別館.net.amigo

人生案内メモ、文字起こし、感想。

アメトーーク 下ネタへたくそ芸人 まとめと感想

華丸からの持ち込み企画

下ネタが嫌いなわけじゃない

言いたいけど似合わない。言いたいけど、へたくそ。(言えないことで)ボケの選択肢を減らしてる。痩せてる

タイミングを図りつつも言えない、言いたくて仕方がない。
華大は「なんばしようと」で福岡県内をぐるぐる廻りファミリー感満載だから、下ネタとは縁遠いイメージしかない。←ローカル番組ね。TNCの。

大吉:「中学イケてない芸人」の時も、みんなはバラエティなのに、僕だけドキュメントだった。

ジュニア:芸人でも言える人と言えない人がいる。又吉はあかんけど綾部は言える。とんねるずさんもダウンタウンさんも両方いけるけど、ウッチャンナンチャンさんは両方無理。

苦労&損したこと

川島:ディレクターをイライラさせた。一人暮らしのキャバ嬢のロケに行き「すごいアロマの香りですね」

華丸:下ネタで頭がいっぱいになって中継どころじゃない。

ジュニア:S●X=2Pなど、造語で対応する。
川島:僕も「セルフサービス」とか...

又吉:芸人なりたての頃、仕事じゃないところで「妄想エロトーク」が盛り上がった。僕だけ言えなかったが、ジュニアさんに「又吉どんな鳥が好きなん?」で助けてもらった。

言ってもギリOKライン、引かれるNGワード

川島:OKライン 胸、尻。NG、おちんちん←こんな声なんで、構えてしまって。

又吉:OK、お尻。NG・おっぱい ←ざわつくんですよね

石田:OK、パンツ。NG パンティー ←頑張っても「おパンティー」になる

華丸:OK、SとH。NG、SとM ←SとHでソフトバンクホークス
ジュニア OK、Aカップ、NG、Fカップ←巨乳好きじゃないんだけど
大吉:OK、おっぱい。NG「きれいだね」「可愛い子」などと付け足すこと
田中:OK、キス。NG、下着 ←自分にとってはOKでも客席から悲鳴

下ネタ俳句

「下ネタ大好き芸人」で強烈な印象を残した大久保佳代子が「師匠」で登場。

師匠:冬の夜は きりたんぽから 乱れ棒/寒空で 肉マン・肉マメ・肉キノコ
川島:鍋の底 静かに膨らむ もち巾着
華丸:寒い夜 裸でがっかり はっけよい
又吉:いちじくの 突端なぞる 薬指
ジュニア:火野正平 津川雅彦 織田無道
川島:エロアルフィー 肉ら井 肉崎 肉見沢
   


無理して言わなくていいって思うんだけど男の努力って一体。
イジリー岡田ケンコバを投入しても華大キツそうだったな。