別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

【人生案内】「友人から便りの返事がない」鷲田清一さん「運動苦手な息子に口出し」大日向雅美さんの回答

友人から便りの返事がない。

年賀状や暑中見舞いのやり取りのことでご相談いたします。年賀状をやりとりしている古い友人が5人程おります。学生時代からのお付き合いで、かれこれ50年。ここ10年ほどは、暑中見舞いを出しています。しかし、ほとんどの人から返事がありません。
筆まめの私としては
「10分もあれば、返事ぐらい書けるのに
どうして便りを返してくれないのだろうか」

と思ってしまいます。少し辛く悲しい気持ち。彼らにとっては、もう私など近しいと友人ではないのでしょうか。暑中見舞いは、来年の夏から出さない方が良いのでしょうか。
年賀状は、これまで通り出し続けた方がいいのでしょうか

今日は2題まとめて。前回こんなの書いた。
喪中はがきをもらったら せめて寒中見舞いは出そうかな。 - 別館.net.amigo
月曜から夜ふかし」見てたら芸能人のあいだでは、年賀状がイベント状態と化していた。ドン小西曰く「米良マニア」(←米良美一の年賀状が毎年凝っている件。2014年は凝り過ぎてワケワカメだった)石原良純も然り。ピーターや川島なお美(※追記 川島なお美は2015年死去)に至っては、綺麗な自撮り賀状。いやもう、あんなのもらったら嬉しいのなんの。持つべきものは芸能人の知り合い、友達ならばなお良い。

でも書くのは苦手。


まじで?結婚満足度と年賀状が比例するなんて、こじつけがましいなあヤフーニュース。では、自分は、最低限のコミュニケーションを怠る最低の人間なんだわヨヨ・・(泣)
10分あれば書けるっておっしゃいますけどアタシ、志望動機も年賀状も6倍かかるのよ。1時間は最低欲しいところだ。

わしもモヤっとしたぞ。

日本郵政の「年賀状」広告がとてもモヤッとしました。 - 中川龍のひまつぶし

「モヤモヤ」の原因は「ちゃんと」というキャッチコピー。90年代のCMに「ちゃんとちゃんとの味の素」ってのがあった。あれはスーッと入ってきたけどな。調味料だからか。「ちゃんと」を2度言うと、なんか可愛らしい。

一方の郵便局のCM、ハライチ澤部の顔に免じて許したくもなるが「ちゃんと、書く」ってのは何か違和感がある。澤部の風貌にはすごく似合うコピーなんだけど、おなじ「ちゃんと」でも、ものすごい義務感に満ち満ちている。松本人志「バカがつくほど真面目です。バカまじめ」にしたって変。「ちゃんと」は、小学生の帰りの会を思い起こさせる。「長嶋さん(仮名)が、ちゃんとそうじをしないでふざけて遊んでましたぁ。 今度からちゃんとやってくださぁい!」的なぁ。年賀状すら、ちゃんと書けないの??って言われてるみたいで、なんか重いよね・・信頼されてないのかな。

※お二方ごめんなさい。言及になっちゃうんだ。

相手の状況を想像出来る大人であって欲しい。

「ちゃんと(した)大人」って相手が返してこない状況を想像できる人じゃないかと思うのさ。ご病気かもしれないし、家族の介護等で書く時間が取れない場合だってある。歳をとれば、いや、取らなくても、気の利いた文章を、などと考えてるうちに時間だけがどんどん過ぎて、もういいやメールかLINEで(若い人の場合)ってなっちゃう。あなたに来るのは1枚でも、相手は何十枚と出さなきゃいけないんだから、塵も積もれば負担よね。

鷲田清一さんの回答(抜粋)

やめるなんて勿体無い、絶対出すべきです。ただし、ちょっとした工夫を。どんな年賀状を出しておられますか?年頭の挨拶だけ?それなら向こうもお付き合いだけで出すのが、だんだん億劫になってきます。ちょっとした近況報告を添えていますか?それだと相手も詳しく書き返さなければならず、次第に億劫になります。たった5人なのですから「作品」と考えて早めから制作にかかってはいかが。絵を描く、版画を添える、字並びをデザインする...そう、自分のために書くのです。

それ、うちの父じゃん。ボケ防止に、プリントゴッコの昔から、絵を描いてる。もらうほうは楽しみにしてるらしい。※2018年現在書いてない

運動苦手な息子に口出し

あかんあかん。

小4の息子の接し方に悩んでおります。今年の春からミニバスケットを習い始めました。マラソンではいつも最下位になるほど運動が苦手な息子が、初めて自分から習いたいと言い出したことなので、楽しんでくれればいいと思ってました。ところが私は、一緒に始めた同級生と息子を比べてしまいます。息子なりのペースがあると思っていても
競争心や向上心が見えない様子にイライラして口を出してしまう。
どこか自分の小学生時代を似ていて余計もどかしいのかも。あの時母は、頑張れとも勉強しなさいとも言わなかった。だから、自分はダメな人間だと思ったことはありません。同じように見守ってあげたいんですが、放っておくと、運動が全くできなくなるのではと心配・・

これ「ミニバス」じゃなくても「野球」「サッカー」「水泳」「バレーボール」「ドッヂボール」でも「ソフト」でも同様の悩みを持つ父母って多い。「ラグビー」「体操」「テニス」もそうだね。「競争心や向上心が見えない」って言うけどホンマにそうかな?男の子、笑ってごまかすしかない場合だってある。心の内を表に出さない。いつもいつも悔し泣きするのがいいってわけじゃない。泣いてできるようになるなら、みんな泣く。悔しさを前面に出したからって審判が翻らない(ことがある)のと同じ。そりゃァそうと、うちの坊主も野球やって10年になる。野球さえできればいいってもんじゃないですよ。進路大変よ。いつだったかEテレ見てたら、ミニバスで、母がめっちゃでしゃばってる場面を見たけど、熱くなりすぎてて引いたわ。ママ怖いわ。もっと指導者に委ねた方がええんちゃうの。子供に伝えることは20%以下でいいの。私は頑張ってますっての、鬱陶しい。意外と子供って、ぎゃんぎゃん言い続けるとスルースキルを身につけるからね。(※子の性格による。中には根に持って、反抗期が長い場合もある)

大日向雅美さんの回答(抜粋)

息子さんは運動が苦手とのことですが、それがなんぼの事かと客観的に思えてなりません。あなたは結果にこだわりすぎているのではないでしょうか。自分から習いたいという意欲を持っておられる。たいしたものです。親が子に与えられるものは少なくて、むしろ子どもの意欲と潜在的な可能性を失わないことこそが大事。今後、息子さんに小言を言いたくなったら、ご自分に当てはめて考えてみませんか。自分なりに一生懸命やってるのに、人から頑張りが足りないと言われたら、どのように感じるのか。あなた似とのことですので、息子さんの気持ちが想像できるでしょう。あなたのお母様があなたを温かく見守ってくださったことを感謝と共に思い出していただければ。

みんなママのせい? 子育てが苦しくなったら読む本 (静山社文庫)

みんなママのせい? 子育てが苦しくなったら読む本 (静山社文庫)

もしやめる時が来ても責めないように「ちゃんとやりなさい、なんでやめるの?」なんて言わないでな。そこが居場所じゃなかった、それだけのこと。今日という日は、昨日とは違う一日。それにしても「ちゃんとちゃんと恐怖症」になってる自分。「ちゃんと」って、なんて抽象的で押し付けがましい表現なんだろう。
【ちゃんと】とは

すばやく。さっと。きまりよく。きちんと。しっかりと。たしかに。