別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

もういちど読みたい山田詠美、6選。

明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち(2013)

最近読んだ。
成長した息子が突然死んでしまったら。
これは、やっぱりラストがいい。
わかい頃に読んでも理解できなかっただろう。

ぼくは勉強ができない(1993)

ぼくは勉強ができない (文春文庫)

ぼくは勉強ができない (文春文庫)

ご本人に無断でセンター試験に出題された。しかも正答率が低かった。「選択肢の中に正解がない」と言われてしまった。

96年映画化。見てから読んでも、読んでから観てもちょっと違和感が。映像と原作は別物と考えた方が良い。

トラッシュ(1991)

当時失恋したてだったので、一気に読んだ。いま手にとって、一気に読めるかどうかわからない。長い。

トラッシュ (文春文庫)

トラッシュ (文春文庫)

トラッシュ (文春文庫)

トラッシュ (文春文庫)

ベッドタイムアイズ(1985)

のちに映画化された。樋口可南子のPVとして、よくできてる。作品自体は自伝だよね。のちに文庫・Kindle化された中には「ジェシーの背骨」が収録されている。恋人の連れ子の話。こちらもおすすめ。

ベッドタイムアイズ (河出文庫)

ベッドタイムアイズ (河出文庫)

風葬の教室(1988)

いじめられた経験があるので自分と重ね合わせて読んだ。
相手を心の中で葬り処刑する行為は、何の問題もない。

蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)

蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)

放課後の音符(1989)

金原ひとみ綿矢りさも影響を受けた作品。

放課後の音符(キイノート) (新潮文庫)

放課後の音符(キイノート) (新潮文庫)

あとがきに「若いと云う事ははっきり言って無駄な事の連続です。けれど、無駄遣いをしないと良い大人にはならないのです。いかに素敵な無駄遣いをしたか、そのことだけが いろいろな問題を解決できるのです」とある。ものすごく腑に落ちた。もうちょっと無駄遣いすればよかった。

芥川賞選考委員

芥川賞の候補になりながら、のちに直木賞を受賞。2003年より選考委員。芥川賞は「純文学」、直木賞は「大衆文学」の新人賞とされているが昔から境界がはっきりしない。「作家としてのキャリア」が長い方が直木賞、ってのが最もしっくりくる。西加奈子直木賞又吉直樹芥川賞だし。「火花」は大衆文学ぢゃないの?また、以前から選考委員への批判もある。
芥川龍之介賞 - Wikipedia
www.sankei.com