてあった又吉直樹のブレンディ無糖を飲みながら読んだ。最後の1本のパッケージは「懐かしいコーヒーカップで出された」なんちゃない、又吉が実家に帰った時の話。でもタイトルのつけ方がどれも片岡義男っぽかった。(※個人の感想です)

コロナブックス、こちらもどうぞ。

作家の住まい (コロナ・ブックス)

作家の住まい (コロナ・ブックス)