別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

【人生案内】39歳アルバイトの弟が心配 増田明美さんが答える。

2014.5.10 読売

40代主婦。母と同居している39歳の弟の先行きが不安。
弟はずっと同じアルバイトを続けています。専門知識を使った作業自体は気に入ってるらしく
不平も言わず真面目に続けています。
ボーナスや退職金はありませんが、正社員は大変だからと現状維持。
弟は指図されたことはやりますが自分からは積極的に動かず面倒が嫌い。女性にも無関心。ゲームしか関心がなく世間のことも知ろうともしません。姉の目から見ると性格良く、母にも優しく、容姿も十人並み。そんな弟と家庭を作ってくれる良い女性を願いますが、高学歴高収入を望む現代の女性とは縁がないでしょう。

40代ならバブルをくぐってきた世代なので未だに高学歴高収入の男性でないと結婚できない、そう思い込んでる節があるようですね。
確かに低学歴低収入と結婚したら、生まれてくる子も低学歴の高校でブラック部活なんて人生がありますから。
ただ、このご時世。結婚当時は高学歴高収入与沢状態でも、一寸先は闇です。金はあっても、旦那の性格に難があったり姑が一筋縄じゃいかないお方だったりという場合もありますし、人間結婚すりゃいいってもんじゃありません。
また、心を病んでしまって親と住んでる女子に比べて「自分に合ってるかもしれない(専門知識を活かし、作業自体は本人も気に入ってる)バイトをしていて親と住んでる男子」って、結構ひどいこと言われますよね。この差別はなんなんでしょう。

ずっと陸上一筋だった増田明美さんの回答

※断っておきますが増田明美さんのファンです。

弟さんへの愛情がにじみ出ている相談のお手紙。
私も弟がいるのでわかります。
真面目で優しい弟さんですが、欲のないのが気になります。
バイトとはいえ専門知識の必要な今の仕事に満足しているのでしょう。
でも安定した生活はお母さんと暮らしているからこそのもの。
またお母さんもこれまで優しい息子と暮らせる日々の幸せに流されてきたようです。
39歳の息子に「自立が遅れるのでは」という感覚は、世間の常識からずれているのではないでしょうか。
将来弟さんは、退職金も老後の保険もないわけです。今のぬるま湯生活から脱出させるのが本当の愛情です。
お母さんとの生活しか知らず自分は子供のままなので家庭を持とうと思えないのかも。
心を鬼にして実家から彼を出すべきです(以下略)

実家から出たわ母親は病気になるわまた戻って介護するわ、にもなりかねないので母も弟も踏み出せないのかもしれず。結論「可愛い子には旅をさせよ」ってことなんだろう。
自分はこのことわざが好きだし、再来年の春にはうちの坊主を家から出そうと計画しているさなかである。この場合「現状を変えるのが怖い」んだと思うので、実家から出たあとの人生設計を弟さん自身でし...ないだろうな。しばらく、たぶん。

ところで全く別件だが、増田明美さんの高校時代、部活を含めた学校での拘束時間は何時間だったのだろう。
体調不良、疲れによる精神状態の不安定なときはきっとあったはずで、そんな時の休養日はちゃんとあったのだろうか。部活をやるやらないは、先の人生にどれほどの影響をもたらすのだろう。朝練から深夜って強豪校じゃほんとにデフォルトなんだろうか。可愛い子は部活という名の旅をしている最中だが、まるで休憩のないブラック企業にいるようだ。

追記2020.3

ブラック部活~大学~社会人となった坊。相談者の弟は2014年当時39歳。現在45~6歳。コロナのご時世、もし変わりないようならぬるま湯どころか冷水状態なのでは。